舞台「ジャニーズ・ワールド」千秋楽 囲み取材詳報

2013年1月28日 / 19:36

 3カ月のロングラン公演となった舞台「ジャニーズ・ワールド」千秋楽の囲み取材が27日、東京・帝国劇場で行われ、出演者のHey!Say!JUMP(山田涼介、知念侑李、中島裕翔、岡本圭人、有岡大貴、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、薮宏太)、A.B.C―Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)、Sexy Zone(佐藤勝利、中島健人、菊池風磨)が登場した。

――3カ月間お疲れさまでした。ここまで走り切った感想をお願いします。

山田涼介 始まる前は長いのかなと思ってましたけど、やってみるとあっという間で。いろいろな困難は正直あったんですけど、『舞台にハプニングはつきものだ』という名ぜりふがあるように、毎日変更する中での発見だったり、成長だったりが、見ている人にも伝わったと思うので、この3カ月間の経験を生かして今後ももっと頑張っていきたいと思います。

――プロデューサー役の薮くんは?

薮宏太 そうですね、社長がどこへ行っても「Youはジャニーさんだよ」って、いろんな人に言うので、最初はすごく緊張はしてたんですけど、毎回毎回公演を重ねていくごとに自分でも手応えを感じるようになって。3カ月間、初めての帝国劇場で座長をやらせていただけたのは本当に光栄なことだと思いました。自分の人生の財産になると思うので、これからもこの経験を生かして、次の仕事ができればなと思います。

――3カ月やってきて、ジャニーさんの魂が染み付いている感じですか?

 そうですね、お客さんを喜ばせてあげたいというのがジャニーさんの気持ちだと思うので。でもジャニーさんは、僕がやっている役みたいにあんなに怖くないです(笑)。

――ジャニーさんをまねたところ、参考にしたところはありますか?

 テーマですかね。“Show must go on!”というテーマ。ジャニーさんはどんなことがあってもショーを続けるという気持ちでいつもショーを作っていると思うので、僕も本当に心から“Show must go on!”と(いうセリフを)言っています。

――水の中を飛ぶときも、ですね?

 ギネスに申請しようかなと思うぐらい水にぬれてるんで(笑)。逆にもう最近は、水にぬれることが快感に変わってきました。もっとぬれたかったな。

――知念くんは?

知念侑李 僕はどんだけ回ったのかなと。それぐらい毎日ぐるぐるぐるぐる回っていて、僕はそっちの方でギネス取ろうかなと思うぐらい(笑)。でも本当に、無事にここまでやってこられたんで良かったなと思うのと、早く次がないかなと楽しみにしてます。さらに回りたいですね。

――もしかして夢でも回っている?

知念 回ってました! 夢でも回ってました。もう、回るといったら僕かなと思うので、これからもどんどん回っていければなと思います。

八乙女光 3カ月あったので、体形が変わりましたね。オープニングで付けているハーネスが、すごくキツくなってる。1月に入ってからは肩を上げるのが大変なぐらいで。筋力なんですかね? 体が大きくなったのか、思春期が今来たのか(笑)。

一同 ハハハ!

 逆にオレはスッカスカになったけどね。5キロほど痩せました。始まる前は若干太り気味だったんですけど。今、53か54キロですね。

一同 ええ〜!?

高木雄也 ワオ!

河合郁人 その身長で?

高木 うらやましい!

 全然、元気ですよ。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top