「Live House ジャニーズ銀座」制作発表詳報

2013年4月15日 / 00:33

――ご自分がメーンになる意気込みを、あらためて聞かせていただけますか。

中山 メーンでやらせてもらうのはみんな初めてだと思いますし、初めてでゼロから考えてやるのは大変だと思うんですけど、クリエはお客さんとの距離が近くてアットホームな空間になればいいなと思います。お客さんも気軽に見に来られて気軽に入れるのが「ジャニーズ銀座」だと思うので、空間を大事にしながら、自分たちだけの公演をやりたいなと思います。

マリウス さっき神宮寺くんや岩橋くんも言ってたんですけど、フレッシュな、みんなまだ子どもなんで、あっ…。

真田 今、聞き捨てならないセリフが隣から聞こえたんですけど(笑)。

マリウス みんな子どもっぽいので…!

真田 まさか年下から言われるとは…(笑)。

マリウス フレッシュで元気いっぱいで、ファンの方を幸せにしたいっていうのが夢…。夢じゃないですね、意気込みですね。

ジェシー 先輩たちがやったこととは違うものを、611人のお客さまに見せたいなと。毎回毎回やることも、ちょっと反応薄かったら違う日には違う曲を入れてコンサートを盛り上げたいので、一日一日、一公演一公演を大切にして皆さんと楽しみたいです。

松村 自分たちで全てを決めていいという状態で、いい意味でも悪い意味でも自由なんですけど、できるだけいい意味での自由を使いたいです。お客さんとの距離を自分たちから近くにいってもいいとか、お客さんのことを考えた曲とか構成にして、いい意味での自由を使って、いいコンサートにできたらなと思います。

真田 例えばですよ? お客さんがその日なんかイヤなことがあったりしてクリエに来るとするじゃないですか。そういうお客さんも全員、笑顔で帰れる公演にしたいと思うんです。そのためにはどうすればいいか、いろいろ考えたんですよ。確かにバラエティー的なことをやるのも大事だと思うんですけど、まだ何をやるかとかは分からないですけど、その中でもジャニーズの曲はめっちゃ名曲が多いんですよ。“知ってるジャニーズの曲が流れたら、知らずと歌ってる自分”みたいなのがあったので、それはお客さんもそうじゃないかと僕は思って。そこで掛け合いができたらな、とか思っています。

神宮寺 本当にゼロから考えるのは難しくて、何をやるかって考えたときに、僕はまだ15歳なんですけど、明るい曲を歌えばお客さんも明るくなるんじゃないかなって、勝手な僕の思い込みなんですけど。明るい曲を歌っていこうと思って。さっきも言いましたけど、僕の持ち前の明るさでお客さんを明るくして、気軽にクリエに、コンビニ感覚で来られるような…。

一同 えっ(笑)!?

神宮寺 それはちょっと言いすぎましたけど(笑)、そのぐらいの意気込みなんでどうぞよろしくお願いします。コンビニ感覚で!

岩橋 今まで僕たちは先輩のバックにつかせてもらって、そこでいろんなことを学んできたので、それを今回、僕たちが今まで学んできたことをどれだけ…作り出していけるか…(声が細くカラカラに)。

真田 大丈夫(笑)!?

岩橋 すいません(笑)。声が。…そうですね。そうです! 学んでいきたいと思います。これからです、まだまだ。はい!

萩谷 メーンでステージに立つのが初めてですごく不安なところもあるんですけど、絶対このステージを終えた後は、自分でも何か新しいものがつかめるんじゃないかなと思っていて。この公演も大切なんですけど、次にこの経験を生かして何ができるかっていうことを考えながらやりたいと思っています。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top