「嵐のワクワク学校2016」最終公演レポート

2016年6月27日 / 18:50

 「嵐のワクワク学校2016~毎日がもっと輝く5つの自由研究」が26日の東京ドーム公演で最終公演を迎えた。

 2011年にスタートし、今年が6度目の開催となるイベントは、嵐が“先生”となり、日々の暮らしを楽しくするコツやその気づきの大切さを学ぶもの。今年はワクワク学校の“付属研究所”を舞台に、嵐の五人それぞれが学生時代に実際に行った夏休みの自由研究や今興味を持っていることを各授業の研究テーマとした。今年は、ジャニーズWESTのメンバー七人が“助手”として参加。また、付属研究所の“所長”として山中伸弥教授もVTR出演した。

 1時間目の先生は二宮和也。実際に自身が小学生の時に自由研究のテーマとした「トイレットペーパーの芯の可能性」を探る。トイレットペーパーの芯で作った、糸電話の仕組みを利用した「ストリングラフィ」という楽器で、助手の濵田崇裕らと演奏を披露。松本潤らからは「今までで一番良かった」という声が上がり、二宮も笑顔を浮かべた。

 2時間目の先生は大野智。助手の桐山照史と大野が一番興味があるのが魚釣りということで「魚をおいしく食べる方法」を伝える。さっそくドーム内に作った海に船を出し、櫻井翔と共に釣りを開始。櫻井がヒットするも、大野が先に釣り上げ、見事真鯛をゲットした。そして、大野が学んできたおろし方で刺身を作り、櫻井が試食。切り方によって刺身の味が変わることに「正直うそだと思ってたけど」と驚いていた。

 3時間目の先生は相葉雅紀。助手は中間淳太と重岡大毅。テーマの「体幹」を「ていかん」と無意識に言い間違え「自分でもびっくりした」と笑いを誘った相葉だが、小学生とのぞうきんがけレースでは大活躍。桐山、濵田、松本とチームを組み、これまでの公演で負けが込んでいたジャニーズチームをアンカーとして逆転勝利に導いた。最後は対戦した小学生へ「相葉くんのこと嫌いにならないでね」とフォローも忘れなかった。

 4時間目の先生は櫻井。助手は藤井流星。二宮と同じく自身が学生時代に自由研究で取り組んだ「星」をテーマにした櫻井は、「星空がよりすてきに見える研究」を発表した。ムーディーな櫻井の語り口から「ロマンチック天体観測」と題したコーナーに。二人は芝居がかった口調で会場に浮かび上がったてんびん座を見つけ、櫻井が「あの空のてんびんにのる前に、僕のてんびんに乗ってみないか? 僕のてんびんに乗れば君は必ず天国行きだ」とロマンチックな決めぜりふを二宮に披露。最後はドヤ顔で決めた二人に会場からは黄色い悲鳴が、先生と助手からは数々の突っ込みが飛んだ。

 5時間目の先生は松本。助手は小瀧望と神山智洋。テーマは「運ってなんだろう?」。運良く選ばれた観客と言葉を交わすコーナーでは、その観客から松本ファンと明かされ思わずガッツポーズを。「結局一番運がいいのは松本潤じゃない?」と櫻井から突っ込まれていた。その後、募集した「ツイていない話」を先生と助手で「ポジティブ変換」してみせることに。濵田の無邪気な回答を二宮がフォローしたり、濵田の“お兄ちゃん”と呼ばれた相葉が“弟”に負けず劣らずの珍回答を披露、中間と濵田が回答権を得るべくダンスでアピールしたりと大いに盛り上がった。

 締めくくりには熊本県PRマスコットキャラクターのくまモンも登場し、投票で櫻井チームの優勝が決定。観客と共に「嵐のワクワク学校校歌」を歌い、幕を閉じた。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top