長谷川博己」に関連する79件の記事

【インタビュー】「獄門島」長谷川博己「金田一耕助を演じてきた歴代の俳優の中に、自分の名前が連なると思うとすごくうれしかったです」

インタビュー2016年11月19日

 横溝正史の原作をドラマ化した「獄門島」(19日、BSプレミアム午後8時~午後10時)で、長谷川博己が名探偵、金田一耕助を演じる。戦友が残した「妹たちが殺される」という最期のメッセージを胸に、瀬戸内海に浮かぶ獄門島にやってきた金田一が連続殺人の謎に挑む様・・・続きを読む

【夏目漱石の妻】長谷川博己「尾野さんはうらやましいぐらい自由」 尾野真千子「好きな人だと顔が近くても苦にならない(笑)」

インタビュー2016年9月23日

   明治の文豪・夏目漱石没後100年を記念したNHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」が24日、午後9時からスタートする(毎週土曜、連続4回)。明治という激動の時代を駆け抜けた夏目夫妻の姿を、妻・鏡子の視点からユーモアを交えて描いたホームドラマで、原案は・・・続きを読む

長谷川博己、『シン・ゴジラ』にサプライズ登場 続編期待するが庵野監督「僕はもういいですよ」

TOPICS2016年9月16日

 映画『シン・ゴジラ』“全国一斉!発声可能上映”と舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の市川実日子、松尾諭、高橋一生と庵野秀明総監督が出席した。 この作品は9月12日までで“平成ゴジラシリーズ”以降の最高動員数450万人を超え、2016年公開の実写・・・続きを読む

長谷川博己、漱石役に「プレッシャー」 不安を吹き飛ばしてくれたのは“妻”尾野真千子

TOPICS2016年9月7日

 NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」の試写会が7日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、長谷川博己、黒島結菜、舘ひろしが出席した。 この作品は、明治という激動の時代を駆け抜け、ともに成長していく夏目漱石夫妻の姿を、妻・鏡子の視点から、生き生きとユーモアを・・・続きを読む

長谷川博己、ゴジラポーズを生披露 「公開初日にちょっとやりたかった」

TOPICS2016年7月29日

 映画『シン・ゴジラ』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、樋口真嗣監督が登壇した。 本作は、日本版ゴジラ12年ぶりの新作。主人公である内閣官房副長官の矢口蘭堂を演じた長谷川は「今日こうして初日・・・続きを読む

長谷川博己「トム・クルーズになった気分」 TOHOシネマズ新宿前を「ゴジラロード」と命名

TOPICS2016年7月25日

 映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミアレッドカーペットセレモニーイベントが25日、東京都内の新宿歌舞伎町で行われ、出演者の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、大杉漣、塚本晋也と尾上克郎監督、樋口真嗣監督、庵野秀明総監督が出席・・・続きを読む

長谷川博己「新しいリーダー像を作れたら」 『シン・ゴジラ』で主人公の官房副長官役

TOPICS2016年7月19日

 映画『シン・ゴジラ』の完成報告会見が19日、東京都内で行われ、出演者の長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、庵野秀明総監督ほかが登壇した。 前作の日本版ゴジラから12年、日本版ゴジラ復活の声が高まる中、人気アニメーション「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野総・・・続きを読む

【映画コラム】新感覚の心理サスペンス『二重生活』

ほぼ週刊映画コラム2016年6月25日

 小池真理子の同名小説を映画化した異色サスペンス『二重生活』が公開された。ドラマ「開拓者たち」(12)や「ラジオ」(13)などで知られる岸善幸が原作を大胆に脚色し、自身の映画監督デビュー作とした。  大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、担当教授の篠原(リリー・・・続きを読む

門脇麦、知人の“尾行”は「したくない」 「自分に見せてくれている面だけで十分」

TOPICS2016年6月17日

 映画『二重生活』の公開直前試写会が17日、東京都内の早稲田大学戸山キャンパスで行われ、出演者の門脇麦とコラムニストの辛酸なめ子氏がトークショーを行った。  本作は、大学院の修士論文に「哲学的尾行」というテーマを選んだ主人公の珠(門脇)が、尾行を通して人・・・続きを読む

【インタビュー】『二重生活』門脇麦 「他人を見ているつもりでも、結局そこに自分自身が見えてくる」

インタビュー2016年6月17日

 大学院の哲学科に通う女性が、研究のために見ず知らずの他人を尾行し始めたところ、相手の秘密を知ってしまい、やがて尾行にのめり込んでゆく…。ソフィ・カルの『本当の話』の“哲学的尾行”をモチーフにした直木賞作家・小池真理子の小説を、「開拓者たち」(12)、「ラジオ・・・続きを読む

門脇麦「長谷川博己さんを“尾行”するのは楽しかった」 リリー・フランキーは長谷川のアルバイト時代を明かす

TOPICS2016年6月14日

 映画『二重生活』の完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が出席した。  小池真理子氏の同名小説を映画化した本作は、大学院の哲学科に通う珠(門脇)が修士論文の題材として“哲学的尾行”を・・・続きを読む

藤原竜也「怒ってくれる人がいなくなって寂しい」 小栗旬、綾野剛、松坂桃李らと共に蜷川幸雄さんを見送る

TOPICS2016年5月16日

 肺炎による多臓器不全のため今月12日に死去した演出家・蜷川幸雄さん(享年80)の告別式が16日、東京都内の青山葬儀所でしめやかに営まれた。出棺の際には藤原竜也、小栗旬、綾野剛、松坂桃李、長谷川博己、高岡奏輔らがひつぎを運び、故人を見送った。  出棺の前・・・続きを読む

【映画コラム】橋本環奈参上! 角川アイドル映画の伝統をよみがえらせた『セーラー服と機関銃 -卒業-』

ほぼ週刊映画コラム2016年3月5日

 1981年に公開され、薬師丸ひろ子の人気を不動のものとした赤川次郎原作の『セーラー服と機関銃』。その続編に当たる、橋本環奈主演の『セーラー服と機関銃 -卒業-』が、角川映画40周年記念作品として公開された。  前作『セーラー服と機関銃』は、アイドル映画でありな・・・続きを読む

橋本環奈、朝寝坊からの“卒業”を報告 「女優というお仕事が大好きになった」

TOPICS2016年3月5日

 映画『セーラー服と機関銃 ―卒業―』の初日舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の橋本環奈(Rev.from DVL)、長谷川博己、大野拓朗、宇野祥平、武田鉄矢、前田弘二監督が出席した。  本作は、薬師丸ひろ子主演で大ヒットした映画『セーラー服と機・・・続きを読む

西島秀俊、“戦友”長谷川博己に爆笑 「俺も感動しちゃった」

TOPICS2015年11月18日

 映画『劇場版 MOZU』大ヒット御礼舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、長谷川博己と羽住英一郎監督が出席した。  シリーズ完結編となる本作は、公開から2週連続で観客動員数ランキング1位を獲得し、倉木尚武役の西島は「とにかく皆さんに・・・続きを読む

三浦春馬『進撃の巨人』は「プレッシャーがあった」 本郷奏多「春馬くんはめちゃくちゃ男前」

TOPICS2015年9月19日

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、石原さとみ、樋口真嗣監督ほかが登場した。  本作は、人間を捕食する巨人と人類と・・・続きを読む

二階堂ふみ「20歳になった瞬間を映画の中で過ごせた」 長谷川博己「もっといやらしい目つきが必要だった」

TOPICS2015年8月8日

 映画『この国の空』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の二階堂ふみ、長谷川博己、工藤夕貴、荒井晴彦監督が登壇した。  本作は、終戦間近の昭和20年の東京を舞台に、戦時下の激しい空襲と飢餓が迫る恐怖の中で懸命に生きる人々の姿を描く。  二階・・・続きを読む

【インタビュー】『この国の空』二階堂ふみ 「戦争を身近に感じられる映画になると思った」

インタビュー2015年8月5日

 高井有一の小説『この国の空』を荒井晴彦監督が映画化した。太平洋戦争末期、度重なる米軍の空襲に耐えながら過ごす19歳の里子(二階堂ふみ)が、妻子を疎開させて一人で暮らす隣家の市毛(長谷川博己)と交わす切ない思いのゆくえを描く。『私の男』など数々の話題作で・・・続きを読む

石原さとみ「ネットで観客の反応を検索した」 長谷川博己「越えられない壁はない」

TOPICS2015年8月1日

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、樋口真嗣監督が出席した。  本作は、『別冊少年マガジン・・・続きを読む

三浦春馬「これから先も残ってくれることを願っています」 実写版『進撃の巨人』が国内初お披露目

TOPICS2015年7月21日

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の完成披露ジャパンプレミア舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼と樋口真嗣監督が出席した。 ・・・続きを読む

page top