野獣アイドル2PM、念願の東京ドーム公演を実現

2013年4月23日 / 15:12

写真:増田慶

 韓国の人気6人組アイドル2PMが、20、21日の2日間、自身初の東京ドーム公演「LEGEND OF 2PM in TOKYO DOME」を開催した。 

最終日の21日は、16時半に公演がスタート。白い幕で覆われたメーンステージのタワーの上から現れた6人は、ヒット曲「マスカレード ~Masquerade~」の華麗な仮面パフォーマンスで幕開けを飾った。 

 「皆さん、こんばんは。2PMです!」と、まずは大きな声で6人そろってあいさつ。念願だった東京ドームとあってか、少しウキウキした様子で「この瞬間を待っていました」(チャンソン)、「ついに東京ドーム、来ましたね」(ニックン)、「東京ドームに来るのを待っていたんですけど、実際に立ってみたら緊張しますね。気持ちいい緊張感で頑張ります」(テギョン)と感想を語った。

 ヒットナンバーが続く中、バラード曲「I’ll be OK」が流れるとメンバーたちの立つセンターステージが客席の上を通り越し、スタンド席の前まで移動するという巨大な仕掛けが。どんどん近くに迫ってくるメンバーたちに、ファンは大興奮。また、いすを使ったセクシーダンスがポイントの「Beautiful」、女性ダンサーたちと絡む「Missing You」、シャツを破る「Back 2U」など、いつにも増してセクシーなパフォーマンスにファンはくぎ付けに。さらに、5月29日発売の新曲「GIVE ME LOVE」(TBS系金曜ドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』主題歌)のプロモーションビデオとパフォーマンスをフルバージョンで初披露するサプライズも。

 気合の入った6人のソロステージも充実。ウヨンは韓国でのソロナンバー「Sexy Lady」をカッコ良く決め、猫のぬいぐるみをかぶって登場したテギョンは、東京ドーム公演のために書き下ろしたという新曲「I LOVE U, U LOVE ME」をかわいい振り付けで、ニックンはオーケストラと共に、しっとりとしたピアノの弾き語り曲を熱唱。リードボーカルのJun.Kはハードなヒップホップサウンドに乗って高速ラップを披露し、吸血鬼をイメージしたチャンソンのソロ曲「Oh」とソフトロックナンバーのジュノのソロ曲「SAY YES」ではファンの掛け声もバッチリと決まり、会場全体が一つに。また、メンバー一人一人カラーをそろえたペンライトで会場を一色に染める、ファンからの粋な計らいで、より素晴らしいステージが完成された。

 終盤はノリノリのナンバーが盛りだくさん。日本デビュー曲「Take off」から韓国デビュー曲「10 out of 10(10/10)」で徐々にヒートアップし、「Hands Up」で会場のボルテージは最高潮に。最後は夜光棒ダンスが印象的な「This Is Love」で締め、本公演は終了。だが、すぐにツアーTシャツに着替え再びステージに現れたメンバーは、1人ずつ東京ドーム公演を振り返るコメントを。白一色のペンライトで染まった客席を見て涙ぐみながら感想を伝えた後、ファンへの思いを込めたジュノ作詞作曲のバラード「Forever」をしっとりと。そして、再びアップテンポの「Hands Up」「Take off」のRemix Ver.をメドレーで続け、3時間半に及ぶコンサートは幕を閉じた。

 この日、何度もファンに向けて「ありがとう」と感謝の言葉を述べていた2PM。日本での活動2年目にして大舞台に立った彼らにとって、そして、その舞台を用意して待っていたファンにとっても心に残る素晴らしいコンサートとなった。

 

~メンバーからのメッセージ~
<チャンソン>(声を詰まらせて)皆さん、きれいですね。本当にありがとうございます。僕たちはいつも未来への不安を感じています。でも、ここまで努力してこられたのは、皆さんのおかげです。ここにいる皆さんがいれば、未来への不安は何も感じないです。愛しています。

<テギョン>日本デビューをしてからここ東京ドームまで、欠かさず毎回来てくれた方もいらっしゃると思います。心から感謝します。ここでライブができるのは僕たちだけの力ではなく、皆さんの力だと思います。2年間の日本での活動で、皆さんからの愛、メンバー愛をたくさん感じました。(熱い涙を流しながら)ありがとうございます。

<ジュノ>皆さん、楽しかったですかー? 本当ですかー? いい感じですかー?(客席から「いい感じ」)僕も本当に楽しかったです。皆さん、いつも皆さんから身に余るほどの愛をもらっているのに、時々それが消えるんじゃないかと不安になります。そういうときに目をつぶって思うことがあります。僕たちを応援してくれる皆さん。皆さんは僕たちが音楽をやる理由、生きる理由です。もっと大きな愛で包み込める存在になりたいです。皆さんとひとつになれた気がして幸せです。愛しています。

<ウヨン>実は、僕たちにとって日本での目標は東京ドームでの公演でした。まだ信じられないですけど、僕たちと皆さんはここにいます。(客席に向かって深くお辞儀をして)皆さんのおかげで夢をかなえられました。これからももっと大きな夢に向かって頑張ります。いつでもどこでも皆さんと一緒にいます。サンキュー!

<Jun.K>今日、僕の母と弟が初めて海外公演を見に来ています。大きな場所で公演ができるようにしてくれた皆さんに感謝しています。ここで皆さんに約束します。(大きな声で)一つ! 皆さんからの大きな愛は絶対に忘れません。二つ! 死ぬまで僕の魂を込めた音楽を皆さんに聞かせます! 今日は本当にありがとうございました。

<ニックン>たった2年で東京ドームで公演できたということが信じられません。僕にとって大事なのは家族、メンバー、夢、努力、スタッフの皆さんですが、一番大事なのは皆さんです。今までは皆さんが僕の誇りでしたが、これから僕がもっともっと努力して皆さんの誇りになります。また東京ドームで会いましょう!

 

***セットリスト***
Opening ~The Legend
1.マスカレード ~Masquerade~
2.I was crazy about you
3.Breakthough
4.HOT
-MC-
5.Without U
6.Don’t Stop Can’t Stop
7.ウヨンSolo Stage「Sexy Lady」
8.テギョンSolo Stage「I LOVE U,U LOVE ME」
-MC-
9.I Can’t
10.I’ll be OK
11.Beautiful
12.So Bad
13.Missing You
14.Back 2U
15.ニックンSolo Stage「Let It Rain」
16.Jun.K Solo Stage「TRUE SWAG」
17.GIVE ME LOVE
18.I hate you
19.I’ll be back
20.I’m your man
21.Heartbeat
22.チャンソンSolo Stage「Oh」
23.ジュノSolo Stage「SAY YES」
24.離れていても
-MC-
25.Take off
26.Stay with me
27.Ultra Lover
28.10 out of 10(10/10)
29.Hands Up
30.This Is Love

E-1.Forever
E-2.Hands Up(Remix)~Take off(Remix)
※21日のみ E-3.離れていても

 

★2PMオフィシャルサイト http://www.2pmjapan.com/
★2PMオフィシャルファンクラブ「Hottest Japan」 http://www.hottestjapan.com/

***リリース情報***
6th Single
『GIVE ME LOVE』
2013年5月29日リリース
【初回生産限定盤A】CD+DVD 1,800円(税込)
【初回生産限定盤B】CD+DVD 1,800円(税込)
【通常盤初回仕様限定盤】CD 1,200円(税込)
※『GIVE ME LOVE』購入者対象ハイタッチ会開催
6月16日(日)東京ビッグサイト 東4展示ホール(詳細未定)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top