「日本人はこんなにピュアな気持ちでオリンピックに取り組んでいたんだと気付かされました」宮藤官九郎(脚本家)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年1月2日 / 10:00

 1月6日(日)から始まる大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。日本が初参加した1912年のストックホルムから64年の東京まで、激動の半世紀のオリンピックと日本人の歴史を笑いと涙でつづる物語だ。脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「あまちゃん」(13)の宮藤官九郎。明治から昭和に至る近現代を舞台に、2人の主人公のリレー形式でつむぐ異色の大河ドラマに込めた思いを聞いた。

脚本の宮藤官九郎

-大河ドラマの脚本を担当する意気込みを。

 もともとは大河ドラマと決まっていたわけではなく、プロデューサーと一緒に「何か面白いことをやりましょう」という話から始まったんです。それが次第に「これ、大河ドラマになりますかね?」という話になり、「こんなの、今までの大河ドラマにないですよね」と言っているうちに決まった、という感じです。従来の大河ドラマには、例えば(織田)信長ならこの場面、(坂本)龍馬ならこれ、という定番の場面がありますが、『いだてん』にはそういうものがありません。合戦や討ち入りもない。その代わり、陸上や水泳といったスポーツが見せ場になるので、最初に思っていたよりは大河ドラマらしくなったのではないでしょうか。この道を踏み外さないように、最後まで頑張ります。

-主人公を金栗四三(中村勘九郎)に決めた理由は?

 オリンピックに関するドラマを作ると決まったとき、日本人が初めてオリンピックに関わることになったところから物語を始めたいと思いました。そこに登場する数人の中で、最も感情移入したのが金栗さん。僕自身、勝ち進んだり、上り詰めたりする人より、それを目指しながらも、達成できなかった人の方に親近感が湧くので。そういう目線でドラマを作ろうと考えたとき、みんなの期待を背負ってストックホルムに行ったのに大惨敗してしまった金栗さんに人間味を感じたんです。

-金栗さんはストックホルムの件も含めて、ユニークなエピソードが豊富な人ですが、印象的なものは?

 毎日、朝起きると頭から水をかぶっていたとか、結婚しても夫婦一緒に暮らさず、ずっと東京にいた、なんて話は面白いですね。それだけでなく、指導者になった後はやる気のない選手を蹴飛ばして練習させたこともあったらしく、そういう話を聞くと、ただのいい人ではなかったことが分かり、ますます好きになりました。ただ、ドラマにしづらい部分もあるので、全部を盛り込むわけにいかないのが難しいところですが。演じる勘九郎くんとは一緒に歌舞伎を2作やったことがありますが、ものすごくダイナミックな芝居をする人だという印象を持ったので、今回も期待しています。

-もう一人の主人公・田畑政治についてはいかがでしょうか。

 オリンピックの話をやる以上、1964年の東京オリンピックに到達しないといけないだろうと。ただ、金栗さんは東京オリンピックには関わっていません。そこで、どうしようと思っていろいろと調べる中で、田畑さんが話題に上がってきました。よくよく見ていくと、東京にオリンピックを招致した功労者であるにもかかわらず、口が災いして開催直前に重要なポストから外されている。これは面白いと思って、金栗さんからバトンを渡すような形で、後半は田畑さんを主人公にすることにしました。

-田畑を演じるのは、これまで宮藤さんと何度も顔を合わせている阿部サダヲさんですね。

 田畑さんは最近の人なので、資料がたくさん残っています。その中で、田畑さん本人の話と周囲の人が田畑さんについて語った話を突き合わせてみると、だいぶ食い違っている。つまり、本人はこう考えてやったつもりなんだけど、周りにはそれが伝わっていない。でも、話のテンションと勢いだけは伝わってくるから、何かしてあげたくなる。そういう愛されキャラだったらしく、阿部くんにピッタリだなと。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】青春コメディー+ミュージカル+ゾンビ=『アナと世界の終わり』

映画2019年5月25日

 青春コメディーとミュージカルとゾンビを融合させたイギリス発の珍品映画『アナと世界の終わり』が5月31日から公開される。  クリスマスを迎えたイギリスの田舎町に突如ゾンビが出現。さえない日常を送る高校生のアナ(エラ・ハント)は、日頃の鬱憤( … 続きを読む

【2.5次元】崎山つばさ&北園涼、「役者は根暗が多い」役柄との意外な共通点 映画『いつまでも忘れないよ』インタビュー

映画2019年5月25日

 2018年夏に放映された連続テレビドラマ「ディキータマリモット~オウセンの若者たち~」の劇場版『いつまでも忘れないよ』の公開が決定した。ドラマは、猪野広樹や崎山つばさ、橋本祥平、北園涼ら、2.5次元ミュージカルで活躍する人気俳優たちが集結 … 続きを読む

【インタビュー】「ドキュメンタル」霜降り明星・せいやがシーズン7に初参戦! 「死ぬほど笑いをいただいた松本人志さんは、一番笑かさなあかん存在」

テレビ2019年5月23日

 Amazon Prime Videoで全話配信中の松本人志の人気バラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」がシーズン7に突入した。同番組は、松本から「招待状」を受け取った10人の芸人たちが、 … 続きを読む

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

page top