• 特集・インタビュー

特集・インタビュー

主人公の谷田部みね子を演じる有村架純

「本当に私でいいのかな…」有村架純(谷田部みね子)憧れの“朝ドラヒロイン”直接オファーに驚きと不安 【ひよっこ インタビュー】

ドラマ2017年3月27日

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロイン役に、直々のオファーで臨む有村架純。2013年放送の「あまちゃん」で、ヒロインの母の少女時代を1980年代アイドルの風貌で好演してブレークし、今では日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞する実力 … 続きを読む

井伊直虎役の柴咲コウ

「未熟な直虎が、冷静さや客観性を身に着けて成長していく姿を見てほしい」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年3月26日

 おんな城主・直虎がついに誕生。出家して僧侶として井伊家を支えてきた次郎法師だが、度重なる悲劇によって危機にひんする家を守るため、井伊直虎と名を改め、当主の座に就いた。しかし、その行く手は前途多難。果たして直虎は、次々と訪れる危機をどう乗り … 続きを読む

『パッセンジャー』

【映画コラム】二人芝居で描くユニークなSF映画『パッセンジャー』

映画2017年3月25日

 航行中の宇宙船内で、予定より90年も早く冬眠から目覚めてしまった一組の男女の運命を描く『パッセンジャー』が公開された。  20××年、新たなる居住地を目指す5千人の搭乗者を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで … 続きを読む

新津ちせ (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会

【芸能コラム】ポスト芦田愛菜は誰だ?今後期待の子役たち 『3月のライオン 前編』ほか

ドラマ2017年3月24日

 年が明けたのはついこの間…と思っていたら、早くも桜の季節。卒業式も終わり、間もなく各地で進学・入学の時期を迎える。そんな中、“天才子役”芦田愛菜が、名門中学に進学するというニュースが世間をにぎわせた。  子どもが大人に成長するのは世の常。 … 続きを読む

(C)YOSHIKO YODA

【インタビュー】『キングコング:髑髏島の巨神』ブリー・ラーソン「私の体って結構すごいんだなと思いました」

映画2017年3月24日

 1933年に製作された特撮映画の古典『キングコング』から数えて、通算8作目となる『キングコング:髑髏島の巨神』が3月25日に公開される。今回は舞台を1970年代に移し、コングの故郷である髑髏(どくろ)島でのサバイバルを中心に描く。公開を前 … 続きを読む

徳川家康役の阿部サダヲ

「この家康は、あまり戦をしたいという人ではありません」阿部サダヲ(松平元康/徳川家康)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年3月21日

 後に井伊家の主君として江戸幕府を開くことになる徳川家康。本作では、主人公・井伊直虎(柴咲コウ)の生涯と並行して、今川家の人質となっていた少年期から次第に成長していく姿が描かれる。演じているのは、個性派俳優として人気の阿部サダヲ。超有名な武 … 続きを読む

瀬名役の菜々緒

「瀬名の強さや優しさが、皆さんに伝わるように演じていきたい」菜々緒(瀬名=築山殿)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年3月19日

 次郎法師(後の井伊直虎=柴咲コウ)の友であり、後に井伊家の主君となる松平元康(後の徳川家康=阿部サダヲ)の正妻。それが瀬名である。井伊家から今川家への人質となった佐名(花總まり)の娘という宿命を背負いつつ、直虎に劣らぬ波乱の生涯を送ること … 続きを読む

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

【映画コラム】主人公・零を取り巻く個性豊かな群像劇『3月のライオン 前編』

映画2017年3月18日

 本作は、17歳の将棋のプロ棋士、桐山零(神木隆之介)と、彼をめぐる人々の物語。羽海野チカの原作漫画は先にテレビアニメ化されたが、今回は、大友啓史監督が『るろうに剣心』に続いて二部作として映画化した。  幼いころに事故で両親と妹を失い、父の … 続きを読む

『哭声/コクソン』 (C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

【芸能コラム】國村隼ら、韓国映画で活躍する日本人俳優たち 『哭声/コクソン』ほか

映画2017年3月17日

 ふんどし一丁に全身泥まみれ、四つんばいで獣の肉に食らいつく野獣のような姿…。  昨年の『シン・ゴジラ』、『ちはやふる』二部作など、数多くの作品で活躍する名優・國村隼の怪演が話題を呼んでいる。  その作品とは、のどかな田舎の村で発生した連続 … 続きを読む

初めての刑務官役に挑戦する窪田正孝

【インタビュー】窪田正孝「今までやってきた役は極力捨てる」 「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」で初の刑務官役

ドラマ2017年3月17日

 3月19日からWOWOWで放送される連続ドラマW「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」。主人公は刑務官であった亡き父親と同じ職業に就いた新人刑務官・武島良太(窪田正孝)。良太が赴任した刑務所では平然とギャンブルをする看守部長の秋村繫晴(萩原聖人)や受 … 続きを読む

(左から)李相日監督、渡辺謙、松山ケンイチ、森山未來

【インタビュー】『怒り』李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ「10年後、20年後にも生き続ける映画」

映画2017年3月14日

 数々の映画賞を受賞した『悪人』(10)の李相日監督の下、豪華キャストが集結したヒューマンミステリー『怒り』。東京、千葉、沖縄を舞台に、未解決の殺人事件の容疑者と目される3人の男と周囲の人々の関係を通して、さまざまな問題をあぶり出していく骨 … 続きを読む

傑山役の市原隼人

「初めて鏡を見た時、見たことのない自分が映っていたのでビックリしました(笑)」市原隼人(傑山)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年3月13日

 次郎法師(後の直虎/柴咲コウ)の兄弟子に当たる龍潭寺の僧侶・傑山。次郎法師を影のように見守り、一朝ことあらば、鍛えた武芸で窮地を救うその男らしいたたずまいに、頼もしさを感じている視聴者も多いに違いない。大河ドラマ初出演となる市原隼人が、傑 … 続きを読む

(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会

【映画コラム】少女たちが躍動する『モアナと伝説の海』と『チア☆ダン~』

映画2017年3月11日

 今週は少女たちが躍動する映画が2本公開された。まずはディズニー・アニメーションの最新作『モアナと伝説の海』から紹介しよう。  南の島に暮らす少女モアナは、海の不思議な力によって、島を危機から救う役に選ばれ、伝説の英雄マウイと共に冒険の旅に … 続きを読む

「カルテット」(C)TBS

【芸能コラム】俳優陣の好演と脚本の魅力を高める巧みな色の演出 「カルテット」

ドラマ2017年3月11日

 冬の軽井沢を舞台にしながらも、積もった雪にまぶしい白さはなく、青空も“抜けるような”という表現が不似合いな少しくすんだ色合い…。  「カルテット」(TBS系/毎週火曜午後10時放送中)を見て、映像の雰囲気が他のテレビドラマと少し違うと感じ … 続きを読む

sakai_40_17_24_28_31_001(c)2017 NHK

「真田丸」の興奮いまだ収まらず 堺雅人、大泉洋、長澤まさみらのその後を徹底リサーチ

ドラマ2017年3月10日

 戦国の荒波に翻弄され続ける真田家を一艘の船になぞらえ描き出したNHK大河ドラマ「真田丸」。昨年の12月18日に本放送の最終回を迎え、全50話が終了。最後の場面は、堺雅人演じる真田幸村が敗走の末、神社の境内で自害し、兄の信之(大泉洋)がその … 続きを読む

尾上松也(左)と屋比久知奈

【インタビュー】『モアナと伝説の海』屋比久知奈&尾上松也「屋比久さんの声を聞いた時に、これでモアナは大丈夫だと確信しました」

映画2017年3月10日

 神秘的な伝説が息づく南の島を舞台に、愛する島の人々を救うための旅に出た少女の冒険を描くディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が3月10日から公開される。本作の日本語吹替版で、主人公モアナの声を務めた新人の屋比久知奈(やびく・ … 続きを読む

ナレーションを務めた中谷美紀

【インタビュー】『ボヤージュ・オブ・タイム』中谷美紀「寸分の隙もない完璧を通り越した作品でした」

映画2017年3月7日

 宇宙創世のビッグバンに始まり、生命の誕生から進化、そして未来まで。壮大な宇宙の歴史を90分に凝縮し、圧倒的な映像美と共に再現したテレンス・マリック監督の『ボヤージュ・オブ・タイム』が、3月10日から公開される。この至高の映像体験に観客をい … 続きを読む

しの役の貫地谷しほり

「母親の強さを疑似体験して、私自身の幅が広がっていけば」貫地谷しほり(しの)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年3月6日

 井伊家の後継者候補・直親(三浦春馬)が結婚。その妻となった女性が、井伊家の家臣・奥山家の娘しのである。だが、当のしのは、子宝に恵まれないことで思い悩み、次郎法師(後の直虎=柴咲コウ)に嫉妬するなど前途多難な様子。演じる貫地谷しほりが、後に … 続きを読む

「スリル!~赤の章・黒の章~」の小松菜奈

【芸能コラム】2017年、小松菜奈の活躍を占う試金石 「スリル!~赤の章・黒の章~」

ドラマ2017年3月3日

 モデル出身らしいスリムな体形から醸し出される、はかなさと危うさが入り混じった独特の雰囲気。魔性の少女・加奈子役で鮮烈な印象を残した長編映画デビュー作『渇き。』(14)以降、大根仁、三木孝浩など独自のスタイルを持つ監督たちの作品に次々と出演 … 続きを読む

岩佐栄輔を演じる松下優也(左)

「栄輔から現代にはない日本人のパワーを感じています」松下優也(岩佐栄輔)【べっぴんさん インタビュー】

ドラマ2017年2月27日

 NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に岩佐栄輔役で出演中の松下優也。物語の前半では、出征中の夫・紀夫(永山絢斗)の帰りを待つ、主人公すみれ(芳根京子)を物心両面で支えた栄輔だったが、紀夫の帰還を機にすみれのもとから潔く去る。その後、栄輔は … 続きを読む

page top