阿部サダヲ」に関連する55件の記事

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並行して、若き日・・・続きを読む

舘ひろし「昔から芝居には自信がなかった」 ブルーリボン賞主演男優賞、“娘”新垣も祝福

TOPICS2019年2月7日

 在京スポーツ紙7社が主催する「第61回 ブルーリボン賞授賞式」が6日、東京都内で行われ、主演男優賞に、映画『終わった人』で定年退職後の熟年男性を演じた舘ひろしが選ばれた。  ステージで舘は、「昔から本当に芝居には自信がなくて。こんな素晴らしい賞を本当に・・・続きを読む

「テーマ曲は、1964年の東京オリンピックの会場に、たくさんの人が集まって、盛り上がっている雰囲気を意識しました」大友良英(音楽)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年2月1日

 放送開始から早くも1カ月近くが経過した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。躍動感あふれる物語を彩る音楽も耳になじんできた頃ではないだろうか。本作の音楽を担当するのは、連続テレビ小説「あまちゃん」(13)でも脚本家・宮藤官九郎とコンビを・・・続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父」嘉納治五郎だ・・・続きを読む

「日本人はこんなにピュアな気持ちでオリンピックに取り組んでいたんだと気付かされました」宮藤官九郎(脚本家)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年1月2日

 1月6日(日)から始まる大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。日本が初参加した1912年のストックホルムから64年の東京まで、激動の半世紀のオリンピックと日本人の歴史を笑いと涙でつづる物語だ。脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「あまちゃん」・・・続きを読む

「この作品でスポーツの見方が変わった」中村勘九郎(金栗四三)「個性的だけど憎めない主人公2人を気に入ってもらえたら」阿部サダヲ(田畑政治)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

インタビュー2019年1月1日

 1月6日(日)から始まる大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。脚本を連続テレビ小説「あまちゃん」(13)の宮藤官九郎が手掛け、日本が初参加した1912年のストックホルムから64年の東京まで、激動の半世紀の中にオリンピックと日本人の歴史を笑いと・・・続きを読む

大河主演・中村勘九郎、第1話は“せりふなし” 演じる金栗四三は「真っすぐで純粋な人」

TOPICS2018年12月14日

 2019年大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第1回完成試写会が14日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲが出席した。  本作は、日本が初参加し、大惨敗を喫した1912年のストックホルムオリンピックから64年の東京オリ・・・続きを読む

鈴木亮平、息切れ時は「母校の大学で初心に…」 勘九郎&阿部サダヲに大河主演をバトンタッチ

TOPICS2018年12月5日

 NHK大河ドラマ・バトンタッチセレモニーが5日、都内の同局で行われ、今月最終回を迎える第57作「西郷どん」で主演した鈴木亮平と、来年1月放送開始の第58作「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」でW主演する中村勘九郎と阿部サダヲが出席した。  「い・・・続きを読む

阿部サダヲ、友人の母親の言葉に感謝? 「30歳ぐらいになったら売れるよ」

TOPICS2018年10月13日

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開記念舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司と三木聡監督が登壇した。  本作は、声が小さいことに悩むストリートミュージシャ・・・続きを読む

吉岡里帆「人が多くて笑っちゃいますね」 阿部サダヲ、千葉雄大と共に渋谷に登場

TOPICS2018年10月1日

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開トークイベントが1日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大が出席。映画の応援隊長として、お笑いコンビ・アルコ&ピース(酒井健太、平子祐希)も登場した。  本作は“・・・続きを読む

阿部サダヲ×吉岡里帆、映画『音量を上げろタコ!』主題歌のデュエット版MV公開 作詞作曲はあいみょん

音楽ニュース2018年9月19日

 10月12日公開の映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』より、阿部サダヲが演じる“シン”と吉岡里帆が演じる“ふうか”のデュエット曲「体の芯からまだ燃えているんだ」のミュージック・ビデオがGYAO!にて独占配信された。  『俺俺』や『時効警・・・続きを読む

爆音ロック・コメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』完成披露試写会に15組30名様ご招待

音楽ニュース2018年8月9日

 『時効警察』シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が2018年10月12日より公開される。  本作で4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつロックスター・シンを演じるのは、映画『舞妓Haaaan・・・続きを読む

「登場人物には、私の好きなタイプの男性をずらりと並べました(笑)」森下佳子(脚本)後編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年12月12日

 間もなくフィナーレを迎えるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。1年間、ドラマを楽しんできた視聴者には、気になることもたくさんあったのではないだろうか。17日の最終回の放送を前に、全50回の脚本を手掛けた森下佳子氏が、視聴者の反応や直虎を巡る男たち、出・・・続きを読む

【芸能コラム】直虎と氏真 今を生きる人々の胸に響く敗者たちの生きざま 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年12月9日

 12月に入り、いよいよ最終回が近づいてきたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。いよいよ次回、明智光秀(光石研)が本能寺の変を起こすなど、ここにきて風雲急を告げる事態となっている。万千代(菅田将暉)と共に徳川家の繁栄を目指して動き始めた直虎(柴咲コウ・・・続きを読む

「この1年を振り返ると、そんなにたっていた?という感じです」柴咲コウ(井伊直虎)4【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年11月6日

 波乱の人生を歩む直虎(柴咲コウ)を幼い頃から見守ってきた母・祐椿尼(財前直見)が、井伊谷の人々に見守られながらこの世を去った。若い万千代(菅田将暉)や万福(井之脇海)が徳川家康(阿部サダヲ)の下で活躍する一方、これまで直虎を支えてきた人物が1人また1人・・・続きを読む

【インタビュー】『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ「したこともないし、これからもしないだろう、共感しない恋」

インタビュー2017年10月27日

 出てくるのはゲスばっかり!? “共感度ゼロの最低な女と男たち”が繰り広げる沼田まほかる氏の人気ミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が映画化され、10月28日(土)から公開される。蒼井優演じる十和子は、同居する陣治の稼ぎを当てにして自堕落な生活を送・・・続きを読む

蒼井優「ほどほどの顔で女優をしている」 「こういう顔って芸能界にいそうでいない」

TOPICS2017年10月17日

 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の公開記念トークイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、特別ゲストとして原作者・沼田まほかる氏の大ファンを公言する光浦靖子が登壇した。  本作は、沼田氏の人気ミステリー小説を映画・・・続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、かつて一向一揆に加・・・続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直虎と万千代の関係・・・続きを読む

【芸能コラム】この秋、“コンビ”で輝く菅田将暉に注目! 『あゝ、荒野 前篇/後篇』「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年10月7日

 今や数々の作品に引っ張りだこで、人気、実力ともに若手俳優の筆頭格となった菅田将暉。その勢いはまったく衰えることなく、現在も二つの作品に出演している。そのキーワードは、“コンビ”だ。  7日に前篇が公開となった『あゝ、荒野』二部作(後篇は21日公開)で菅・・・続きを読む

page top