宮藤官九郎」に関連する101件の記事

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

TOPICS2024年2月23日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意・・・続きを読む

「不適切にもほどがある!」「『俺の愚か者がギンギラギンにならない』は不適切ワードを一切使わない名ぜりふ」「私の頭の中がタイムパラドックス」

TOPICS2024年2月16日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第4話が、16日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意・・・続きを読む

「不適切にもほどがある!」 「昭和のテレビはお色気。令和のテレビはけん玉と演歌。令和のテレビがつまんねーわけだ」「本当に“八嶋無双”だった」

TOPICS2024年2月10日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第3話が、9日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意識・・・続きを読む

「不適切にもほどがある!」「『あんたが今してほしいことが俺のできること』って一言に泣いた」「宜保愛子」と「ムッチ先輩」がトレンド入り

TOPICS2024年2月3日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第2話が、2日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意識・・・続きを読む

「不適切にもほどがある!」「昭和を小ばかにするドラマかと思っていたら逆だった」「市郎の『こんな未来のために頑張って働いてきたわけじゃない』って言葉がずっと頭から離れない」

TOPICS2024年1月27日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第1話が、26日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意・・・続きを読む

阿部サダヲ、宮藤官九郎の脚本は「さすがだなと思った」 仲里依紗、磯村勇斗らと“意識低い系”タイムスリップコメディー

TOPICS2024年1月19日

 ドラマ「不適切にもほどがある!」プレミア試写会&制作発表会見が19日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、仲里依紗、磯村勇斗、河合優実、坂元愛登、吉田羊、脚本を担当した宮藤官九郎氏が登場した。  本作は、“昭和のおじさん”小川市郎(阿部)が、1986年から202・・・続きを読む

「ゆりあ先生の赤い糸」“ゆりあ”菅野美穂と“伴”木戸大聖のホテルシーンに視聴者騒然 「できない理由ちゃんと伝えてくれて良かった」

TOPICS2023年11月24日

 菅野美穂が主演のドラマ「ゆりあ先生の赤い糸」(テレビ朝日系)の第6話が、23日に放送された。  本作は主婦の伊沢ゆりあ(菅野)が、突然現れた夫・吾良(田中哲司)の彼氏・箭内稟久(鈴鹿央士)や愛人らしき女性・⼩⼭⽥みちる(松岡茉優)とその子どもを家に招き入れ・・・続きを読む

演出家で小説家で脚本家…多彩な顔を見せる松尾スズキ「始まりは絵なんです」 自身初の個展を開催【インタビュー】

インタビュー2023年10月6日

 大人計画を旗揚げし、主宰として作・演出・出演を務めるほか、小説家・エッセイスト・脚本家・映画監督・俳優など多彩に活動する松尾スズキ。2020年からは、Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任するなど、その活躍はとどまるところを知らない。そんな松尾が、生誕60・・・続きを読む

「山田洋次流のコメディーというのは、こういうもんだよ」というのが、とても面白かった 『こんにちは、母さん』大泉洋【インタビュー】

インタビュー2023年8月28日

 大会社で人事部長を務める神崎昭夫は、職場では常に神経をすり減らし、私生活では妻との離婚問題や大学生の娘(永野芽郁)との関係に頭を抱える日々を送っていた。そんなある日、母・福江が暮らす向島の実家を久々に訪れた昭夫は、母の福江(吉永小百合)の様子が変化して・・・続きを読む

大泉洋、吉永小百合の息子役に「“突然変異”という言葉で処理させていただいています」 『こんにちは、母さん』完成披露試写会

TOPICS2023年7月31日

 映画『こんにちは、母さん』完成披露試写会が31日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、大泉洋、永野芽郁、宮藤官九郎、田中泯と山田洋次監督が登壇した。  本作は、吉永と大泉が演じる「母と息子」の新たな出発の物語を中心に、現代の東京・下町に生きる家族が織り・・・続きを読む

台湾映画『1秒先の彼女』をリメークした『1秒先の彼』/悪魔的な魅力で他のホラーとは一線を画す『Pearl パール』【映画コラム】

ほぼ週刊映画コラム2023年7月6日

『1秒先の彼』(7月7日公開)  京都の郵便局の窓口で働くハジメ(岡田将生)は、何をするにも人よりワンテンポ早い。ある日、彼は路上ミュージシャンの桜子(福室莉音)と出会い、彼女の歌声に引かれて恋に落ちる。  どうにか花火大会でのデートの約束を取りつ・・・続きを読む

「ちょっと気が楽になるような、何も気負わずに見てもらえるのがこの映画の魅力かなと思います」『1秒先の彼』清原果耶【インタビュー】

インタビュー2023年7月4日

 監督・山下敦弘と脚本家・宮藤官九郎が初タッグを組み、台湾映画『1秒先の彼女」(20)をリメークした『1秒先の彼』が、7月7日から全国公開される。舞台を京都に移し、男女のキャラクター設定を逆転させ、周囲よりワンテンポ早い男性とワンテンポ遅い女性の“消えた1日・・・続きを読む

松坂桃李、こよなく愛するものは「家族」 「最近子どもが生まれたので」

TOPICS2023年6月26日

 Netflixシリーズ「離婚しようよ」配信記念イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、仲里依紗、錦戸亮、板谷由夏、山本耕史、古田新太と脚本の宮藤官九郎氏、大石静氏が登壇した。  宮藤氏と大石氏が交換日記のように交互に脚本を書き継いでいった本作は、気・・・続きを読む

岡田将生、実生活でも「せっかち」 清原果耶「“今に優しい映画だな”と感じた」

TOPICS2023年6月23日

 映画『1秒先の彼』プレミアイベントが22日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、清原果耶、福室莉音、片山友希、しみけんと山下敦弘監督が登壇した。  山下監督と脚本家の宮藤官九郎氏が初めてタッグを組んだ本作は、京都を舞台に、何をするにも人より1秒早いハジメ・・・続きを読む

永山絢斗、10年ぶりの宮藤官九郎作・演出の舞台出演に「開き直って今回は突っ走る」【インタビュー】

インタビュー2023年4月7日

 映画『#マンホール』、映画『東京リベンジャーズ』シリーズ、ドラマ「リバーサルオーケストラ」と、次々に話題作に出演し、宮藤官九郎作のドラマにも多く出演している実力派俳優の永山絢斗。宮藤作・演出の舞台として、「大パルコ人(2)バカロックオペラバカ『高校中パ・・・続きを読む

大泉洋「吉永小百合から大泉は生まれない」 「現場に入ると、吉永さんから生まれた気がしました」

TOPICS2023年3月15日

 映画『こんにちは、母さん』完成報告会見が15日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、大泉洋、永野芽郁、寺尾聰、宮藤官九郎、YOU、枝元萌と山田洋次監督が登壇した。  本作は、大会社の人事部長として日々神経をすり減らし、家では妻との離婚問題、大学生になった娘・・・続きを読む

生田斗真「私情が入り過ぎてるよ!」 弟・竜聖アナと舞台あいさつで“共演”

TOPICS2021年11月19日

 映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、鈴木亮平、滝沢カレン、仲里依紗、堤真一と三池崇史監督、脚本の宮藤官九郎が登壇した。  本作は、高橋のぼる氏の人気漫画『土竜の唄』を実写化したアクションコメディシリーズの完・・・続きを読む

【インタビュー】舞台「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」のん 宮藤官九郎と8年半ぶりのタッグ「宮藤さんは小学生のような天才」

インタビュー2021年7月26日

 のんが出演する、大パルコ人4 マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」が8月9日から上演される。本作は、大人計画とパルコが共同プロデュースし、宮藤官九郎が作・演出を務めるオリジナルロックオペラ、“大パルコ人”シリーズの最新作。特殊な能力と・・・続きを読む

【映画コラム】ヒロインを中心としたユニークな群像劇『おらおらでひとりいぐも』と『ホテルローヤル』

ほぼ週刊映画コラム2020年11月12日

 ヒロインを中心としたユニークな群像劇が相次いで公開された。沖田修一監督の『おらおらでひとりいぐも』と武正晴監督の『ホテルローヤル』だ。  『おらおらでひとりいぐも』の原作は、芥川賞を受賞した若竹千佐子の同名小説。タイトルは宮沢賢治の「永訣の朝」の・・・続きを読む

山本美月、2度目の舞台出演に「毎日緊張ばかり」 古田新太「短いコントの目白押し」

TOPICS2020年10月5日

 PARCO劇場オープニング・シリーズ“ねずみの三銃士”第4回企画公演「獣道一直線!!!」の公開舞台稽古が5日、東京都内で行われ、出演者の生瀬勝久、池田成志、古田新太、山本美月、池谷のぶえ、脚本の宮藤官九郎が登場した。  本作は、生瀬、池田、古田が「今、一・・・続きを読む

Willfriends

page top