宮藤官九郎「人間らしく生きる、それだけでいいんじゃないか」 渡辺大知「ドラマに出てくる人たち、みんなを好きになってもらえたら」 ドラマ「季節のない街」【インタビュー】

2024年4月26日 / 10:00

 宮藤官九郎が企画・監督・脚本を手掛けたドラマ「季節のない街」が、毎週金曜深夜24時42分からテレ東系で放送中だ。本作は、山本周五郎の同名小説をベースに、舞台となる“街”を12年前に起きた災害を経て建てられた仮設住宅のある“街”へと置き換え、現代の物語として再構築。希望を失った主人公が住人たちの姿に希望を見いだし、人生を再生していく青春群像エンターテインメント。

 主人公の半助こと田中新助役を池松壮亮が演じ、街の青年部を率いる親思いのタツヤ役を仲野太賀、街の近所に住む酒屋の息子で、好きな女の子目当てで街に出入りしているオカベ役を渡辺大知が演じる。このほど、宮藤と渡辺が取材に応じ、撮影時のエピソードや物語への熱い思いを語ってくれた。

宮藤官九郎(左)と渡辺大知 (C)エンタメOVO

-本作は、宮藤さんが20代の頃から切望していた企画とのことですが、制作に至った経緯や思いを教えてください。

宮藤 30年前、僕がまだ演劇を始める前に原作の小説と、その小説を黒澤明監督が映画化した『どですかでん』という作品に出合って、やみくもにエネルギーを感じました。その後、僕が『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)の脚本を担当した後にコロナ禍になり、世の中がストップしたときに、何かやり残したことがあるような気がして、この企画を提出しました。原作は昭和30年代に新聞小説で発表されて、親子や貧困の問題をテーマに扱っているのですが、普遍的だから通用しない話は一つもないなと思って。当時はスマホもない時代ですし、人間の生活スタイルは変わっていますが、根っこの部分は変わっていないので、今の人が見たらより刺さるのではないかなと思いました。

渡辺さんは、オファーを受けたときのお気持ちはいかがでしたか。

 渡辺 企画を聞いたときは、まだコロナ禍で鬱屈とした空気が流れている頃で、僕自身もまさにこういうドラマが見たかったと思わせてもらいました。登場人物たちが明るく生きているわけでも、暗く生きているわけでもなく、ただその日その日を人間らしく生きている姿が描かれた人間ドラマだったので、僕もそこに救われた気持ちになりました。

オカベという役柄については、どのように捉えて演じましたか。

 渡辺 僕は映画『どですかでん』を見たことがあったのですが、オカベは『どですかでん』の中では、そんなにフィーチャーされるようなキャラクターではなかったはずなのですが、なぜかすごく覚えていたので、なんで覚えていたんだろうというとこかろから考えました。このポジションのキャラクターが持っている魅力を、このドラマでも大事にできたらいいなと思いましたし、あまり前に出なくても、なんかあいつ覚えているな、みたいな存在感がある役になったらいいなと思いました。

宮藤さんは演出で心掛けられたことはありますか。

宮藤 仮設住宅のある“街”は茨城県の行方市に実際にオープンセットを作って、みんなで本当にそこに暮らしているかのように撮影できる環境を整えてもらえたので、それを何とか映像に残せないかなと思いました。最初は仮設住宅のプレハブの中のシーンはスタジオで撮影するものだと思っていたのですが、室内までセットを作っていただけたので、みんなが近所で実際に暮らしているような空気感が映るといいなと思いながら撮影して、結果、映ったような気がします。

(C)テレビ東京

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

杉野遥亮「100%の力を出し切ることができた」細川徹監督「杉野くんのかわいらしさや面白さが出ている」前代未聞の時代劇コメディーに挑戦「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月11日

 「週刊少年ジャンプ」で連載された仲間りょう氏のギャグ漫画を連続ドラマ化した「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」が、7月12日からWOWOWで放送・配信スタートとなる(全10話/第1話無料)。「立派な武士を目指す」と言いながら、サボることに … 続きを読む

Willfriends

page top