「ミステリと言う勿れ」“牛田”小日向文世の演技に称賛の声 「ゾッとした…!」「さすがのお芝居」

2022年2月8日 / 06:55

菅田将暉(左)と小日向文世 (C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第5話が、7日に放送された。

 本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 大学生の久能整(菅田)は、爆弾魔事件を見事に解決へと導いたものの、事件直後に頭を打った。外傷は無かったが、念のため、大隣総合病院に検査入院する。

 入院費は警察が持つことになり、大隣署刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)は、手続きのために病院へ向かう。

 そんな中、整の病室に、宛名と依頼主が自分の名前という小荷物が届く。箱を開けてみると、中にはドライフラワーと手紙が入っており、整は手紙の文章から、送り主がバスジャック事件の犯人だった犬堂我路(永山瑛太)だと気付く。

 警戒しながら箱を改めると、そこには指輪が入っていた。偶然居合わせた風呂光は、女性からの贈り物だと勘違いし、動揺して帰ってしまう。

 その夜、整は、隣のベッドから突然声を掛けられる。そこには、牛田悟郎(小日向文世)という老人が座っていた。定年退職した刑事だという牛田は、相棒の霜島信次(相島一之)と担当した事件について話し出す。

 放送終了後、SNS上には、「毎話、映画を1本見たような満足感がある」「主人公がほとんどベッドの上に座っていて、場面転換もすごく少ない回だったのに、今までで1番ぞくぞくした」などの感想が投稿された。

 また、小日向の演技にも注目が集まり、「小日向さん、本当にすてきなお芝居をする。今回も引き込まれた」「小日向さんゾッとした…!」「さすがのお芝居」といった称賛の声も集まった。

 物語のラストには、原作でも人気の高い謎の女性ライカ(門脇麦)が登場。「『わたしはライカ』って言ったときの麦ちゃんの声がきれい過ぎて息が止まった」「出てきたときの雰囲気がいい意味で二次元感があった。そして、しゃべり出したらやっぱりよかった」といったコメントが寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top