ビートたけし「さすがこの人はプロ」 “部下”のスカーレット・ヨハンソンを絶賛

2017年3月16日 / 15:41

ビートたけし(左)とスカーレット・ヨハンソン

 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の来日記者会見が16日、東京都内で行われ、出演者のスカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュとルパート・サンダース監督が出席した。

 日本の『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』をハリウッドで実写映画化した本作は、近未来を舞台に、脳以外は全身義体の世界最強にして唯一無二の存在である少佐(ヨハンソン)が率いるエリート捜査組織、公安9課がサイバーテロ組織と対峙(たいじ)する姿を描く。

 スカーレットは「本作をお披露目する初めての都市が東京であることは素晴らしく、とにかくとても興奮しております」とあいさつし、サンダース監督とのディスカッションの上で作られた少佐役を「これだけ愛されている原作、作品でもあるので光栄に思いますし、責任も感じています。役に命を吹き込むのは感情的にも肉体的にも大変なことだったけど、役が遂げている成長を投影して自分も成長できた」と語った。

 一方、公安9課の指揮を執る荒巻大輔役で22年ぶりにハリウッド作品に出演したたけしは「自分にとってもいい経験」と喜びを語るとともに、「役者という仕事をやる時にはどう振る舞うべきか、スカーレットさんに本当によく教えていただいた。さすがこの人はプロだと、日本に帰ってきてつくづく思っています」と“部下”のスカーレットを賞賛した。

 漫画やアニメの実写化については「もともとのコミックやアニメに負けて文句を言われる作品になる、というのが定説なんですけど」とした上で、「今回は、もしかしてコミックやアニメの実写版で、最初に成功した例になるのではないかと。唯一の失敗は荒巻じゃないかという意見もあって」と笑いを誘い、「それぐらい見事な作品だと自分は思っている」とアピールした。

 また、監督としての視点から、ハリウッドと日本での映画製作の違いを問われると「自分が監督をやる時は簡単にワンテイクが多い。カメラの台数も、自分は最高で3カメぐらいしか使わないけど、ハリウッド映画は5カメ6カメもあって」と規模の違いを実感したという。

 演技面でも、歩いているシーンで、サンダース監督から褒められつつも、何度もリテイクを求めらたと明かし「6カメで30カットぐらいの撮り方をして、全体も狙っていて、これはお金が掛かるなとつくづく思いました」と振り返った。

 映画は4月7日からTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

(左から)ピルー・アスベック、ビートたけし、スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督

(左から)ピルー・アスベック、ビートたけし、スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top