菅田将暉」に関連する182件の記事

「希望にあふれ、明日に向けて軽やかな気持ちになれる最終回に」岡本幸江(制作統括)前編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年12月16日

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」がいよいよ今週、最終回を迎える。過酷な運命に立ち向かい、戦乱の世を、知恵と勇気で生き抜いた主人公・井伊直虎(柴咲コウ)に魅了され、近づく別れを惜しんでいる視聴者も多いことだろう。そこで今回は、本作の企画から携わり、制・・・続きを読む

「登場人物には、私の好きなタイプの男性をずらりと並べました(笑)」森下佳子(脚本)後編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年12月12日

 間もなくフィナーレを迎えるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。1年間、ドラマを楽しんできた視聴者には、気になることもたくさんあったのではないだろうか。17日の最終回の放送を前に、全50回の脚本を手掛けた森下佳子氏が、視聴者の反応や直虎を巡る男たち、出・・・続きを読む

菅田将暉、井伊家ゆかりの地・彦根でファンと交流 「直虎の話を一緒にできて楽しかった」

TOPICS2017年12月11日

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第49回のパブリックビューイングが10日、井伊家由縁の地・滋賀県彦根市の清凉寺で行なわれ、サプライズゲストとして井伊万千代(直政)役で出演中の菅田将暉が登壇し、詰めかけた観客の前でトークショーを繰り広げた後、取材に・・・続きを読む

【芸能コラム】直虎と氏真 今を生きる人々の胸に響く敗者たちの生きざま 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年12月9日

 12月に入り、いよいよ最終回が近づいてきたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。いよいよ次回、明智光秀(光石研)が本能寺の変を起こすなど、ここにきて風雲急を告げる事態となっている。万千代(菅田将暉)と共に徳川家の繁栄を目指して動き始めた直虎(柴咲コウ・・・続きを読む

菅田将暉&桐谷健太、ムチャぶりにも『火花』主題歌を生披露  目指すは『君の名は。』級の大ヒット!?

TOPICS2017年12月1日

 映画『火花』の大ヒット御礼舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の菅田将暉と桐谷健太が登壇した。  公開から7日間で観客動員25万人、興行収入3億3000万円を突破。客席には既に6回も見たという女性もおり、菅田は「(監督の)板尾創路さんより見てい・・・続きを読む

「菅田さんとは、本当に万千代と万福のようないい関係になっています」井之脇海(小野万福)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年11月26日

 草履番から小姓へ、さらに知行一万石を賜るなど、井伊家再興を目指して徳川家の中で着々と出世していく万千代(菅田将暉)。その万千代が虎松と呼ばれた幼少の頃から共に井伊谷で育ち、今もそばに付き従うのが、亡き小野政次(高橋一生)のおい・亥之助こと小野万福だ。演・・・続きを読む

菅田将暉「メモリアルな日々でした」 “漫才師”として生きた『火花』を振り返る

TOPICS2017年11月23日

 映画『火花』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が登壇した。  又吉の芥川賞受賞作を映画化した本作は、売れない若手芸人が一旗揚げようと奮闘する・・・続きを読む

菅田将暉「今後組むことはない」 “相方”川谷修士「寂しいやん」

TOPICS2017年11月21日

 映画『火花』の“火花”散る特別試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、三浦誠己、川谷修士(2丁拳銃)が登壇した。  本作は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の芥川賞受賞小説を映画化。売れない若手芸人が一旗揚げようと奮闘する青春物語で・・・続きを読む

【芸能コラム】クライマックス目前!深みを増した俳優たちの演技に注目! 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年11月6日

 11月に入り、いよいよ終盤が近づいてきた「おんな城主 直虎」。全国の視聴者は、徐々に近づく井伊谷の人々との別れを惜しみつつ、物語を楽しんでいるところではないだろうか。だが、開始から10カ月を経過したドラマには、また新たな見どころも生まれている。それは、・・・続きを読む

「この1年を振り返ると、そんなにたっていた?という感じです」柴咲コウ(井伊直虎)4【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年11月6日

 波乱の人生を歩む直虎(柴咲コウ)を幼い頃から見守ってきた母・祐椿尼(財前直見)が、井伊谷の人々に見守られながらこの世を去った。若い万千代(菅田将暉)や万福(井之脇海)が徳川家康(阿部サダヲ)の下で活躍する一方、これまで直虎を支えてきた人物が1人また1人・・・続きを読む

「長い間ため込んだ貯金を散財するような気持ちで演じています」和田正人(松下常慶)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年10月29日

 かつて山伏の姿で諸国を行脚し、井伊家にさまざまな情報をもたらしてきた松下常慶。井伊家が絶えた後、幼い虎松(寺田心・後の万千代)を養子に迎えた松下源太郎(古舘寛治)の弟であり、今では直虎(柴咲コウ)と共に、徳川家に仕える万千代(菅田将暉)を支える存在とな・・・続きを読む

菅田将暉「校閲ボーイじゃなく高熱ボーイでした」 山田裕貴から「人を超えたね」と言われた

TOPICS2017年10月21日

 映画『あゝ、荒野』後篇の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、主演の菅田将暉、岸善幸監督、主題歌「今夜」を手掛けたBRAHMANのTOSHI-LOWが登壇した。  寺山修司の唯一の長編小説を2部作で映画化した本作。プロボクサーとしてのし上がってい・・・続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、かつて一向一揆に加・・・続きを読む

米津玄師と菅田将暉が“同世代”初タッグ 新曲MVが公開 「菅田くんでなければ成立しない」

TOPICS2017年10月12日

 シンガーソングライターの米津玄師による新アルバム『BOOTLEG』の収録曲「灰色と青(+菅田将暉)」で、俳優の菅田将暉との初タッグが実現した。10日に東京都内で開かれた同アルバムのプレミアム全曲最速先行試聴会で明らかにされたもの。この試聴会では、抽選で選ばれた・・・続きを読む

米津玄師、菅田将暉と同世代タッグが実現したMVを公開

音楽ニュース2017年10月11日

米津玄師のニューアルバム『BOOTLEG』プレミアム全曲先行試聴会にて、会場を興奮の渦に包み込んだ楽曲「灰色と青(+菅田将暉)」のMVが公開となった。同楽曲は、幼少時代を共にした友人同士が大人になりすれ違う日々の中で、離れていても奇跡的に重なる瞬間が描かれたもの。・・・続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直虎と万千代の関係・・・続きを読む

菅田将暉、ヤン・イクチュンからの“愛の告白”に笑顔 「事務所を通じて皆さんに報告できれば」

TOPICS2017年10月7日

 映画『あゝ、荒野 前篇』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、山田裕貴、木村多江、高橋和也、ユースケ・サンタマリア、岸善幸監督が登壇した。  本作は、寺山修司が遺した唯一の長編小説『あゝ、荒野』の舞・・・続きを読む

【映画コラム】果たして前後篇にする必要があったのか…『あゝ、荒野』前篇

ほぼ週刊映画コラム2017年10月7日

 寺山修司の長編小説の舞台を、1960年代後半の新宿から2021年に移して映画化した『あゝ、荒野』 前篇が公開された。(後篇は21日公開)。  共に孤独な日々を送る新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が出会い、プロボクサーの新宿新次とバリカン建二となって固・・・続きを読む

【芸能コラム】この秋、“コンビ”で輝く菅田将暉に注目! 『あゝ、荒野 前篇/後篇』「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年10月7日

 今や数々の作品に引っ張りだこで、人気、実力ともに若手俳優の筆頭格となった菅田将暉。その勢いはまったく衰えることなく、現在も二つの作品に出演している。そのキーワードは、“コンビ”だ。  7日に前篇が公開となった『あゝ、荒野』二部作(後篇は21日公開)で菅・・・続きを読む

【インタビュー】『あゝ、荒野 前篇/後篇』菅田将暉「ヤンさんの芸術的感性に驚き、感動しました」ヤン・イクチュン「菅田さんはどんな時も自分を投げ出せる人」

インタビュー2017年10月6日

 2021年、新宿。かつて自分を裏切った仲間への復讐(ふくしゅう)を誓う新次と、吃音(きつおん)と赤面対人恐怖症に悩みながら理髪店で働く青年“バリカン”こと建二は、元ボクサーの堀口(ユースケ・サンタマリア)に誘われ、ボクシングを始める。共に競い合いながら実力を・・・続きを読む

page top