「Live House ジャニーズ銀座」制作発表詳報

2013年4月15日 / 00:33

――皆さんそれぞれ、尊敬する先輩は?

中山 僕の尊敬している先輩はマッチ(近藤真彦)さんです。もちろんお仕事上でもそうなんですけど、一度ドラマで共演させていただいたことがあって、すごく優しくて。僕はそのとき15歳で戸惑っていることもあったんですけど、優しく教えていただいて、マッチさんの背中を見てこれからもやっていきたいなと思った瞬間だったので。人間として尊敬していますね。それからずっと尊敬する先輩はマッチさんです。

マリウス Kis-My-Ft2の藤ヶ谷(太輔)くんなんですけど、どういうところが好きっていうと、マイペース…。

会場 (笑)。

マリウス ちょっとだけマイペースなところがあって、あとはすごい優しいところ。いつもアドバイスとかくれてて。デビュー前にもメールして、「デビューってどういう感じなんですか」って聞いたら、「幸せな、大変だけど楽しい世界だよ」って言われてすごい元気になって、力をもらいました。そういうところも尊敬できる先輩ですね。

――実際にデビューなさったとき、アドバイス通りでしたか?

マリウス もちろん! そのままでした。

ジェシー 最初、尊敬する先輩は誰かと聞かれたときに、仲のいい先輩が尊敬する先輩なのかなと思ってたんですよ。06年の10月に代々木体育館でジャニーズJr.で運動会をしたときに、中丸(雄一)くんが司会で、僕はそのときジャニーズに入りたてで先輩も何も分からずに、中丸くんが寝てるのにもかかわらず「鬼ごっこしよう!」とか言ってて。そしたら遊んでくれたんですね。それで次の雑誌の取材で、「尊敬される先輩は誰?」って聞かれて、”遊んでくれた先輩は中丸くん”っていうのが頭にあったので「中丸くん」って言ってたんですけど、やっぱり尊敬って…。

会場 (笑)。

ジェシー いや、中丸くんもすごい優しい人なんですけど、やっぱり仕事上では剛くんが…。

中山 中丸くん見てたらどうすんねん?

ジェシー 中丸くんも尊敬してます(笑)! 中丸くんは本当、好きですけどね。剛くんは最初にKinKi KidsさんのコンサートをDVDで見たときに、むっとした感じだけど気持ちよく歌っていて怖い人なのかなと思ったんですけど、MCになったら大爆笑したので、ギャップがあって。僕も気持ちよく歌ったあとにMCで面白いこと言えたらいいなと思いまして、剛くんを尊敬しています。

松村 僕は山下智久くんです。これは事務所に入る前に山下くんの出ているドラマを見たときに、オーラに完全に圧倒されてしまって。その後、カッコいい人だなと思って調べていく間に、こんなふうにいろんな表情を出せて、それによって人を幸せにしたり楽しくできたりする人になれたらいいなと思って。事務所に入るきっかけになった先輩なので、憧れ以上の大きな…なんて言うんでしょうか? 尊敬以上の思いがあります。

――実際に会ったときの印象は?

松村 実際に会ったときは少し話をさせていただいたんですけど、自分のJr.だったころの話もしていただいて。短い間でしたけど勉強になることを教えていただいて、すごくありがたかったですね。

真田 僕は「笑っていいとも!」でSMAPさんと共演させてもらっていまして、尊敬する先輩もSMAPさんなんですけど。この間、草なぎ(剛)さんの舞台を見に行かせてもらって、フィナーレで、隣に人がいたにもかかわらず号泣してしまったんですよ。それが恥ずかしかったんですけど、帰るときに「なんだろう、このすっきりした感じ」と思ったら、「これが人に感動を与えることなんだな」って。こうやって感動を与えることができるようになりたいなって、そっちの気持ちに変わったんですね。僕も、いろんな先輩方のように人に感動を与えられる人になれたらいいなと思います。

神宮寺 僕はSMAPの木村拓哉さんを尊敬しています。CM、バラエティー、ドラマを見ているうちにどんどん木村くんが好きになってしまって。僕から見てカリスマ性がすごいある人だなと思っていて。そんな人に、2年前の「SMAP×SMAP」の”ジャニーズJr.100人集合”の企画で、最後になんでも質問していいよって言われたので、僕は入ったばかりだったけど勇気をふりしぼって手を挙げて「木村拓哉さん、ギターを教えてください!」って、意味が分からないことを言ったんです。そしたら収録の終了後に、スタッフさんから「神宮寺、ちょっと来い」って言われて。「俺、何かヤバイことしたのかな」って思って楽屋に行ったら木村さんがいて、ギターを教えてくれて。そこからまた、木村拓哉さんが本当に大好きになって、今でも木村さんLOVEです。ありがとうございました!

岩橋 今年の1月まで帝国劇場で「ジャニーズ・ワールド」という舞台に出させてもらってたんですけど、 そこでA.B.C-Zさんに教わったことがあって。僕、舞台が初めてだったんですよ。それで何も分からなかったんですけど、一から舞台の基本だったり、いろんなことを教わって。それで千秋楽に、僕1人でA.B.C-Zさんの楽屋に行って皆さんにあいさつしたんです。「今までありがとうございました」って。で、千秋楽も無事終わって帰り道に、今までに教わったことが頭をよぎって、1人で号泣して帰ったっていう思い出がありまして。そこからずっとA.B.C-Zさんが憧れの先輩です。

萩谷 僕もSMAPの木村拓哉さんを大尊敬していて。僕が物心ついたときにはもう木村さんのことがすごい好きになっていて、幼稚園の年中組ぐらいのときに、幼稚園のすべり台の上で、積木を片手に持って「らいおんハート」を熱唱してたんですよ。それぐらいちっちゃいころから好きで、ジャニーズ事務所に入ったきっかけでもあるし。雲の上の存在というか、すごい尊敬しています。DVDでコンサートをずっと見て、動きも全部マネしてたんですよ。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】複雑なクライムサスペンスを見事に99分でまとめた『サイレント・トーキョー』

映画2020年12月4日

 「アンフェア」シリーズの脚本などで知られる秦建日子が、ジョン・レノンの「Happy X-mas (War Is Over)」に影響を受けて執筆した小説を映画化した『サイレント・トーキョー』が公開された。  クリスマス間近の東京・恵比寿のシ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「パタリロ!」最新作、加藤諒が語る“はまり役”パタリロへの思い「ずっと演じ続けられる役に出会えた」

舞台・ミュージカル2020年12月4日

 加藤諒が主演する、舞台「パタリロ!」~霧のロンドンエアポート~が、2021年1月21日から上演される。本作は、16年に初演、18年に第2弾「スターダスト計画」が上演され、19年には劇場版が上映された、人気シリーズの最新作。パタリロ以外のキ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎スペシャル」井上真央(車光子)「このドラマには、相手を思うことの大切さが込められています」

ドラマ2020年12月3日

 最愛の妹さくらに見送られて葛飾・柴又を旅立った寅次郎(井上優吏)が1年ぶりに柴又に帰ってくるが…。昨年放送されたドラマ「少年寅次郎」のスペシャル版である「少年寅次郎スペシャル」が、12月4日と11日の午後10時からNHK総合で放送される。 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

page top