「Live House ジャニーズ銀座」制作発表詳報

2013年4月15日 / 00:33

――この中でこの人だけには負けたくないという人は?

神宮寺 この中で? 僕はジェシーくんと北斗くんには絶対負けたくないです。

ジェシー なんで?

神宮寺 いやあの、僕の持ち前である面白さを取られちゃいそうなんで。

真田 それ以外は面白くないってことですか?

神宮寺 いや、面白いですよ! でも初めてメーンでやらせていただくんで、面白いこととかを言わないと、ファンが帰っちゃうかなって不安が。

マリウス でも、神ちゃんはデキると思いますよ。

神宮寺 ありがとう!

マリウス カッコいいし、セクシー。だからSexy Boyzと呼ばれていると思うんで。

一同 ハハハ(笑)。

マリウス あ、それは当たり前なことなんですけど。絶対できると思う。

神宮寺 ありがとう。

マリウス 去年の夏の「SUMMARY」のときもすごいクールでマイペースな感じだったんで、だから…負けないでっ!!

――”神ちゃん”としては面白い方を狙っていくということですか?

神宮寺 はい。”コメディー&セクシー”っていう形で。今思い付いたんですけど、それでいこうかなと思います。

――”コメディー&セクシー”はどんなポーズになりますか?

神宮寺 セクシーはこういう感じなんですけど(と手を首元に当てるポーズを)。ここでももう面白いじゃないですか。僕がやることによって、ちょっと面白い感じに。

松村 どっちかっていうとバカにされてるよ?

神宮寺 されてます?

マリウス ちょっと今、不安になってきました…(笑)。

萩谷 僕は今まで踊りをメーンでやってたので、歌にも挑戦してみたいなと思ってるんです。カラオケに1人で行って、ちょっと練習しようかなって思ってます。

ジェシー 1人カラオケはいい! 俺もよくやります。誰もいないんで、気持ちよく終わって、気持ちよく帰って、風呂入って寝る!

――先輩たちの歌を歌うこともあると思いますが、好きな曲は?

真田 僕はSMAPさんの「SHAKE」ですね。やっぱり聞いていて楽しい曲をファンの皆さんと一緒にやろうかなというのを一番考えていたんで。もしかしたらやる…かも、ですね。

マリウス 「世界に一つだけの花」が好き。ドイツにいたころよく歌ってました。でも今の「Battery」? SMAPさんの新曲の…。

真田 発音いいですよね。

マリウス (カッコ良く)「Battery」。

――歌っちゃうかも?

マリウス 難しいですよね、でもそういう雰囲気で頑張りたいです。

中山 僕は先輩の歌も歌わしていただきたいんですけど、NYCというグループでCDも出させてもらっていて、NYCでのコンサートというのがまだ実現できていないので。そこで今回は1人でやらせてもらうんで、皆さんに披露してないNYCの曲も交ぜてやっていきたいと思います。

ジェシー 僕はもちろんKinKi Kidsさんです。全部好きなんですけど、「僕が生まれた日」…「僕の生まれた日」?とか。全部いい曲で! メロディーもまた気持ちよく歌っていけるんで。「変わったかたちの石」も、全部いいです。皆さんで聞きましょう!

松村 僕は、山下智久くんの「ゴメンネ ジュリエット」っていう曲があって。それを、コンサートを見に行ったことがあってカッコよかったので、今回もやれるところがあればやってみようかな…それともやらないかな? 迷っている状態ですね。

――では、最後に優馬さん、意気込みを。

中山 こうして与えられた場なので一つ一つが勉強です。今回は特に、全て自分たち発信の公演になると思うのですべて勉強になると思いますし、またこの公演がよかったら次につながると思いますし。みんな、ライバルとしてよき仲間として「ジャニーズ銀座」を盛り上げて、個々の公演でも個性をいっぱい出したいいものにしたいなと。お客さまも気軽に来られて気軽に見られるというのが、今回の良さだったりすると思うので、一生懸命3カ月間頑張りたいと思います。

 

 公演は東京・シアタークリエで、4月28日から6月2日まで。

 

 

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top