「ここで消されるわけにはいかないですよ」中原丈雄(高梨内記)【真田丸インタビュー】

2016年3月22日 / 17:20

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で真田家の重臣、高梨内記を演じている中原丈雄。主人公信繁(堺雅人)の生涯のパートナーとなる、きり(長澤まさみ)の父としても悩み深い日々を語る。

 

高梨内記(中原丈雄)-高梨内記という人物はご存じでしたか。

 知りませんでした。歴史の本を5冊買って読んだんですが、2回しか出てこなくて(笑)。ただ、一番最後まで真田昌幸(草刈正雄)に仕える、人間的な思いがある男なんだろうなと考えていました。でも最初は役をとらえるのが大変でした。

-どんなところから役をつかんでいったんですか。

 4話ぐらいまでは探りつつでした。それが、長澤まさみさんが演じている娘のきりとのシーンで、あっ、俺が演じる高梨はこういう家に住んでいたんだと感じたんです。高梨は家臣の前ではちゃんとしているけど、家に帰ると、意外とおきゃんな娘と似たような感じで過ごしている。それが分かったことが役をつかむきっかけでした。

-きりのことはどう見ているんでしょう。

 一人娘ですから、自分が真田家に痕跡を残すための唯一の使える駒です。うまく働いてくれと考えているのではないでしょうか。ただの家臣の一員で終わるわけにはいかない。そのためには娘をなんとかして信繁のそばに置いておき、(結婚などで)つながりを作りたいと。そのためにはもっとしっかりしてもらわないといけないし、「おまえ、もっとどんどん(信繁に対して積極的に)行けよ」と、きりにはっぱをかけているようなところもあります。

-自分の主人である真田昌幸との絆はどういうものでしょうか。

 昌幸の男気に引かれているんでしょうね。そこにしっかり自分の根を張らないといけないわけですし。高梨はゆったり、どっしりとした感じではあるんですが、逆にすごく好戦的なところもあるんですよ。いざ戦いになった時は一番にやりを持って出ていく。昌幸にとってはそういうところが頼もしいのではないでしょうか。

-真田家の中での役割は?

 真田は全国的に見れば小さな存在ですが、ほどほどの地位で周りを治められるようにはしなければならないと思っている。真田家の将来を見定める要になろうとしているんでしょうね。

-最終的にはどんな高梨にしたいと思っていますか。

 どっしりとした大きな人間を作って、そこに南部鉄器の急須に付いているみたいな凸凹としたものを付けていきたい。渋くて枯れて古いけど、どっしりとしている感じを作りたいです。大河ドラマはいろんな人が出演しているので、紅白歌合戦のお芝居版みたいな感じ。ここで消されるわけにはいかないですよ(笑)。今後のためにも、なんとか中原丈雄の演じる高梨内記を三谷幸喜さんの目の玉に焼き付けないといけません。ちゃんとした仕事をしている俳優に囲まれていますから、負けるわけにはいかない。大河ドラマは中原丈雄という俳優の戦いの場でもあるんです。

-堺さんの印象は?

 堺さんとは何回か共演していますが、その時の芝居は自分でも良かったと感じているので、今回もうまく行くだろうと思っています。堺さんは真面目で一生懸命で、いろんなことを知っている。非常に好感を持っています。今はお父さんの方が際立っているし、兄との対比も表現していかなければならない。その中で主役としてのいろんな思いがあるでしょうが、頑張っているなと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「高橋一生さんは、まるで詐欺師です(笑)」山口紗弥加(なつ)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年6月25日

 井伊家の家臣・奥山家から、小野政次(高橋一生)の弟・玄蕃(井上芳雄)のもとへ嫁ぎ、玄蕃亡き後、小野家に残って政次を支えるなつ。政次へ密かに思いを寄せる気配もうかがわせたが、第25回の、政次に抱きつくという大胆な行動に驚いた視聴者も多いに違 … 続きを読む

【映画コラム】後期高齢者応援ムービー『ジーサンズ はじめての強盗』

映画2017年6月24日

 年金の打ち切り、住宅ローンの返済、体の不調…。次々と生じる難問に、切羽詰まった3人の“ジーサン”が、起死回生の一策として銀行強盗を計画するという、喜劇『ジーサンズ はじめての強盗』が公開された。  その3人を演じるのは、マイケル・ケイン、 … 続きを読む

【芸能コラム】凱旋上映!アヌシー国際アニメーション映画祭最高賞受賞作『夜明け告げるルーのうた』

映画2017年6月24日

 6月18日、1本の日本映画が世界最大のアニメーション映画祭“アヌシー国際アニメーション映画祭”で、長編部門のクリスタル賞(最高賞)を受賞したというニュースが日本中を駆け巡った。その映画のタイトルは『夜明け告げるルーのうた』。このニュースで … 続きを読む

「“変なおじさん”の男の覚悟にやりがいを感じる」峯田和伸(小祝宗男)【「ひよっこ」インタビュー】

ドラマ2017年6月24日

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、ザ・ビートルズをこよなく愛する、おかっぱ頭の“変なおじさん”小祝宗男役を演じている峯田和伸。ロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーとして活動を続けるかたわら、役者としても数々のドラマや映画に出演してい … 続きを読む

【インタビュー】『結婚』ディーン・フジオカ、結婚詐欺師役に「前向きにチャレンジ」 スイッチ一つで役に成り切る!

映画2017年6月23日

 結婚詐欺師と、彼にだまされる女性たちの姿を通して、男女の孤独や欲望、結婚をめぐるうそと真実を新感覚の映像で描いた映画『結婚』。本作で、ある秘密を抱えながら、完璧なビジュアルと知性、匂い立つ色気で女性たちをとりこにする結婚詐欺師・古海健児( … 続きを読む

page top