舞台「ジャニーズ・ワールド」千秋楽 囲み取材詳報

2013年1月28日 / 19:36

 3カ月のロングラン公演となった舞台「ジャニーズ・ワールド」千秋楽の囲み取材が27日、東京・帝国劇場で行われ、出演者のHey!Say!JUMP(山田涼介、知念侑李、中島裕翔、岡本圭人、有岡大貴、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、薮宏太)、A.B.C―Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)、Sexy Zone(佐藤勝利、中島健人、菊池風磨)が登場した。

――3カ月間お疲れさまでした。ここまで走り切った感想をお願いします。

山田涼介 始まる前は長いのかなと思ってましたけど、やってみるとあっという間で。いろいろな困難は正直あったんですけど、『舞台にハプニングはつきものだ』という名ぜりふがあるように、毎日変更する中での発見だったり、成長だったりが、見ている人にも伝わったと思うので、この3カ月間の経験を生かして今後ももっと頑張っていきたいと思います。

――プロデューサー役の薮くんは?

薮宏太 そうですね、社長がどこへ行っても「Youはジャニーさんだよ」って、いろんな人に言うので、最初はすごく緊張はしてたんですけど、毎回毎回公演を重ねていくごとに自分でも手応えを感じるようになって。3カ月間、初めての帝国劇場で座長をやらせていただけたのは本当に光栄なことだと思いました。自分の人生の財産になると思うので、これからもこの経験を生かして、次の仕事ができればなと思います。

――3カ月やってきて、ジャニーさんの魂が染み付いている感じですか?

 そうですね、お客さんを喜ばせてあげたいというのがジャニーさんの気持ちだと思うので。でもジャニーさんは、僕がやっている役みたいにあんなに怖くないです(笑)。

――ジャニーさんをまねたところ、参考にしたところはありますか?

 テーマですかね。“Show must go on!”というテーマ。ジャニーさんはどんなことがあってもショーを続けるという気持ちでいつもショーを作っていると思うので、僕も本当に心から“Show must go on!”と(いうセリフを)言っています。

――水の中を飛ぶときも、ですね?

 ギネスに申請しようかなと思うぐらい水にぬれてるんで(笑)。逆にもう最近は、水にぬれることが快感に変わってきました。もっとぬれたかったな。

――知念くんは?

知念侑李 僕はどんだけ回ったのかなと。それぐらい毎日ぐるぐるぐるぐる回っていて、僕はそっちの方でギネス取ろうかなと思うぐらい(笑)。でも本当に、無事にここまでやってこられたんで良かったなと思うのと、早く次がないかなと楽しみにしてます。さらに回りたいですね。

――もしかして夢でも回っている?

知念 回ってました! 夢でも回ってました。もう、回るといったら僕かなと思うので、これからもどんどん回っていければなと思います。

八乙女光 3カ月あったので、体形が変わりましたね。オープニングで付けているハーネスが、すごくキツくなってる。1月に入ってからは肩を上げるのが大変なぐらいで。筋力なんですかね? 体が大きくなったのか、思春期が今来たのか(笑)。

一同 ハハハ!

 逆にオレはスッカスカになったけどね。5キロほど痩せました。始まる前は若干太り気味だったんですけど。今、53か54キロですね。

一同 ええ〜!?

高木雄也 ワオ!

河合郁人 その身長で?

高木 うらやましい!

 全然、元気ですよ。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】Netflix、悲願の作品賞初受賞なるか『Mank/マンク』

映画2021年4月16日

 日本時間の4月26日に授賞式が行われる今年のアカデミー賞では、動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)製作の映画が大量にノミネートされた。その中の一本で、作品賞をはじめ、最多10部門で候補となった『Mank/マンク』を紹介しよう … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 華麗なる一族」中井貴一「原作の万俵大介像を大切に」内田有紀「自分が生きてきた全てを高須相子という役にぶつけようと」山崎豊子の傑作に挑戦!

ドラマ2021年4月16日

 数々の名作を残した作家・山崎豊子の傑作が、令和の現代によみがえる。高度経済成長期の日本を舞台に、実業家一族の繁栄と崩壊を描いた小説『華麗なる一族』(新潮文庫刊)を、WOWOW開局30周年記念で連続ドラマ化。これまで繰り返し映像化されてきた … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」見事なバランス感覚で描かれた“桜田門外の変”

ドラマ2021年4月14日

 4月11日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」では、タイトル通り、幕末の世を揺るがした大事件「桜田門外の変」が描かれた。  これまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)や、後にその主君となる徳川慶喜(草なぎ剛)を中心に … 続きを読む

タイトルバック制作秘話「渋沢の人生の軌跡を描くため、最先端の映像技術のタブーを破りました」柿本ケンサク(タイトルバック映像)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描くダイナミックな物語の幕開けを毎回、華麗なテーマ曲とともに彩るのが、印象的なタイトルバックだ。水墨画風のタッチ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

amazon

page top