ビートたけし」に関連する40件の記事

「最初は宮藤官九郎さんを、疑いの目でしか見られませんでした(笑)」神木隆之介(五りん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年10月31日

 謎を秘めたキャラクターとして、第1回から登場してきた落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の弟子・五りん。第39回で、ついに亡き父・小松勝(仲野太賀)と志ん生のつながりが明らかになり、10月27日放送の第40回では、金栗四三(中村勘九郎)の弟子として、マラソンで・・・続きを読む

「杉村は数カ国語を使いこなす外交官。説得力のある話し方や振る舞い方を心掛けました」加藤雅也(杉村陽太郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年9月2日

 1940(昭和15)年のオリンピック開催地の座をローマと争う東京。だが、劣勢に追い込まれた東京は、嘉納治五郎(役所広司)発案による「ローマに譲ってもらう」という起死回生の策を実行するため、イタリアの首相ムッソリーニとの直談判に臨んだ。ここで一度は話がまとまっ・・・続きを読む

「孝蔵のパートは『志ん生が落語を語っているかのように、ポップに』と監督たちと話し合いました」森山未來(美濃部孝蔵)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年4月28日

 ストックホルムオリンピックでの敗北を糧に、金栗四三(中村勘九郎)はマラソンの強化に向けて動き始める。一方、四三と同じ時代を生きる人物として狂言回し的に登場するのが、後の“落語の神様”古今亭志ん生こと美濃部孝蔵だ。酒に酔って初高座に上がり、大失敗した揚げ句・・・続きを読む

「森山未來さんは、一度か二度の稽古で話を覚えてしまいました」古今亭菊之丞(落語指導)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年3月31日

 大きな期待を背負って出場したストックホルムオリンピックで、途中棄権という結果に終わった金栗四三(中村勘九郎)。同じ頃、日本では落語家となった美濃部孝蔵(若き日の古今亭志ん生/森山未來)が、酔っ払ったまま初高座に上がり、大失敗をやらかすことに…。本作では、・・・続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並行して、若き日・・・続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父」嘉納治五郎だ・・・続きを読む

「日本人はこんなにピュアな気持ちでオリンピックに取り組んでいたんだと気付かされました」宮藤官九郎(脚本家)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年1月2日

 1月6日(日)から始まる大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。日本が初参加した1912年のストックホルムから64年の東京まで、激動の半世紀のオリンピックと日本人の歴史を笑いと涙でつづる物語だ。脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「あまちゃん」・・・続きを読む

「この作品でスポーツの見方が変わった」中村勘九郎(金栗四三)「個性的だけど憎めない主人公2人を気に入ってもらえたら」阿部サダヲ(田畑政治)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年1月1日

 1月6日(日)から始まる大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。脚本を連続テレビ小説「あまちゃん」(13)の宮藤官九郎が手掛け、日本が初参加した1912年のストックホルムから64年の東京まで、激動の半世紀の中にオリンピックと日本人の歴史を笑いと・・・続きを読む

たけし、3分間の冠番組で大暴れ もしもテレ東のトップになったら…

TOPICS2018年11月9日

 ビートたけしの番組「いきなり、たけしです。」(テレビ東京・12~16日は18時55分~18時58分、17、18日は18時30分~18時33分)の取材会が8日、東京都内で行われ、たけしが出席した。  同局は開局55周年の企画として"テレ東ぜんぶ見る大作戦W・・・続きを読む

木村拓哉「結構、しびれました」 ビートたけしと新CMで“対峙”

TOPICS2018年8月28日

 「リョーマアイアン発表会」が28日、東京都内で行われ、ビートたけしと木村拓哉が出席した。  「リョーマゴルフ」は、これまでブランドアンバサダーを務めてきたたけしに加え、新製品の特徴でもある「まっすぐブレない」「キレのある美しさ」を体現できる人物として木・・・続きを読む

たけし、独立を巡る報道や世間の反応に困惑 「自分の会社を辞めてなんで怒られるのか」

TOPICS2018年4月3日

 「WONDA 2018年ブランド戦略発表会」が3日、東京都内で行われ、ゲストとしてCMキャラクターを務めるビートたけし、劇団ひとり、澤部佑、春日俊彰が出席した。  所属事務所からの独立騒動以後、初の公の場への登場となったたけしは「人生を楽しむ秘訣(ひけ・・・続きを読む

ビートたけし、“大河の顔”に大抜擢も「意味が分からない」 森山未來、たけしと二人一役に「アガりました」

TOPICS2017年11月29日

 宮藤官九郎が脚本を手掛ける、NHKの2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の古今亭志ん生役発表会見が29日、東京都内で行われ、ビートたけし、森山未來、神木隆之介、橋本愛、峯田和伸、川栄李奈、松尾スズキが出席した。  本ドラマは“・・・続きを読む

田中敦子、ビートたけしと“草薙素子”の縁を語る 6年ぶりに同役の吹き替えを務め「ただいま」

TOPICS2017年4月4日

 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公開直前緊急ファンミーティングが4日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で少佐の声優を務めた田中敦子が出席した。 日本発のSF作品『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』をハリウッドで実写映画化し・・・続きを読む

ビートたけし「さすがこの人はプロ」 “部下”のスカーレット・ヨハンソンを絶賛

TOPICS2017年3月16日

 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の来日記者会見が16日、東京都内で行われ、出演者のスカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュとルパート・サンダース監督が出席した。 日本の『攻殻機動隊 THE GHOST IN ・・・続きを読む

ビートたけし、SMAP紅白正式辞退に「あっ、そうですかという感じ」 爆笑問題「番組的にはホッとした」

TOPICS2016年12月24日

 大みそかにTBSで放送される、トップアスリートたちの限界に迫る大型スポーツ番組「史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016」の収録が行われ、総合司会のビートたけし、司会の爆笑問題(太田光、田中裕二)が収録後の囲み会見に出席した。 今年で5年目を迎え・・・続きを読む

北野武監督、実写化「龍が如く~」でメガホンを取る? 藤原竜也、小栗旬、真木よう子も出演に意欲!

TOPICS2016年12月7日

 PS4専用ソフト「龍が如く6 命の詩。」の完成披露会が7日、東京都内で行われ、登場キャラクターの声を演じている藤原竜也、小栗旬、真木よう子、宮迫博之、大森南朋、ビートたけし、黒田崇矢、名越稔洋総合監督が出席した。 このソフトは人気ゲーム「龍が如く」のシ・・・続きを読む

市川海老蔵、新作歌舞伎で目力を封印! 5歳の娘の“大人”対応に感心

TOPICS2016年11月28日

 「六本木歌舞伎 第二弾」の制作発表会が28日、東京都内で行われ、出演者の市川海老蔵、寺島しのぶ、演出の三池崇史監督が出席した。 本作は、盲目の侠客が驚異的な抜刀術で悪人を成敗する時代劇「座頭市」を、リリー・フランキーが新解釈で脚色し、三池監督が色づけし・・・続きを読む

たけし“討論できる映画”の重要性を訴える 「最近はあまりにもエンターテインメント重視」

TOPICS2016年2月27日

 映画『女が眠る時』の初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者のビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリ、ウェイン・ワン監督が登壇した。  本作は、『スモーク』などのワン監督が、初めて日本人キャストを使って製作した魅惑のミステリー。「第6・・・続きを読む

デヴィッド・ボウイ入門映画『戦メリ』に登場する5人の名優/ミュージシャン

音楽ニュース2016年2月15日

デヴィッド・ボウイの訃報を耳にした時、そのあまりの衝撃から周囲の人間と悲しみとやるせなさ分かち合おうとしたんですけど、日頃音楽を聴かないアラサー以下だといまいち通じないのですね。こちらとしても「グラムロックの〜」「吉井和哉はボウイのインスタレーションとし・・・続きを読む

たけし、キーワードは「SMAPのトラブル」!? 主演映画の舞台あいさつで“たけし節”さく裂

TOPICS2016年1月16日

 映画『女が眠る時』の完成会見&特別試写会が16日、東京都内で行われ、出演者のビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、新井浩文が登壇した。  本作は、『スモーク』などのウェイン・ワン監督が、初めてオール日本人キャストで挑んだ魅惑のミステリー。  たけしは「初め・・・続きを読む

  • 1
  • 2

page top