谷原章介」に関連する36件の記事

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十八回「丹波攻略命令」「わしは、どこまでも十兵衛ぞ」と変わらぬ光秀と、キリスト教との出会いを経て変わる信長

コラム2020年12月28日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。室町幕府の終焉(しゅうえん)を巡る緊迫した展開が決着した前回を経て、12月27日放送の第三十八回「丹波攻略命令」は、冒頭で三淵藤英(谷原章介)の切腹こそあったものの、その後は、明智光秀(長谷川博己)と家族とのほ・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十七回「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」歴史の厚みを伝える敗者の姿と、彼らに向き合う光秀と信長の違い

コラム2020年12月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。明智光秀(長谷川博己)と将軍・足利義昭(滝藤賢一)の涙の別れで幕を閉じた第三十六回から一転、12月20日放送の第三十七回「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」は、義昭、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)、浅井長政(・・・続きを読む

「同い年の長谷川くんが、主役としてずっと真ん中に立っている姿に勇気をもらいました」眞島秀和(細川藤孝)【「麒麟がくる」インタビュー】

インタビュー2020年12月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。12月20日放送の第三十七回では、将軍・足利義昭(滝藤賢一)が織田信長(染谷将太)に敗れ、ついに室町幕府が崩壊。このとき、共に幕府を支えてきた兄・三淵藤英(谷原章介)とたもとを分かつことになったのが、細川藤孝だ・・・続きを読む

「光秀との決別のシーンでは、長谷川さんの魂の叫びが聞こえてきた」滝藤賢一(足利義昭)【「麒麟がくる」インタビュー】

インタビュー2020年12月13日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。12月13日放送の第三十六回「訣別(けつべつ)」では、室町幕府第15代将軍の足利義昭と、それを支えてきた明智光秀(長谷川博己)に、運命の時が訪れた。従来の「室町幕府を滅亡させた愚かな将軍」というイメージをくつがえ・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十回「朝倉義景を討て」光秀の背中を押した帰蝶の一言

コラム2020年11月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月1日放送の第三十回「朝倉義景を討て」では、織田信長(染谷将太)が美濃の隣国・越前の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)との合戦を決断する過程が描かれた。  その決め手となったのが、「帝の許しを得る」と・・・続きを読む

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

インタビュー2020年10月22日

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口パク・ダンサーとして働くゲイ・・・続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

インタビュー2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれながらも、乱世に運命・・・続きを読む

和久井映見「こんなにせりふを話したことは今までなかった」 谷原章介「僕の実人生にリンクしている内容」

TOPICS2019年10月21日

 舞台「不機嫌な女神たち プラス1」の公開舞台稽古と舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介が登壇した。  本作は、女性3人と男性1人だけで繰り広げる、かわいい大人たちのほろ苦い日常を、豪華俳優陣の共演で・・・続きを読む

エミリー・ブラント、名作挑戦への思い 「自分なりのメリー・ポピンズ像を…」

TOPICS2019年1月24日

 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』ジャパンプレミアが23日、東京都内で行われ、主演のエミリー・ブラント、日本語吹き替え版声優を務めた平原綾香と谷原章介が登壇した。  1964年公開のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の20年後を描いた物語。母を亡くし・・・続きを読む

キムタク、ゲームキャラに初挑戦 初体験の撮影は「驚きの連続」

TOPICS2018年9月11日

 セガのプレイステーション用ゲームソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』(12月13日発売)の完成披露会が10日、東京都内で行われ、キャラクターを演じる木村拓哉、中尾彬、谷原章介、滝藤賢一らが発表された。  全世界での累計出荷が1100万本を超える人・・・続きを読む

「新しい扉を開けたような気がしました」一番の悩みの種の“物まね”にもおくさず挑戦! 原田知世(萩尾和子)【「半分、青い。」インタビュー】

インタビュー2018年8月10日

 優雅でおっとりとした雰囲気を持ちながら、さばけた性格で人情味にあふれる律(佐藤健)の母親“和子さん”を演じている原田知世。かわいくふんわりとしたキャラクターは原田そのもののようだが、初めての経験でもあり、女優として「新しい扉を開けたような気がした」という・・・続きを読む

桜井日奈子、中山美穂からの恋愛アドバイスに納得 「深い。勉強になります!」

TOPICS2018年4月28日

 映画『ママレード・ボーイ』の公開記念舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の桜井日奈子、吉沢亮、中山美穂、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青と廣木隆一監督が登壇した。  吉住渉氏の人気コミックを実写映画化した本作は、両親が互いのパートナーを・・・続きを読む

谷原章介、宮沢りえと森田剛の結婚を祝福 篠田麻里子「私もすてきな報告ができればいいな」

TOPICS2018年3月19日

 「Pan&(パンド)」発売記念イベントが19日、東京都内で行われ、谷原章介と篠田麻里子が登場した。  同商品は、焼きたてを瞬間冷凍し、家庭用のトースターで焼きたてそのままの風味が楽しめる冷凍パン。試食した谷原は「モチモチで小麦の香りがすごくいいです。五・・・続きを読む

来年度前朝ドラに佐藤健、松雪泰子らが出演 ヒロイン永野芽郁は「一生懸命頑張りたい」

TOPICS2017年8月22日

 NHK 2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」の主な出演者発表会見が22日、東京都内で行われ、ヒロインを演じる永野芽郁ほかが登場した。  本作は、岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン鈴愛(すずめ)が、高・・・続きを読む

谷原章介“ズボンのチャックが開いている症候群”を明かす 玉山鉄二、主演バトンタッチも出番の多さを嘆く

TOPICS2017年6月5日

 WOWOW×東海テレビ共同制作連続ドラマ「連続ドラマW 犯罪症候群 Season2」の完成披露試写会が5日、東京都内で行われ、出演者の谷原章介、玉山鉄二、渡部篤郎が出席した。 ドラマは、警視庁の“裏稼業”を描いた貫井徳郎氏の社会派サスペンス小説『失踪症候群・・・続きを読む

谷原章介、自身の名前冠した料理番組が深夜にスタート  “昼の顔”から“夜の顔”へ「本音がより出やすい」

TOPICS2017年4月5日

 4月19日からスタートするTBSの料理番組「谷原章介の25時ごはん」初回収録後囲み取材が5日、東京都内で行われ、司会を務める谷原章介が出席した。 この番組は“夜(深夜)”をコンセプトに、夜の時間帯に重点をおいて活躍している夜型人間に向けた新しい料理番組。・・・続きを読む

高橋真麻、休養中の小林麻耶にコメント “求められるキャラ”の重圧を心配

TOPICS2016年6月2日

 空中浮遊を体験できる新感覚アトラクション「AMAZING FLOOR Flying Experience with LEXUS NX記者発表会」が2日、都内の東京タワー大展望台で行われ、ゲストとしてフリーアナウンサーの高橋真麻と俳優の谷原章介が登場した・・・続きを読む

高橋真麻「高校生みたいな気分」 交際順調で幸せいっぱい

TOPICS2016年6月2日

 空中浮遊を体験できる新感覚アトラクション「AMAZING FLOOR Flying Experience with LEXUS NX記者発表会」が2日、都内の東京タワー大展望台で行われ、ゲストとしてフリーアナウンサーの高橋真麻と俳優の谷原章介が登場した・・・続きを読む

谷原章介、“歴男”の称号に照れ笑い 歴史に学び「芸能界を生き抜きたい」

TOPICS2015年12月2日

 ヒストリーチャンネル「ブランドリフレッシュ&開局15周年記念イベント」が2日、東京都内で行われ、ゲストとして俳優の谷原章介が出席した。  来年1月で日本開局15周年を迎える歴史&エンターテインメント専門の「ヒストリーチャンネル」。15周年記念の第1弾を・・・続きを読む

篠原涼子「意外に“偏屈な男性”が好き」 「江口さんに何度もキュンとさせられた」

TOPICS2015年10月6日

 フジテレビ10月クールの木曜劇場「オトナ女子」の制作発表会見が6日、東京都内で行われ、出演者の篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が登壇した。  ドラマは、いくつになっても“女子”でありたい、そんな本当の幸せを探し続ける40歳の女性3人が、・・・続きを読む

  • 1
  • 2

page top