「Live House ジャニーズ銀座」制作発表詳報

2013年4月15日 / 00:33

――例えば今回のために、自ら作詞作曲をした方はいますか?

中山 作詞作曲をするというよりは、全ての構成や演出を僕たちが一から、今までは(スタッフが)考えてくださったことを僕らが頑張るという形が多かったんですけども、今回は自分たちで考えて、自分たちでやりなさいと。そういった意味では勉強になりますし、楽しみな部分でもあると思います。

――一からつくることの大変さ、面白さはどういうところにありますか?

中山 みんな個々に打ち合わせをしていると思うんですけど、自分たちにしかできないパフォーマンスというか、自分たちのやりたいことをやらせてもらおうと思います。だから自分の公演についてプレッシャーはあるんですけど、他のメンバーがどういったことをするのかも僕にとっては楽しみで。打ち合わせ風景も見ていなければ何をするかも聞いていないので、ちょっとずつ探りを入れて(笑)、やっていきたいです。

――こういう個性を出したい、ここだけは他の人に負けたくないというところを教えてください。

中山 今回のメンバーの中で、関西出身は僕と内(博貴)くんだけだと思うので、関西の魅力というか、ちょっと笑いの部分だったりとか。1人でやらせてもらうので、どこまでやり切れるかっていうのも自分との戦いだと思うので、そういったところも一つの個性かなと思います。

マリウス 演技とかもやりたいですね。僕、この間「コドモ警察」と「コドモ警視」に出ていたんですけど、そこで経験した演技を、これからずっとずっと出していきたいと思います。

――シリアスな演技、コミカルな演技、どちらでいきましょう?

マリウス ずっと大人の演技、大人の役だったんで、次は子どもっぽい演技をやりたいですね、はい!

ジェシー 僕はですね、堂本剛くんを尊敬しておりまして。剛くんは人と違って歌い方もすぐ剛くんだと分かるので、僕もあのように自分の世界を持って、611人のお客さまに、なんか、自分の心をあげるというか、1人でぶわーっと届くようなバラードを歌いたいなと。歌がすごい好きなので、そこに絡みでダンスも入れたり、モノマネも好きなのでモノマネコーナーみたいなのもやってみたいです。

松村 僕は今回ジェシーと2人でやらせていただくんですけど、僕は逆に曲調が強かったり、音の強いようなものでジェシーと差を付けて個性を出そうかなと。お互いドラマも何本か出させていただいたりしたので、そういうところもうまく個性として使えたらなと思っています。

真田 シアタークリエは最初のころから出してもらってまして、毎回お客さんとの距離がすごい近いんですね。その距離の近さを生かして何かできないかなと思います。例えば一緒に、バラエティーコーナーをつくったとして、お客さんと一緒に回答するとか。なんか、お客さんも演出側に回れるような、楽しいクリエにしたいなと思います。臨機応変に、お客さんもやってもらえると楽しいなっていう。ムチャぶりとかもしてみて、それでどうなるかなとか。毎回毎回違った公演になればいいなと思います。

神宮寺 今回のメンバーの中では最年少の方なので、僕たちにしかできない明るい曲を歌ったりとか、僕の持ち前である面白さを使っていけたらいいなと思ってます。

岩橋 神宮寺とドラマに出させてもらってるんで、歌もありつつ、ちょっと芝居チックな感じで公演をやっていきたいです。神宮寺も言ったんですけど、みんな年齢が低いので、フレッシュ感を出したいなと思ってますね。

萩谷 僕はですね、Hey!Say!JUMPの中島裕翔くんがドラムをたたいているのを見てドラムを始めたんです。今高校2年生で、中学2年生のときに始めたんですけど、僕の特技はやっぱりドラムなんですよ。この前の「ジャニーズ・ワールドの感謝祭」では、裕翔くんがスネアドラムでソロをやっていて「カッコいいな」と思ったので、僕もやってみたいなと思って練習しています。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top