石橋蓮司」に関連する11件の記事

【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

インタビュー2019年2月22日

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードショーとなる。原作者・・・続きを読む

「自分のやるべきことを全うしたという気持ちです」渡部豪太(西郷吉二郎)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年10月14日

 若い頃から藩のため、国のために各地を奔走してきた西郷吉之助(鈴木亮平)に代わり、薩摩の西郷家を守り続けてきたのが、次男の吉二郎だ。吉之助にとっては大切な弟であったが、「一生に一度、侍らしく戦場を駆け回りたい」という願いと共に従軍した戊辰戦争で命を落とす・・・続きを読む

「これで当たったら、また紅白の司会ができるかも(笑)」笑福亭鶴瓶(岩倉具視)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年8月12日

 公武合体を推し進めた実力者でありながら、朝廷を追われた今は粗末な家に蟄居(ちっきょ)し、生活のために夜な夜な自宅で賭場を開く異端の公家・岩倉具視。だが、西郷吉之助(鈴木亮平)や大久保一蔵(瑛太)らに協力し、やがて明治維新の立役者となる。そんな岩倉を怪演・・・続きを読む

「鈴木(亮平)くんと思い切って意見をぶつけ合っていきたい」石橋蓮司(川口雪篷)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年7月1日

 沖永良部島での島流しを終え、薩摩に戻ることとなった西郷吉之助(鈴木亮平)。過酷な日々の中でも、幾つかの幸運な出会いがあった。その1人が、吉之助より前に薩摩藩の罪人として島に送られてきた川口雪篷。吉之助と意気投合した雪篷は後に西郷家に迎えられ、終生、一家・・・続きを読む

『孤狼の血』、役所広司&松坂桃李らで映画化 新生活迎える若者に「自分なりの正義を感じて」

TOPICS2017年4月3日

 映画『孤狼の血』の製作発表会見が3日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、松坂桃李、真木よう子、石橋蓮司、江口洋介と白石和彌監督が出席した。 柚月裕子氏による同名小説を映画化する本作は、昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、信頼と裏切り、暴力・・・続きを読む

【コラム 2016年注目の俳優たち】第7回 斎藤工 “セクシー”だけではない俳優としての魅力 『団地』

コラム2016年6月28日

 “セクシー”“色気がある”…。そんな形容詞と共にブレーク中の斎藤工。主演したドラマ「最上の命医」(11)や「医師たちの恋愛事情」(15)などを振り返ると、そこに“知的”という言葉を加えてもいいかもしれない。さらに、モデルとしても活躍した184センチの長身。知的でス・・・続きを読む

水谷豊、「3人の女性といっぺんに結婚した気分」  『王妃の館』完成披露

TOPICS2015年4月16日

 映画『王妃の館』完成披露イベントが16日、東京都内で行われ、出演者の水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、中村倫也、山中崇史、野口かおる、石橋蓮司、石丸幹二が出席した。  浅田次郎氏の同名小説を映画化した本作は、パリの一流ホテルを舞台に、“いわくつき”の・・・続きを読む

渡辺謙、「蟹さんとは親戚みたいだった」 蟹江敬三さんの「お別れの会」で涙の弔辞

ニュース2014年5月13日

 3月30日に胃がんのために亡くなった俳優の蟹江敬三さん(享年69)の「お別れの会」が13日、東京・港区の青山葬儀所で行われた。  生前に親交があった渡辺謙、名取裕子、松下由樹、石橋蓮司がお別れの言葉を述べた。  渡辺は「蟹さん、驚いちゃった。具合が悪い・・・続きを読む

永作博美、初共演の淡路恵子に驚き 岡田将生は聞き上手!?

ニュース2013年11月9日

 映画『四十九日のレシピ』の初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、タナダユキ監督が登壇した。 本作は、母が書き遺した「幸せに生きるためのレシピ」を通じて、残された家族がさまざまな心の傷と向き合いながら・・・続きを読む

香取慎吾、「普段はSですが…」  映画『人類資金』で謎の男・M役

TOPICS2013年10月10日

 映画『人類資金』のプレミア試写会舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、俳優の佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、石橋蓮司、寺島進、三浦誠己、岸部一徳、阪本順治監督、原作の福井晴敏氏が出席した。  本作は、旧日本軍の隠し遺産といわれる“M資金”をめぐるエコノミ・・・続きを読む

永作博美、第2子出産後初のイベント 育児と仕事は「大変だけど頑張ります」

ニュース2013年9月11日

 映画『四十九日のレシピ』完成披露舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、主題歌を担当した安藤裕子、タナダユキ監督が登壇した。 本作は、亡くなった母の“幸せに生きるためのレシピ”を通して、残された家族がさま・・・続きを読む

  • 1

アクセスランキング RANKING

page top