ついに始まった日本沈没に「胸が詰まる思い」 小栗旬&松山ケンイチの友情に「最高の相棒だった」

2021年12月13日 / 07:13

小栗旬(左)と松山ケンイチ (C)TBS

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の最終話が、12日に放送された。

 本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバレあり)

 日本政府は、日本が沈没するという地震学者・田所雄介(香川照之)の研究結果を受けて、全国民の移民交渉を進めていた。

 そんな中、東山首相(仲村トオル)を狙った爆弾テロが起き、首相とその場に同席していた地球物理学者の元教授・世良徹(國村隼)が重傷を負う。

 国内の情勢が不安定と判断され、移民計画に影響が出ることを恐れた日本政府は、早急に里城副総理(石橋蓮司)を総理代行に立てて世界にアピールした。

 無事に進行していくかのように思えた移民計画だったが、その矢先、関東沈没の避難所で、ある感染症が発生する。

 放送終了後、SNS上には、「地震の恐ろしさが分かる。国を失うという、まさに足元が崩れていくかのような喪失感。それでもわれわれは生きていかなければならない。現実にも重なるような部分が多く、考えさせられます」「ドラマとはいえ、日本がどんどん沈んでいくシーンは胸が詰まる思いがした。地震…怖いな」「ずっとハラハラしながら見ていた」といった感想が投稿された。

 また、主人公を演じた小栗と、小栗演じる天海の盟友・常盤を演じた松山ケンイチについて、「最高の相棒だった」「2人のすれ違いだったり、苦しい感情から、お互いが分かり合うところがとてもいい」「2人ともカッコ良かった」という声も集まった。

 物語のラストでは、ついに日本沈没が始まるが、間一髪のところで一部が沈まずに日本の国土が残った。これについて、「驚きの展開だった」「わが家は残った!」などのコメントが寄せられ、大きな反響を読んだ。


芸能ニュースNEWS

10-FEET×ポカリスエットの2019年コラボ動画が再公開 「熱い思いが、さまざまな困難を乗り越えていく力になる」

ネットカルチャー2022年7月4日

 健康飲料「ポカリスエット」(大塚製薬)と10-FEETがコラボレーションした夏フェス向けweb動画「10-FEET×ポカリスエット 夏の本気 応援ムービー」(2019年配信)が、2022年7月1日(金)から「#ポカリスナップ特設サイト」で … 続きを読む

「オールドルーキー」綾野剛の「人の心を動かす演技がすごい」 田中樹の登場に「びっくり」「マラソン選手役がぴったり」

ドラマ2022年7月4日

 綾野剛が主演する日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)の第2話が、3日に放送された。  本作は、現役を引退した元サッカー日本代表が、セカンドキャリアへ一歩踏み出す姿を描いたヒューマンドラマ。(※以下、ネタバレあり)  元サッカー日本代表 … 続きを読む

中村倫也、有村架純の“熱い一面”を明かす 「来週、再来週の台本もチェックしている」

ドラマ2022年7月1日

 金曜ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の記者会見が1日、神奈川県横浜市で行われ、出演者の有村架純、中村倫也、赤楚衛二、おいでやす小田、さだまさしが出席した。  本作は、東大卒のパラリーガル・石子(有村)と高卒の弁護 … 続きを読む

塙宣之「ちむどんどん」で会社の社長・樋口役 暢子役の黒島結菜は「天然で人柄がいい子」

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。6月30日の59回から登場したナイツ・塙宣之からコメントが届いた。塙は「梅ちゃん先生」(2012)「まれ」(15)に続き、3度目の連続テレビ小説への出演となった。  本作は、本土復帰前の沖縄 … 続きを読む

吉沢亮、大先輩たちにひざまずかれ「せりふを言うとき声が震えた」 山崎賢人「水分補給をして、『キングダム』で盛り上がって」

映画2022年7月1日

 映画『キングダム2 遙かなる大地へ』ワールドプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈、清野菜名、岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、豊川悦司、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市と佐藤信介監督が登壇 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top