「Live House ジャニーズ銀座」制作発表詳報

2013年4月15日 / 00:33

 「Live House ジャニーズ銀座」の制作発表が12日、東京都内で行われ、中山優馬(NYC)、マリウス葉(Sexy Zone)、ジェシー、松村北斗、真田佑馬、神宮寺勇太、岩橋玄樹、萩谷慧悟が出席した。記者会見と囲み取材の詳細は以下の通り。

 

(記者会見)

――では順番にお話を伺っていきたいと思います。まずは今回のリーダー的なお立場ということになるでしょう。帝劇の「新春滝沢革命」、青山劇場の「PLAY ZONE」、そして今年の「ジャニーズ・ワールド タッキー編」と、ステージでの経験値はダントツです。NYCの中山優馬さんです。

中山 本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。今回は「ジャニーズ銀座」ということで、今までのコンサートや舞台などとはまた違った魅力が詰まると思っています。今回はグループでやるというものではなく、僕は個人でやらせてもらいますし、マリウスも松島(聡)くんと2人でやったりとか、演出から構成まで、全て自分たちで考えていいとのことで、僕たちにとっても勉強の場になると思いますし、みんなが違うことをしたりとか、個々に全く違う演出のライブになるんじゃないかなと思います。4、5、6月と、僕たち頑張りますので、よろしくお願いします。

――では続きまして弱冠13歳、2011年にCDデビューを果たしたSexy Zoneからマリウス葉さんです。

マリウス クリエに出るのは初めてで、すごい緊張しているんですけど、松島くんとは初めて2人で出るコンサートなので、2人で全力で頑張りたいと思います。クリエはお客さんとの間隔が小さいので、頑張りたいと思います。はいっ!

――ジャニーズJr.の皆さんをご紹介してまいりましょう。人気ドラマ「私立バカレア高校」でおなじみのジェシーさんと松村北斗さんです。

ジェシー クリエは2、3年前にバック(ダンサー)の方で出させてもらったんですけど、今回はメーンということで非常に緊張しておりますが、まあ今も緊張しておりますが、みんなと変わったことをやりたいと思っておりまして。歌って踊ってだけではなく、芝居とか○○コーナーとか、人それぞれ違ったものをやりたいと思っているので、ぜひそこを見てください。

松村 今回は自分たちのやりたいこと、できることをできるということなので、今まで経験させていただいたことをいかに出して、個性を出すかという舞台になると思うので、そこに注目していただけたらなと思います。よろしくお願いします。

――「笑っていいとも!」の”いいとも青年隊”でおなじみ、noon boyzの真田佑馬さんです。

真田 この中で平均身長を上げているのは僕です、20歳なんで。えっとですね、今回の公演は、ファンの皆さまと距離が近いのが僕は一番の魅力だと思うので、ファンの皆さまと一緒に楽しめる公演をつくり上げたいなと思っています。ぜひ皆さん来てください。

――真田さん、”平均身長”とおっしゃいましたが、平均年齢ですよね?

真田 平均年齢ということで。すみません、緊張しているもので(笑)。

――Sexy Boyzの神宮寺勇太さん。春の新ドラマ「幽かな彼女」に出演中です。

神宮寺 去年のクリエは、A.B.C-Zさんと一緒にやらせていただいたんですけど、A.B.C-Zさんに学んだことを生かして、このクリエを、僕たちメーンとしてやらせていただくので、ぜひ見に来てください。

――同じく「幽かな彼女」に出演中、Sexy Boyzの岩橋玄樹さんです。

岩橋 今まで僕たちSexy Boyzは大人数で曲だったりいろんなことをしていたんですけど、今回は僕たちがメーンということなので、一人一人いろんな個性を出して。自分たちの見せ場があるということにとても緊張しているんですけど、そこをなんとか、頑張りたいと思います。

――ドラマ「BAD BOYS J」に出演中、「ジャニーズ・ワールドの感謝祭」ではドラムパフォーマンスが光っていました。萩谷慧悟さんです。

萩谷 僕は今までは先輩方のバックに立たせてもらうことが多くて、与えられた仕事をきっちりこなすということをやってきたんですけど、今回は自分たちでコンサートをつくるということで、つくる側の大変さというか難しさというかが理解できて、すごい勉強になっています。1回打ち合わせをさせていただいたんですけど、それだけでもすごい大変なことが分かったので、これからもどんどん頑張って成長していきたいと思います。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「ハルシオン・デイズ2020」南沢奈央「こういった時代だからこそエンタメで心を癒やしてもらえたら」

舞台・ミュージカル2020年10月30日

 演出家・鴻上尚史による定期公演の第18弾「ハルシオン・デイズ2020」が、10月31日から開幕する。本作は、絶望と救済、希望をテーマに、Twitterの「#自殺」で出会った4人の登場人物たちの物語。柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝が出 … 続きを読む

【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

映画2020年10月30日

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

page top