• 特集・インタビュー

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「僕にとっての8ミリ映画は、地元でおいしいご飯屋さんを新しく見つけた感じ」『Single8』上村侑【インタビュー】

映画2023年3月7日

 1978年、夏。高校生の栗田広志(上村侑)は『スター・ウォーズ』に影響を受け、友人の喜男(福澤希空)と共に宇宙船のミニチュアを作って8ミリカメラで撮影する。そして、文化祭の出し物として、映画製作を提案。思いを寄せる夏美(高石あかり)にヒロ … 続きを読む

「どうする家康」第8回「三河一揆でどうする!」一向一揆で浮かび上がってきた「国のあるじは誰なのか?」という問題【大河ドラマコラム】

ドラマ2023年3月4日

 NHKで放送中の大河ドラマ「どうする家康」。2月26日に放送された第8回「三河一揆でどうする!」では、前回勃発した一向一揆のその後が描かれた。その中で浮かび上がってきたのが、「国のあるじは誰なのか?」という問題だった。  前回、主人公・松 … 続きを読む

なだぎ武、話題を呼んだアクションコメディー映画の舞台版出演に人生が変わった分岐点を感じる【インタビュー】

舞台・ミュージカル2023年3月3日

 お笑い芸人としてだけでなく映画・ドラマでも活躍し、ミュージカル「魔女の宅急便」や「風都探偵 The STAGE」など舞台にも数多く出演しているなだぎ武。1992年にウッチャンナンチャンの初主演で話題を呼んだアクションコメディー映画『七人の … 続きを読む

好きなもの、熱中できるものを見つけることが大切と説く『フェイブルマンズ』/奇想天外だが根底には普遍的なテーマがある『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』【映画コラム】

映画2023年3月3日

『フェイブルマンズ』(3月3日公開)  両親に連れられて、映画館で『地上最大のショウ』(52)を見て以来、映画に夢中になった少年サミー・フェイブルマンは、母(ミシェル・ウィリアムズ)から8ミリカメラをプレゼントされる。  成長したサミー(ガ … 続きを読む

桜庭ななみ「手を差し伸べてくれる隣の人の温かさは大切なもの」支え合う大切さを描いた物語に込めた思い『有り、触れた、未来』【インタビュー】

映画2023年3月2日

 3月3日(金)から宮城県先行、10日(金)から全国公開となる『有り、触れた、未来』は、生きづらさを感じる世の中に向け、大切な人を失うなど、さまざまな事情で命と向き合うことになった人々の姿を通して、支え合うことの大切さを描いた物語だ。杉本哲 … 続きを読む

松井玲奈、念願の劇団☆新感線に出演「新しい扉を開いて世界を広げていきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2023年3月1日

 俳優の松井玲奈が、3月10日から開幕する、2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演Shinkansen faces Shakespeare「ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~」にヒロインのモナ役で出演する。大河ドラマ「どうする家康 … 続きを読む

「どうする家康」第7回「わしの家」一向宗との対立から見えてくる本作が目指す家康像【大河ドラマコラム】

ドラマ2023年2月25日

 「妻や子だけでなく、家臣や民も皆、親であり、子であり、きょうだいであると、殿はそうお考えだそうじゃ。この三河という家を安らかなものにしたい、その意味を込めての家康」  NHKで放送中の大河ドラマ「どうする家康」。2月19日に放送された第7 … 続きを読む

映画を媒介として80年代初頭を表した『エンパイア・オブ・ライト』/9.11事件後の真実に驚かされる『ワース 命の値段』【映画コラム】

映画2023年2月24日

『エンパイア・オブ・ライト』(2月23日公開)  厳しい不況と社会不安に揺れる1980年代初頭のイギリス。海辺の町マーゲイトの映画館・エンパイア劇場で働くヒラリー(オリビア・コールマン)は、つらい過去のせいで心に闇を抱えていた。  そんな彼 … 続きを読む

河合優実「人の記憶に残る作品を作っていきたい」注目の若手女優が初主演『少女は卒業しない』【インタビュー】

映画2023年2月22日

 直木賞作家・朝井リョウの連作短編小説を映画化した『少女は卒業しない』が2月23日から公開される。卒業式を翌日に控えた地方の高校を舞台に、それぞれに秘めた思いを抱える4人の少女たちの姿を描いた青春恋愛映画だ。小野莉奈、小宮山莉渚、中井友望ら … 続きを読む

倉科カナが語る幸せの定義「誰かに喜んでもらえることが一番の幸せ」 舞台「蜘蛛巣城」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2023年2月20日

 NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」をはじめ、数々のドラマ・映画で活躍しながら、第29回読売演劇大賞で優秀女優賞を受賞するなど、舞台女優としても大きな期待が持たれている倉科カナ。2月25日から上演されるKAAT神奈川芸術劇場プロデュース「蜘 … 続きを読む

渡辺謙「俳優の人生って、面白い」日本を代表する名優が、40年のキャリアを振り返る「役者道~渡辺謙があなたに語る仕事と人生~」【インタビュー】

テレビ2023年2月18日

 「役者道~渡辺謙があなたに語る仕事と人生~」が、2月19日(日)午前10:00からWOWOWで放送・配信スタートとなる(全4回・初回無料)。これは、ハリウッドでも活躍する名優・渡辺謙が、テレビデビュー40周年を迎え、モノローグ(独り語り) … 続きを読む

小日向文世が語る、俳優業への思い 「あの役は小日向と言われるまでには、僕にはまだまだ時間が必要」 【インタビュー】

舞台・ミュージカル2023年2月18日

 数々の映画、ドラマで活躍し、コミカルな役から悪人まで幅広い役柄を演じ、作品にスパイスを加える小日向文世。2月24日から、宮沢りえが主演する舞台「アンナ・カレーニナ」に出演する。ロシア文学の最高峰とも称される、レフ・トルストイの原作をフィリ … 続きを読む

「どうする家康」第6回「続・瀬名奪還作戦」今後への期待膨らむ忍びたちの活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2023年2月17日

 NHKで放送中の大河ドラマ「どうする家康」。2月12日放送の第6回「続・瀬名奪還作戦」では、前回、主人公・松平元康(後の徳川家康/松本潤)の妻・瀬名(有村架純)の今川領からの奪還に失敗した服部半蔵(山田孝之)率いる服部党の忍びが、再び瀬名 … 続きを読む

余命わずかなシングルファーザーと息子の新しい家族探しの旅を描く『いつかの君にもわかること』/人食いの若者たちの愛と葛藤を描く『ボーンズ アンド オール』【映画コラム】

映画2023年2月17日

『いつかの君にもわかること』(2月17日公開)  窓拭き清掃員として働きながら、4歳の息子マイケル(ダニエル・ラモント)を男手一つで育てる33歳のジョン(ジェームズ・ノートン)。不治の病に侵され余命宣告を受けた彼は、養子縁組の手続きを行い、 … 続きを読む

広い空の下、小さな幸せがたまっていく…。徳島の魅力を短編映画で発信 佐久間由衣・主演、犬飼貴丈・特別出演の『あおいそら』、「#徳島ニューノーマル映画祭2023」で上映

映画2023年2月16日

 徳島県ゆかりの映画作品や、国内外の話題作をオフライン・オンラインで上映する「#徳島ニューノーマル映画祭2023」 (徳島県主催)。今年は3月11日(土)・12日(日)の2日間(10時~18時)、「あわぎんホール」(徳島市)と徳島県によるイ … 続きを読む

松本若菜「ただただ、1人の女性を生きたいという思い」“松本劇場”から一転、心優しき骨髄移植のドナー役『みんな生きている ~二つ目の誕生日~』【インタビュー】

映画2023年2月13日

 骨髄移植によって命を救われた俳優の樋口大悟が、自身の体験に基づき、企画・原案・主演を務め、骨髄移植を待つ患者と骨髄を提供するドナーの現実を描いた『みんな生きている ~二つ目の誕生日~』が全国順次公開中だ。本作で、急性骨髄性白血病に侵された … 続きを読む

Dream Ami、「この先の人生を動かす大きなきっかけになる」初めてのグランドミュージカルへの思い【インタビュー】

舞台・ミュージカル2023年2月12日

 Dream、E-girlsの中心メンバーとして活動し、現在はソロアーティストとして活動するDream Ami。近年では、舞台作品にも挑戦し、俳優としての活動もスタートした。3月11日から開幕するミュージカル「ジキル&ハイド」には、桜井玲香 … 続きを読む

「どうする家康」第5回「瀬名奪還作戦」本多正信を演じる松山ケンイチへの期待【大河ドラマコラム】

ドラマ2023年2月11日

 NHKで放送中の大河ドラマ「どうする家康」。2月5日に放送された第5回「瀬名奪還作戦」では、織田方についた主人公・松平元康(後の徳川家康/松本潤)が、敵対することになった今川領から妻の瀬名(有村架純)を救出しようとする姿が描かれた。    … 続きを読む

小出恵介「人を引き込む映画の魅力を改めて感じました」本格的主演復帰作は映画愛あふれる物語『銀平町シネマブルース』【インタビュー】

映画2023年2月10日

 時代遅れの小さな映画館を舞台に、くすぶる青年と映画好きの愛すべきばか者たちの奮闘を映画愛たっぷりに描いた『銀平町シネマブルース』が2月10日から公開となる。主人公・近藤猛を演じたのは、これが本格的な主演復帰作となる小出恵介。作品の魅力や撮 … 続きを読む

1920年代、ゴージャスでクレイジーな映画業界の裏側を描いた『バビロン』【映画コラム】

映画2023年2月10日

『バビロン』(2月10日公開)  『ラ・ラ・ランド』(16)のデイミアン・チャゼル監督が、オリジナル脚本を書き、1920年代のハリウッド黄金時代を舞台に、ゴージャスでクレイジーな映画業界で夢をかなえようとする男女の運命を描く189分の大作。 … 続きを読む

Willfriends

page top