のん、改名後、都内で初のイベント 「素晴らしい作品に参加できてすごくうれしい」

2016年9月9日 / 16:33

舞台あいさつで作品についての思いを語ったのん

 映画『この世界の片隅に』の完成披露舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、主演声優を務めたのん、片渕須直監督、原作者のこうの史代氏が登壇した。

 本作は、第2次世界大戦中の広島、呉を舞台に、激化していく世の中で大切な物を失いながらも、日々を大事にし、前を向いていく女性すずを描いたアニメーション。

 所属事務所からの独立騒動を経て、今年7月に改名し、“再出発”を発表したのん(旧芸名、能年玲奈)。改名後、都内で行われるPRイベントに登場するのは今回が初となった。この日マスコミ向けに用意された会場には56媒体の記者、カメラマンが駆け付けた。

 本作がアニメ声優初挑戦となったのんは、久々に多数のフラッシュを浴びながら「素晴らしい作品に参加できてすごくうれしいです。ありがとうございます」と晴れやかな笑顔であいさつした。

 この日は、片渕監督とこうの氏に挟まれる形で完成した映画を鑑賞したのん。「めちゃくちゃ緊張しました。(二人の間に)失礼しますという感じで…」と照れながらも、本編を初めて見た感想について「戦争というものが、生活と隣合わせに入ってくるのを感じて怖いと思いました。だからこそ、普通の生活というものが素晴らしくて大切に思える作品です」としみじみと語った。

 また、今回演じたすずとの共通点を問われたのんは「ボ~っとしていると言われるところ。だけど、気が強くてパワフルなところ」と答え、「そこから(人物を)探っていって、共感する部分から(作品に)共鳴させていくように頑張りました」と収録を振り返った。

 片渕監督から「結構質問もあったよね。『どうしてこういうふうにすずさんが言うのか分からない』とか…」と明かされると、のんは「すごくしつこかったですよね」と申し訳なさそうに苦笑い。

 しかし片渕監督は「(質問に)答える中で僕も作品の本質を捉え直すことができたし、単純にすずさんを演じてもらうのではなく、すずさんを理解してもらったことがこちらにも跳ね返ってきて、作品がすごく良くなったと思う」と語った。

 退場間際には、報道陣から「トラブルは解決しましたか?」「新しい芸名には慣れましたか?」などの質問も飛んだが、のんは笑顔を見せながらも無言で会場を後にした。

 映画は11月12日からテアトル新宿ほか全国ロードショー。

(左から)片渕須直監督、のん、原作者のこうの史代氏

(左から)片渕須直監督、のん、原作者のこうの史代氏


芸能ニュースNEWS

SixTONESとSnow ManがCDデビュー 末澤誠也「僕たちも負けない」

舞台・ミュージカル2020年1月22日

 舞台「青木さん家の奥さん」の公開稽古と初日囲み取材が22日、東京都内で行われ、なにわ男子の大橋和也、藤原丈一郎、Aぇ!groupの末澤誠也、草間リチャード敬太が登壇した。  本作は、設定だけが決められ、あとは全て役者たちのアドリブという即 … 続きを読む

チョコプラ、おかずクラブ“KK姉妹”を公認 「マージンは僕らに。45パーはもらう」

トレンド2020年1月22日

 「くら寿司 グローバル旗艦店PR発表会」が22日、東京都内で行われ、お笑いコンビのチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、おかずクラブ(ゆいP、オカリナ)が登場した。 続きを読む

福山雅治、NHK「ホットスポット」第3弾をPR 「自然に畏敬の念、愛情を強く持つように」

テレビ2020年1月22日

 最先端の特撮技術で壮大な自然に迫る、NHKスペシャル「ホットスポット 最後の楽園 season3」の試写会が21日、東京都内で行われ、プレゼンターを務める福山雅治が出席した。  2011年に最初のシリーズが放送されてから、足掛け10年。こ … 続きを読む

田村淳「今年は“直営業”がはやりそう」 相方・亮のテレビ復帰は「春に実現できたら」

トレンド2020年1月21日

 「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2020」授賞式が21日、東京都内で行われ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳、モデルでタレントの池田美優(みちょぱ)が登場した。 続きを読む

中山優馬、生田斗真は「ほとんど完璧。99点」 マイナス1点は「お化粧が下手なこと」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」記者会見が21日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、りょう、中山優馬、藤原さくらほかが登壇した。  本作は、2019年3月から4月にかけて、座付 … 続きを読む

page top