「Live House ジャニーズ銀座」制作発表詳報

2013年4月15日 / 00:33

 「Live House ジャニーズ銀座」の制作発表が12日、東京都内で行われ、中山優馬(NYC)、マリウス葉(Sexy Zone)、ジェシー、松村北斗、真田佑馬、神宮寺勇太、岩橋玄樹、萩谷慧悟が出席した。記者会見と囲み取材の詳細は以下の通り。

 

(記者会見)

――では順番にお話を伺っていきたいと思います。まずは今回のリーダー的なお立場ということになるでしょう。帝劇の「新春滝沢革命」、青山劇場の「PLAY ZONE」、そして今年の「ジャニーズ・ワールド タッキー編」と、ステージでの経験値はダントツです。NYCの中山優馬さんです。

中山 本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。今回は「ジャニーズ銀座」ということで、今までのコンサートや舞台などとはまた違った魅力が詰まると思っています。今回はグループでやるというものではなく、僕は個人でやらせてもらいますし、マリウスも松島(聡)くんと2人でやったりとか、演出から構成まで、全て自分たちで考えていいとのことで、僕たちにとっても勉強の場になると思いますし、みんなが違うことをしたりとか、個々に全く違う演出のライブになるんじゃないかなと思います。4、5、6月と、僕たち頑張りますので、よろしくお願いします。

――では続きまして弱冠13歳、2011年にCDデビューを果たしたSexy Zoneからマリウス葉さんです。

マリウス クリエに出るのは初めてで、すごい緊張しているんですけど、松島くんとは初めて2人で出るコンサートなので、2人で全力で頑張りたいと思います。クリエはお客さんとの間隔が小さいので、頑張りたいと思います。はいっ!

――ジャニーズJr.の皆さんをご紹介してまいりましょう。人気ドラマ「私立バカレア高校」でおなじみのジェシーさんと松村北斗さんです。

ジェシー クリエは2、3年前にバック(ダンサー)の方で出させてもらったんですけど、今回はメーンということで非常に緊張しておりますが、まあ今も緊張しておりますが、みんなと変わったことをやりたいと思っておりまして。歌って踊ってだけではなく、芝居とか○○コーナーとか、人それぞれ違ったものをやりたいと思っているので、ぜひそこを見てください。

松村 今回は自分たちのやりたいこと、できることをできるということなので、今まで経験させていただいたことをいかに出して、個性を出すかという舞台になると思うので、そこに注目していただけたらなと思います。よろしくお願いします。

――「笑っていいとも!」の”いいとも青年隊”でおなじみ、noon boyzの真田佑馬さんです。

真田 この中で平均身長を上げているのは僕です、20歳なんで。えっとですね、今回の公演は、ファンの皆さまと距離が近いのが僕は一番の魅力だと思うので、ファンの皆さまと一緒に楽しめる公演をつくり上げたいなと思っています。ぜひ皆さん来てください。

――真田さん、”平均身長”とおっしゃいましたが、平均年齢ですよね?

真田 平均年齢ということで。すみません、緊張しているもので(笑)。

――Sexy Boyzの神宮寺勇太さん。春の新ドラマ「幽かな彼女」に出演中です。

神宮寺 去年のクリエは、A.B.C-Zさんと一緒にやらせていただいたんですけど、A.B.C-Zさんに学んだことを生かして、このクリエを、僕たちメーンとしてやらせていただくので、ぜひ見に来てください。

――同じく「幽かな彼女」に出演中、Sexy Boyzの岩橋玄樹さんです。

岩橋 今まで僕たちSexy Boyzは大人数で曲だったりいろんなことをしていたんですけど、今回は僕たちがメーンということなので、一人一人いろんな個性を出して。自分たちの見せ場があるということにとても緊張しているんですけど、そこをなんとか、頑張りたいと思います。

――ドラマ「BAD BOYS J」に出演中、「ジャニーズ・ワールドの感謝祭」ではドラムパフォーマンスが光っていました。萩谷慧悟さんです。

萩谷 僕は今までは先輩方のバックに立たせてもらうことが多くて、与えられた仕事をきっちりこなすということをやってきたんですけど、今回は自分たちでコンサートをつくるということで、つくる側の大変さというか難しさというかが理解できて、すごい勉強になっています。1回打ち合わせをさせていただいたんですけど、それだけでもすごい大変なことが分かったので、これからもどんどん頑張って成長していきたいと思います。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

【映画コラム】本当にこれで終わりなのか?『ターミネーター:ニュー・フェイト』

映画2019年11月11日

 『ターミネーター2』(91)から28年後に作られた正統な続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』が公開された。ジェームズ・キャメロンが製作に復帰し、監督は『デッドプール』(16)のティム・ミラーが務めた。  サラ・コナー(リンダ・ハミルト … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top