能年玲奈」に関連する41件の記事

【映画コラム】毎日の生活を平然と送ることの素晴らしさを描いた『この世界の片隅に』

ほぼ週刊映画コラム2016年11月15日

 昭和20年の広島・呉を舞台にしたアニメーション映画『この世界の片隅に』が公開された。 太平洋戦争末期の昭和19年。広島から軍港の街・呉の北條家に嫁いだ18歳のすず(声=能年玲奈改め、のん)。見知らぬ土地で明るくけなげに生きる彼女の日常を丁寧に描く。 原作は『・・・続きを読む

のん、広島・呉の人々に方言褒められ安堵 コトリンゴの劇中歌に聴き入り「息を忘れてしまう」

TOPICS2016年11月8日

 映画『この世界の片隅に』のライブ付きプレミア試写会舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、主人公すずの声を務めたのん(旧芸名・能年玲奈)と片渕須直監督、音楽を担当したコトリンゴが出席した。 こうの史代氏による漫画をアニメーション映画化した本作は、第2次世・・・続きを読む

のん、作品を通して“戦争”を実感 「日常と隣り合わせにある」

TOPICS2016年10月28日

 映画『この世界の片隅に』第29回東京国際映画祭“特別招待作品”上映後舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、主人公すずの声を演じた(能年玲奈改め)のん、片渕須直監督が出席した。 こうの史代氏の漫画を原作にアニメーション映画化した本作は、第2次世界大戦中の・・・続きを読む

のん、改名後、都内で初のイベント 「素晴らしい作品に参加できてすごくうれしい」

TOPICS2016年9月9日

 映画『この世界の片隅に』の完成披露舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、主演声優を務めたのん、片渕須直監督、原作者のこうの史代氏が登壇した。 本作は、第2次世界大戦中の広島、呉を舞台に、激化していく世の中で大切な物を失いながらも、日々を大事にし、前を向・・・続きを読む

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第17回 神木隆之介&上白石萌音 アニメーションで活躍する若手俳優たち 『君の名は。』ほか

コラム2016年9月6日

 現在、記録的大ヒットで話題を集めるアニメーション映画『君の名は。』。実写と見まがうほどの美しい映像と思春期の少年少女の感情の機微をすくい取った新海誠監督ならではの繊細な演出、主人公2人のすれ違いの物語が多くの観客の心を捉えた。 この作品で主人公・立花瀧・・・続きを読む

能年玲奈、笑顔で広瀬すずを祝福 プレゼンターとして久しぶりに公の場に登場

TOPICS2015年12月28日

 「第28回 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」表彰式が28日、東京都内で行われ、受賞者へのプレゼンターとして能年玲奈、前田旺志郎、藤野涼子、岡田准一、石田ゆり子、池松壮亮、永瀬匡、広末涼子、リリー・フランキーほかが出席した。  前年『ホットロード』で・・・続きを読む

能年玲奈「お笑い芸人になりたかった」 浅草芸能大賞の新人賞を受賞 

TOPICS2015年3月21日

 第31回浅草芸能大賞の授賞式が21日、東京都内で行われ、大賞を受賞した歌舞伎俳優の中村吉右衛門、奨励賞を受賞した落語家の柳家さん喬、新人賞を受賞した女優の能年玲奈ほかが出席した。  大賞を受賞した吉右衛門は「私のような者に名誉を与えてくださいました。あ・・・続きを読む

能年玲奈「今日を迎えられて興奮」 主演映画『海月姫』初日舞台あいさつ

TOPICS2014年12月27日

 映画『海月姫』の初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者の能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、太田莉菜、速水もこみち、川村泰祐監督ほかが登壇した。  本作は、男子禁制の共同アパート天水館で暮らすクラゲオタクの月海(能年)が、女装美男子の蔵之介(菅・・・続きを読む

能年玲奈“一日飼育員”でクラゲに命名 餌やりに「興奮します」

TOPICS2014年12月16日

 映画『海月姫』の公開記念クラゲ誕生トークイベントが16日、東京都内のすみだ水族館で行われ、主演の能年玲奈とさかなクンが出席した。  劇中で生粋の“クラゲオタク”を演じた能年は、たくさんのクラゲが泳ぐ水族館に一日飼育員として登場。「最近この水族館に来たんで・・・続きを読む

能年玲奈、自身の“女子力”のなさを反省 共演の菅田を「女性として見習わなければ」

TOPICS2014年11月18日

 映画『海月姫』のワールドプレミアが18日、東京都内で行われ、出演者の能年玲奈、菅田将暉、太田莉菜、速水もこみち、長谷川博己、川村泰祐監督ほかが登壇した。  本作は、男子禁制の共同アパート天水館で暮らすクラゲオタクの月海(能年)が、女装美男子の蔵之介(菅・・・続きを読む

能年玲奈が母親との関係を明かす 登坂広臣、自己流の“告白”を表現

TOPICS2014年8月16日

 映画『ホットロード』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の能年玲奈、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ、三木孝浩監督が登壇した。  14歳のヒロイン和希との共通・・・続きを読む

能年玲奈が1stフォトブックを発売 次回作は「イケメン写真集を作りたい」

TOPICS2014年8月11日

 能年玲奈1stフォトブック『ぐりぐりぐるみ』発売記念 特別展示&記者会見が11日、東京都内で行われ、女優の能年玲奈が登場した。  本書は、月刊テレビ番組情報誌『B.L.T.』の人気連載をまとめたもので、能年の発案を基にビジュアル化されたアートな写真を掲・・・続きを読む

能年&登坂が女子中高生に“愛のHR(ホームルーム)”  能年「好きなことに貪欲になって」

TOPICS2014年8月6日

 映画『ホットロード』の試写会イベントが6日、都内の中村中学校・高等学校で行われ、出演者の能年玲奈、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)が出席した。  映画上映後に、映画“HR(ホットロード)”が贈る“愛のHR(ホームルーム)”と題して、2人がサ・・・続きを読む

能年玲奈主演映画『ホットロード』遂に予告編が解禁

音楽ニュース2014年5月30日

 今最も注目を集めている若手女優、能年玲奈を主演に迎えた、映画『ホットロード』の予告編が公開された。 原作は、1986年から翌年まで別冊マーガレットで連載、全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇る、紡木たくの不朽の名作。能年演じる主人公・和希が惹かれていく・・・続きを読む

能年玲奈ら、あまちゃんファミリーがお別れ 蟹江敬三さん「お別れの会」に約700人が参列

ニュース2014年5月13日

 3月30日に胃がんのために亡くなった俳優の蟹江敬三さん(享年69)の「お別れの会」が13日、東京・港区の青山葬儀所で行われた。  ドラマ「京都地検の女」シリーズで共演した名取裕子は、「あまりにも短く早過ぎて本当に悔しいです。我慢強く愚痴を言わない人だっ・・・続きを読む

蟹江敬三さんが胃がんで死去 幅広い役柄を演じた名脇役

TOPICS2014年4月5日

 俳優の蟹江敬三(かにえ・けいぞう)さんが3月30日午前8時27分、胃がんのため都内の病院で死去していたことが4日、分かった。69歳。東京都出身。  所属事務所は4日深夜、文書で「本年1月より体調を崩し入退院を繰り返していましたが、去る3月30日、残念な・・・続きを読む

能年玲奈、共演の登坂広臣に感謝  主演作『ホットロード』製作報告

TOPICS2014年3月18日

 映画『ホットロード』製作報告会見が18日、東京都内で行われ、出演者の能年玲奈、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)、三木孝浩監督が登壇した。  本作は、紡木たく氏の人気少女漫画の実写化。母親から疎まれ、誰からも必要とされていないのではないか・・・続きを読む

能年玲奈「気持ちの支えになる人に憧れます」  「映画みたいな恋」で照れ屋な女の子

TOPICS2014年3月12日

 「カルピスウォーター」新TVCM発表会が12日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された女優の能年玲奈が登場した。  「映画みたいな恋」と題した新CMは、自転車で思いを寄せる先輩と坂道を走り抜けるという“甘酸っぱい恋”を表現。  第11代として3年・・・続きを読む

能年玲奈、ミラーレスカメラに興奮 「今一番撮りたいのはフィギュアスケート」

TOPICS2014年2月13日

 「キヤノン ミラーレスカメラ EOS M2 新CM発表会」が13日、神奈川県横浜市で行われ、女優の能年玲奈が登場した。  新CMキャラクターに起用された能年は「普段から歩いていて“かわいいな”と思った風景とかを撮るのがすごく好きなので、これを機にカメラに・・・続きを読む

能年玲奈「あまちゃん」続編をアピール エランドール賞新人賞を受賞

ニュース2014年2月7日

 日本映画テレビプロデューサー協会による「2014年第38回エランドール賞」の授賞式が6日、東京都内で行われ、新人賞を受賞した能年玲奈が登壇した。 能年は、映画『グッモーエビアン!』、ドラマ「あまちゃん」への出演で受賞した。まず特別賞を受賞した「あまちゃ・・・続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top