ビートたけし「さすがこの人はプロ」 “部下”のスカーレット・ヨハンソンを絶賛

2017年3月16日 / 15:41

ビートたけし(左)とスカーレット・ヨハンソン

 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の来日記者会見が16日、東京都内で行われ、出演者のスカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュとルパート・サンダース監督が出席した。

 日本の『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』をハリウッドで実写映画化した本作は、近未来を舞台に、脳以外は全身義体の世界最強にして唯一無二の存在である少佐(ヨハンソン)が率いるエリート捜査組織、公安9課がサイバーテロ組織と対峙(たいじ)する姿を描く。

 スカーレットは「本作をお披露目する初めての都市が東京であることは素晴らしく、とにかくとても興奮しております」とあいさつし、サンダース監督とのディスカッションの上で作られた少佐役を「これだけ愛されている原作、作品でもあるので光栄に思いますし、責任も感じています。役に命を吹き込むのは感情的にも肉体的にも大変なことだったけど、役が遂げている成長を投影して自分も成長できた」と語った。

 一方、公安9課の指揮を執る荒巻大輔役で22年ぶりにハリウッド作品に出演したたけしは「自分にとってもいい経験」と喜びを語るとともに、「役者という仕事をやる時にはどう振る舞うべきか、スカーレットさんに本当によく教えていただいた。さすがこの人はプロだと、日本に帰ってきてつくづく思っています」と“部下”のスカーレットを賞賛した。

 漫画やアニメの実写化については「もともとのコミックやアニメに負けて文句を言われる作品になる、というのが定説なんですけど」とした上で、「今回は、もしかしてコミックやアニメの実写版で、最初に成功した例になるのではないかと。唯一の失敗は荒巻じゃないかという意見もあって」と笑いを誘い、「それぐらい見事な作品だと自分は思っている」とアピールした。

 また、監督としての視点から、ハリウッドと日本での映画製作の違いを問われると「自分が監督をやる時は簡単にワンテイクが多い。カメラの台数も、自分は最高で3カメぐらいしか使わないけど、ハリウッド映画は5カメ6カメもあって」と規模の違いを実感したという。

 演技面でも、歩いているシーンで、サンダース監督から褒められつつも、何度もリテイクを求めらたと明かし「6カメで30カットぐらいの撮り方をして、全体も狙っていて、これはお金が掛かるなとつくづく思いました」と振り返った。

 映画は4月7日からTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

(左から)ピルー・アスベック、ビートたけし、スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督

(左から)ピルー・アスベック、ビートたけし、スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督


芸能ニュースNEWS

田中れいな、矢口真里の出産を笑顔で祝福 「幸せになってくれて良かった」

舞台・ミュージカル2019年8月20日

 “2万人の鼓動TOURSミュージカル「赤毛のアン」”東京公演が20日、東京都内で行われ、本作に出演する元モーニング娘。の田中れいなと、演歌歌手のさくらまやが公演前に囲み取材に応じた。 続きを読む

木村文乃、振り込め詐欺グループを追い詰める刑事役を熱演 「隣にある話だと思って見てほしい」

ドラマ2019年8月20日

 土曜ドラマ「サギデカ」第1回の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の木村文乃、高杉真宙、制作統括の須崎岳氏、演出の西谷真一氏ほかが会見に出席した。  本作は、振り込め詐欺グループの摘発に心血を注ぐ警視庁の女性刑事の姿を描く社会派ヒュー … 続きを読む

中井貴一が所信表明演説 三谷幸喜「ディーンさんとはもう1回やってみたい」

映画2019年8月20日

 映画『記憶にございません!』のレッドカーペットイベントと完成披露試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、三谷幸喜監督が出席した。  本作は、政界を … 続きを読む

二階堂ふみ「役所広司さんは特別な方」 二階堂家の食育は「悩んだときは食べて寝ろ」

トレンド2019年8月19日

 「マルちゃん正麺 新CM発表会」が19日、東京都内で行われ、新CMに出演する役所広司と二階堂ふみが登場した。 続きを読む

水原希子、今年初の浴衣姿を披露 「今年の夏は解放しっ放し」

トレンド2019年8月19日

 エビアン限定ボトル発売記念イベント「#IWANNA BON-ODORI」が19日、東京都内で行われ、ブランドアンバサダーの水原希子が浴衣姿で出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top