「ミステリと言う勿れ」“整”菅田将暉によって連続殺人事件の犯人が判明 「怪しいと思っていたけど、異常者だったなんて」「怖かった」

2022年1月25日 / 08:06

永山瑛太(左)と菅田将暉 (C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

 菅田将暉が主演するドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第3話が、24日に放送された。

 本作は、天然パーマがトレードマークの主人公が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 バスジャックに遭った、大学生の久能整(菅田)らの乗客たちは、なぜか犯人の犬堂ガロ(久保田悠来)とオトヤ(阿部亮平)兄弟の家に連れて行かれた。

 一方、いち早く事件に気付いた刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)と青砥成昭(筒井道隆)、池本優人(尾上松也)たちは、整のもとへと急ぐ。

 その頃、犯人に促された乗客たちによる“これまでに自分が犯した一番重い罪”の告白が続いていた。

 露木リラ(ヒコロヒー)、柏めぐみ(佐津川愛美)、淡路一平(森永悠希)の次に話し出した奈良崎幸仁(金田明夫)は、部下に自殺された過去を明かす。話を聞いた整は、リラたちと同様に、言葉で奈良崎の心を癒やしていった。

 続いて、乗客の1人の熊田翔(永山瑛太)は、運転手の煙草森誠(森下能幸)にも罪の告白を要求。

 驚く煙草森だったが、幼い頃、親が飼っていた金魚をうっかり死なせてしまい、思わず隠してしまったことを話す。そのとき、SATを先頭に風呂光たちが飛び込んできた。

 放送終了後、SNS上には、「社会風刺とギャグと整くんのかわいさのバランスが絶妙。見ていて飽きない 」「見応えがあった」といった感想が寄せられた。

 また、犬堂兄弟は、妹の愛珠(白石麻衣)が連続殺人事件の最初の被害者であり、その犯人がバスの乗客にいると考えて事件を起こしたことが明らかになった。

 さらに、整が連続殺人事件の犯人を暴き、犯行動機が判明すると、ネットには「怪しいと思っていたけど、異常者だったなんて…。怖い」「実写だとさらにヤバい。整くんに指摘されて喜々として話し出すところ、怖かった」などのコメントが集まった。


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top