「麒麟がくる」今川義元の家臣・朝比奈親徳役で山口馬木也が登場 「(義元役の)片岡愛之助さんはとてもフレンドリーで、お仕えするに当たって申し分なかったです」

2020年5月30日 / 13:57

朝比奈親徳役の山口馬木也

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月31日放送の第二十回から、戦国大名・今川義元の家臣・朝比奈親徳が登場する。演じる山口馬木也が、放送を前にコメントを発表した。

 2013年の「八重の桜」で榎本武揚を演じて以来の大河ドラマへの出演となる山口は、まず「舞台とは違った大河ドラマ独特の雰囲気を久々に味わい、また、周りの人の期待にも応えなくてはという思いもあり、撮影初日は特に緊張しました」と現場の感想を語った。

 朝比奈親徳は、今川氏の家臣として、太原雪斎亡き後、側近として軍事・政治の両面で義元を支え、特に今川の三河統治において絶大な力を誇った人物。

 演じるに当たっては「朝比奈という人物自体が、調べても情報量が少なく、難しい役でした」と言いながらも、主人公・明智光秀(長谷川博己)を中心に、群像劇としてさまざまなキャラクターが登場する本作の中では、「自分には自分のストーリーがあるのはもちろんですが、朝比奈も、この場所のこの時点では主役。視聴者の皆さんに何か共感していただけるところがあればいいなとも思っています」と意気込みを語った。

 また、主君・義元役の片岡愛之助の印象は「愛之助さんは、年も近くて、とてもフレンドリーで、お仕えするに当たって申し分なかったです」とのことで、劇中でどんな主従関係を披露してくれるのか、期待したい。

 さらに、作品の魅力について「池端(俊策)先生の脚本の魅力ももちろんですが、大河ドラマには日本の時代劇のよさが集約されています。一番のみどころは明智光秀目線の物語だ、ということ」と語り、「僕らの知っている“本能寺の変”、“謀反人”といったイメージの明智光秀が今後どのように描かれていくのか、一視聴者としてもとても楽しみです」と今後の展開に期待を寄せた。


芸能ニュースNEWS

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

amazon

page top