【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

2019年2月22日 / 14:54

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードショーとなる。原作者・宮川サトシ氏の体験に基づく実話を描いた同名のエッセイ漫画を映画化した本作で、主人公のサトシを演じたのは「下町ロケット」(15・18)など、数々の作品で活躍する安田顕。母親役の倍賞美津子と共演した感想、自身の母親に対する思いなどを聞いた。

主人公のサトシを演じた安田顕

-原作を読んだ上で出演を決めたそうですが、そのときに感じた作品の魅力は?

 親の死というのは誰にでも訪れるものですが、宮川サトシさんの原作漫画はその視点が独特で、ユーモアにあふれている。だから、悲しい出来事ではあるけれど、くすっと笑えるところがあるんです。しかも、そこに人の気持ちの真実があるので、思わず涙腺が緩んでしまう…。とてもすてきな作品だなと。

-演じる上ではどんなことを心掛けましたか。

 純粋に作品の素晴らしさに心打たれたので、責任を持ってやらなければと覚悟を決めて臨みました。実在の人物を演じるので、モデルになった方たちのためにも、きちんとした作品にしなければなりませんから。だから、「ここでこう見せたい」といったエゴは一切なく、ただひたすら「作品のために」と考えながら演じていました。

-倍賞美津子さんが演じる母親とサトシの親子の関係がとても温かな物語でした。倍賞さんと共演した感想は?

 実は、僕の母親と倍賞さんの誕生日が一緒なんです。撮影が終わってから知ったのですが、驚きました。劇中で僕が一番好きなのが、お母さんが亡くなった後、父親(石橋蓮司)と兄(村上淳)と一緒に琵琶湖を訪れ、男3人が湖でじゃれ合う場面での倍賞さんのお芝居。悲しみに沈むお父さんの前に、お母さんのイメージが現れ、シャツのボタンを外して「行ってらっしゃい」と声を掛ける…。ただそれだけなのに、そのしぐさと言い方だけで2人の関係性がはっきり伝わるんです。「これが役者の仕事だ」と教えられました。

-あのシーンはとてもすてきでした。

 最初に脚本を読んだとき、最も心が動いたのがあのシーンでした。大森(立嗣)監督と話をする中でも、大事なのは残された人たちなのではないかという話になったんです。その人たちがどう再生していくのか、どう成長していくのか…。そこを描かなければ、この作品を作る意味はないと。

-確かに、そういう映画になっていますね。

 しかもこの場面、僕らは裸で湖に入っていくのですが、裸になることを提案したのは、実は倍賞さんなんです。ある日の撮影中、倍賞さんが監督に「湖のシーン、みんな裸がいいんじゃないの?」と。「(石橋)蓮司さんもですか?」と聞いたら、「そう。脱いじゃいなよ、すてきじゃない?」(笑)。お母さんのことを思いながら裸で湖に入るのは、何となく胎児に通じるものがあるので、僕もすてきだなと…。おかげで、笑って泣けるいい場面になりました。

-倍賞さんご本人の印象は?

 撮影したのはおととしの8月ですが、終わった後、倍賞さんと電話番号を交換したんです。そうしたら年末に「倍賞です。お世話になりました。またね」と留守電が入っていて…。そういうことをきちんとされる人柄を知り、改めてすてきな方だな…と。

-そういう意味では、撮影中も心が動くことが多かったですか。

 倍賞さんをはじめ、松下奈緒さん、村上淳さん、石橋蓮司さん…。他の皆さんも含めて、お芝居をする中でのバイブレーションみたいなものは、すごく感じました。監督もそれをとても大事にされていて、撮影中もカメラの横にいるのにモニターを見ないんです。見るのは役者の芝居。「何を撮っているのかはだいたい分かるから、その瞬間、この人たちが自分の目にどう映っているのかを見るんだ」と。監督のそういう姿勢も、僕たちの芝居をより引き出してくれたように思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top