【特集】「真田丸」PVベストテン発表 インタビュー1位は峯村リエ(大蔵卿局)

2016年12月31日 / 12:00

 今年大きな話題となったドラマの一つにNHK大河ドラマ「真田丸」がある。時にユーモアを交えながら、歴史上の敗者や偉大な父を持った2代目にスポットライトを当てた三谷幸喜の脚本の下、主人公、真田信繁(幸村)を演じた堺雅人をはじめ、ベテランから新進まで個性的な俳優陣が集い、真田家を中心とした、戦国時代の群像劇として大河ドラマに新風を吹き込んだ。12月18日の放送終了後も、別れを惜しむ声が後を絶たないという。そこで今回は、“真田丸ロス”でお悩みの皆さんの一助とすべく、本サイトで特集してきた出演者へのインタビューとコラムのPVベストテンを発表する。どちらも1位は女優が占めるという少々意外な結果となった。

 

峯村リエ(大蔵卿局)

峯村リエ(大蔵卿局)

【インタビュー】
1.「三谷さんから『うちの母が、あの女が一番悪いと言っていた。大成功ですね』ってメールがありました」峯村リエ(大蔵卿局)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1080040

2.「三谷さんは家康に悪役になってほしくないという信号をたくさん埋め込んでいました」内野聖陽(徳川家康)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1082079

3.「堺さんは、あれだけの数のせりふをこなしながら、俺たちの冗談にもついてくる。立派だと思います」哀川翔(後藤又兵衛)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1073574

4.「三谷さんから『馬の稽古はいりません。佐助は馬より速く走れますので』って言われまして…」藤井隆(佐助)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1070517

5.「『ばかと話すと疲れる』というせりふ、めっちゃ、耕史っぽいよねって」山本耕史(石田三成)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1044934

6.「真っすぐに、清く正しく駆け抜けることができました」山本耕史(石田三成)2
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1063287

7.「堺さんは、真面目で、その上役者オタク過ぎます」長澤まさみ(きり)2
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1082082

8.「もしも元気のない芸者がいたらというコントを参考にしたら…」 長野里美(こう)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1050971

9.「小日向さんとの夫婦役は楽しかった。だから今、秀吉ロスです」鈴木京香(寧)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1060026

10.「ここで消されるわけにはいかないですよ」中原丈雄(高梨内記)
https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1041865

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top