【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

2019年2月22日 / 14:54

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードショーとなる。原作者・宮川サトシ氏の体験に基づく実話を描いた同名のエッセイ漫画を映画化した本作で、主人公のサトシを演じたのは「下町ロケット」(15・18)など、数々の作品で活躍する安田顕。母親役の倍賞美津子と共演した感想、自身の母親に対する思いなどを聞いた。

主人公のサトシを演じた安田顕

-原作を読んだ上で出演を決めたそうですが、そのときに感じた作品の魅力は?

 親の死というのは誰にでも訪れるものですが、宮川サトシさんの原作漫画はその視点が独特で、ユーモアにあふれている。だから、悲しい出来事ではあるけれど、くすっと笑えるところがあるんです。しかも、そこに人の気持ちの真実があるので、思わず涙腺が緩んでしまう…。とてもすてきな作品だなと。

-演じる上ではどんなことを心掛けましたか。

 純粋に作品の素晴らしさに心打たれたので、責任を持ってやらなければと覚悟を決めて臨みました。実在の人物を演じるので、モデルになった方たちのためにも、きちんとした作品にしなければなりませんから。だから、「ここでこう見せたい」といったエゴは一切なく、ただひたすら「作品のために」と考えながら演じていました。

-倍賞美津子さんが演じる母親とサトシの親子の関係がとても温かな物語でした。倍賞さんと共演した感想は?

 実は、僕の母親と倍賞さんの誕生日が一緒なんです。撮影が終わってから知ったのですが、驚きました。劇中で僕が一番好きなのが、お母さんが亡くなった後、父親(石橋蓮司)と兄(村上淳)と一緒に琵琶湖を訪れ、男3人が湖でじゃれ合う場面での倍賞さんのお芝居。悲しみに沈むお父さんの前に、お母さんのイメージが現れ、シャツのボタンを外して「行ってらっしゃい」と声を掛ける…。ただそれだけなのに、そのしぐさと言い方だけで2人の関係性がはっきり伝わるんです。「これが役者の仕事だ」と教えられました。

-あのシーンはとてもすてきでした。

 最初に脚本を読んだとき、最も心が動いたのがあのシーンでした。大森(立嗣)監督と話をする中でも、大事なのは残された人たちなのではないかという話になったんです。その人たちがどう再生していくのか、どう成長していくのか…。そこを描かなければ、この作品を作る意味はないと。

-確かに、そういう映画になっていますね。

 しかもこの場面、僕らは裸で湖に入っていくのですが、裸になることを提案したのは、実は倍賞さんなんです。ある日の撮影中、倍賞さんが監督に「湖のシーン、みんな裸がいいんじゃないの?」と。「(石橋)蓮司さんもですか?」と聞いたら、「そう。脱いじゃいなよ、すてきじゃない?」(笑)。お母さんのことを思いながら裸で湖に入るのは、何となく胎児に通じるものがあるので、僕もすてきだなと…。おかげで、笑って泣けるいい場面になりました。

-倍賞さんご本人の印象は?

 撮影したのはおととしの8月ですが、終わった後、倍賞さんと電話番号を交換したんです。そうしたら年末に「倍賞です。お世話になりました。またね」と留守電が入っていて…。そういうことをきちんとされる人柄を知り、改めてすてきな方だな…と。

-そういう意味では、撮影中も心が動くことが多かったですか。

 倍賞さんをはじめ、松下奈緒さん、村上淳さん、石橋蓮司さん…。他の皆さんも含めて、お芝居をする中でのバイブレーションみたいなものは、すごく感じました。監督もそれをとても大事にされていて、撮影中もカメラの横にいるのにモニターを見ないんです。見るのは役者の芝居。「何を撮っているのかはだいたい分かるから、その瞬間、この人たちが自分の目にどう映っているのかを見るんだ」と。監督のそういう姿勢も、僕たちの芝居をより引き出してくれたように思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top