【インタビュー】映画『キネマの神様』永野芽郁「最初から最後まで、何て温かい映画なんだろうと思います」

2021年8月3日 / 07:20

 ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放された駄目おやじ。そんなゴウにも、たった一つ愛してやまないものがあった。それは映画。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて撮影所で働く仲間だった…。原田マハの小説を山田洋次監督が映画化した『キネマの神様』が8月6日(金)から全国公開される。本作で若き日の淑子を演じた永野芽郁が、映画への思いや、山田監督について語った。

淑子役の永野芽郁

-この映画に出演して、映画作りに対する思いに変化はありましたか。

 ありました。山田監督はワンカットをとても丁寧に撮られるので、本番に行くまでに結構時間が掛かります。そのときに、監督が、何回も「ここはこういうふうにしてみようか」と、とても的確で、私にも分かりやすい言葉で説明してくださったことも、自分にとってはすごく大事なことだと思いましたし、一つ一つのカットに懸ける思いが、これだけ大きくて熱くて…というのを目の当たりにしたときに、「一本の映画を作るときにはこれだけの熱量が必要なんだ」と思いました。もちろん、どの映画でも皆さんが熱い思いを懸けて作っていますけど、今回は、また違う体験をしたと思います。

-山田組の印象は、いかがでしたか。

 プロフェッショナルの集まり、という感じでした。どの部署の方も、すごく丁寧に、的確にお仕事をされていて、歴史を感じました。会話をしていなくても、監督が指示を出さなくても、それぞれの部署の方が何かを感じ取って動いていくんだろうなあ、今までも、こうして大きな作品を作ってきたんだろうなあ、と思いました。でも、いつもピリピリしているわけではなくて、常に穏やかな雰囲気があって、それは監督が持ってらっしゃるパワーからくるのかなと思いました。

-演じた淑子という役についてどう思いましたか。また、ダブルキャストの宮本信子さんのことも踏まえて、どのようにアプローチをしていきましたか。

 クランクインのときに、監督から「跳ねるような明るさでいてほしい」と言われました。なので、アップするまで、どのシーンも、心の中のリズムは、ずっと弾ける感じで言葉を発したり、お芝居ができたらいいなと考えていました。宮本さんとは本読みのときに初めてお会いしましたが、監督が「何か2人は似ているね」とおっしゃってくださったので、少しでも宮本さんの表情やしぐさをまねすることができればと思いました。それで、宮本さんがされていた手元を握られる動作? 動き?を、淑子が若いときから現在に至るまでずっとやっているしぐさ、ということにしてみました。あとは、朝、監督が必ず「おはよう。今日は元気? 体調はどうですか」と聞いてくださったので、監督と少しずつお話することが増えていくうれしさが確実に画面に出ていると思います(笑)。

-永野さんから見れば、”おじいちゃんたちの青春時代”を演じたことになりますが、あの時代をどう感じましたか。

 人と人との距離がとても近いと思いました。淑子が働いている食堂に、撮影を終えた皆さんがご飯を食べにくるシーンも、全く違う組の人同士が一緒に食べていたりして、現代と比べると、皆で一緒に生きているという感じが伝わってきて、温かいなと思いました。監督が若いときの撮影所の話をたくさんしてくださったので、できる限り、自分もそこに寄りたいと思って演じていました。同じ撮影所でも、今とは全く違うものだと思いました。

-淑子と同じ時代を生きる人物を演じた菅田将暉さんと野田洋次郎さんの印象は?

 菅田さんとご一緒するのは三度目なので、絶対的な安心感がありました。毎回、菅田さん自身は全く変わらないのに、役として全く違う姿を見せていただけるのがとても楽しみで、今回も、ゴウちゃんとして、現場で会ったときは、すごくうれしかったです。野田さんとは、初めましてだったのですが、どこか俯瞰でものを見ているような感じでお話されるところが、テラシンさんと通じるところがあって、声も透き通るような優しい声で…。現場で、違うお二人を見ながら、ゴウちゃんとテラシンさんと淑子っていい組み合わせだなと思いました。やっていて面白かったです。

-淡い三角関係のようなところもあり、淑子はゴウを選びますが、永野さんならどちらを選びますか。

 私自身も、きっとゴウちゃんを選びます。ただ、幸せになれるのはテラシンさんの方だと思います。多分、見ている人のほぼ全員が同じ意見だと思います(笑)。女性は結構そうなるような気がします。分かっているのに、何でゴウちゃんの方に行っちゃうんでしょうね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「ボブの歌に込められたメッセージと愛を感じてほしいと思います」『ボブ・マーリー:ONE LOVE』レイナルド・マーカス・グリーン監督【インタビュー】

映画2024年5月21日

 ジャマイカが生んだ伝説のレゲエミュージシャン、ボブ・マーリーの波瀾(はらん)万丈な生涯を映画化した『ボブ・マーリー:ONE LOVE』が、5月17日から全国公開された。本作のプロモーションのために来日したレイナルド・マーカス・グリーン監督 … 続きを読む

上白石萌歌&森田想&加藤拓也監督「8人の個人的なお話を楽しんでもらえたら」 ドラマ「滅相も無い」【インタビュー】

ドラマ2024年5月21日

 突如7つの巨大な“穴”が現れた日本を舞台に、穴に入るか悩む8人の男女が会合に参加し、お互いの人生を語り合うドラマ「滅相も無い」(MBS/TBSドラマイズム)が放送中だ。本作はドラマ「きれいのくに」(2021年)や映画『ほつれる』(2023 … 続きを読む

松本穂香&犬飼貴丈&関口メンディー ドラマ「95」主演の高橋海人は「唯一無二の魅力的な人」【インタビュー】

ドラマ2024年5月20日

 高橋海人が主演するドラマ「95」がテレ東系で放送中だ。早見和真氏の青春小説が原作の本作は、大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱き青春群像劇。  本作で高橋が演じる … 続きを読む

市村優汰、憧れは父・市村正親のような俳優 「プリンス・オブ・マーメイド」で舞台初主演に「死ぬ気で頑張る」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月19日

 俳優・市村正親の長男で、ミュージカル「オリバー!」で本格俳優デビューを果たした市村優汰が、8月8日から上演される海の音楽劇「プリンス・オブ・マーメイド~海と人がともに生きる~」で舞台初主演を果たす。市村が演じるのは、人魚の王子タリク役。石 … 続きを読む

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

Willfriends

page top