史上初? M.S.S Projectがゲーム実況&単独ライブを武道館で敢行

2017年2月21日 / 17:06

 インターネット動画のゲームや料理実況、さらには楽曲制作などで総再生数4億PVを記録し、ネットシーンでの人気に火がついたエンターテインメント集団M.S.S Project。メンバーはFB777、KIKKUN-MK-Ⅱ、あろまほっと、そしてeoheohという、ばらばらなキャラを持つ4人。

 「自分たちの作った音楽を聴いてもらいたい」という理由で結成されたこのグループは、自分たちの動画に、制作した楽曲を使用するなどかなり真剣に音楽に取り組んでいる。

 これまでに制作したアルバムは5枚で、2月8日に発売したアルバム『M.S.S.Phantasia』はオリコンデイリーチャート1位、ウィークリーでは4位をマークするなどその実力は証明済みだ。

 2月18日に日本武道館にて行われた公演は、昨年11月から12月にかけて行われた全国ツアー「M.S.S Project Tour 2016 ~光と闇のファンタジア~」のファイナル公演となり、販売されたチケットは即完売した。

 ライブ当日は熱狂的なファンが国内外から大集結。メンバーのイメージカラーである赤、青、黄色、緑のペンライトの光が開演前から会場にともり、幻想的な光の海を作り上げた。

 照明が暗転すると、大きな声援と共に4人がステージに現れ、おはこである“ゲーム実況”が始まり、カードゲーム「ナンジャモンジャ」や、彼らの執筆した小説を基に作られたオリジナルゲーム「M.S.S.Planet」で展開する真剣勝負に、場内のボルテージも急激に上がっていく。

 ゲーム実況の後は幕間の映像を挟んでライブパートへ。新アルバム収録楽曲「Divine Ash」が鳴り響く中、FB777がステージ下からせり上がり、続けてあろまほっと、eoheohがポップアップで登場。軽やかな身のこなしで現れた二人に黄色い声援が上がった。最後はKIKKUN-MK-Ⅱがせり上がり、ギター演奏をする派手なオープニングで観客を魅了した。

 続いて「Over Road」から本編がスタート。多くのレパートリーの中から厳選されたキラーチューンが続く。アッパーなボカロ曲「ENMA DANCE」からハードチューン「Borderlandsのテーマ」、アニメ「影鰐-KAGEWANI-」2期主題歌「Egoist Unfair」、ポップでキャッチーな「M.S.S.Party」など幅広い音楽性で飽きさせない。

 ボーカルは曲に合わせて4人が担当。歌以外ではFB777がショルダーキーボード、KIKKUN-MK-Ⅱがギターを手に、速弾きを披露した。

 あろまほっととeoheohは、終始ダンスやグラフィックポイなどを使い、ライブを盛り上げた。曲によってはメンバーがトロッコに乗り、アリーナの通路を移動するというアイドルのような演出も。

 アルバムのタイトルにもなっている「M.S.S.Phantasia」で本編が終わるまで、まさになんでもありの“カオス”な内容となった。

 アンコールではそれぞれのキャラクター性をフィーチャーしたメドレーをプレー。曲が変わるたびに観客がペンライトをイメージカラーに変えるというコンビネーションで一体感を高めた。

 MCでは、武道館公演が子どものころからの夢だったというKIKKUN-MK-Ⅱが「ウチらの活動はいろんなことをやり過ぎていて、まとまりがなかったりするし、みんなも友達に紹介しにくいと思います。でも、ゲーム実況や音楽をやるという、一言では表せないグループなんだなって、今日は誇りに思っています。武道館ができたのも、みんなが応援してくれたおかげです。感謝の気持ちは言い表せないです」と、メンバーを代表して大舞台に立った思いを告白。普段のハチャメチャなノリに潜む真剣さをのぞかせた。

 「ここにいる全員がMSSPだ!」というKIKKUN-MK-Ⅱの言葉と共にラストの「We Are MSSP!」では4色のメタリックテープが客席に発射され、にぎやかな締めくくりとなった。

 終演後、武道館公演のDVD発売と夏に行われる全国ツアー“Soul Meeting 2017”の開催が発表され、会場に歓声が沸き起こった。今後の彼らの“冒険”になにが待ち受けているのか、期待したい。

(取材・文/丸山有咲)

単独ライブの模様 徳間書店・STRE EDGE編集部

単独ライブの模様 徳間書店・STRE EDGE編集部


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「ハルシオン・デイズ2020」南沢奈央「こういった時代だからこそエンタメで心を癒やしてもらえたら」

舞台・ミュージカル2020年10月30日

 演出家・鴻上尚史による定期公演の第18弾「ハルシオン・デイズ2020」が、10月31日から開幕する。本作は、絶望と救済、希望をテーマに、Twitterの「#自殺」で出会った4人の登場人物たちの物語。柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝が出 … 続きを読む

【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

映画2020年10月30日

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

page top