宮崎あおい」に関連する62件の記事

宮崎あおい、妊娠発表後、初めて公の場に登場 「北斎の娘」で演技賞「心の底から幸せでした」

TOPICS2018年7月3日

 第44回「放送文化基金賞」贈呈式が3日、東京都内で行われ、女優の宮崎あおいが登壇した。本賞は、優れたテレビ、ラジオ番組や個人・グループに贈られる。  昨年12月にV6の岡田准一と結婚した宮崎は、5月に第1子の妊娠を発表した。  発表後、この日が初の公の・・・続きを読む

岡田准一&宮崎あおい、第1子妊娠を発表 「無事に生まれてきてくれることを願う日々」

TOPICS2018年5月19日

 V6の岡田准一と女優の宮崎あおいが19日、岡田の所属事務所を通じて、宮崎が現在第1子を妊娠中であることを発表した。  2人は連名の書面で「このたび新しい命を授かりましたことをご報告させていただきます。今は新たな家族が増える喜びとともに、無事に生まれてきてくれることを願う日々です」と報告。  「大切な時期でもありますので、温かく見守っていただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます」とつづった。  2人は昨年12月23日に結婚した。

「篤姫と斉彬の関係には、私自身が渡辺謙さんを尊敬する気持ちが表れています」北川景子(篤姫)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年4月8日

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の養女として、主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)を伴って江戸にやってきた篤姫。紆余(うよ)曲折を経ながらも、ついに将軍・徳川家定(又吉直樹)の正室(=御台所)となった。やがて大奥を取り仕切り、徳川家を支える存在として、激動の幕末・・・続きを読む

【芸能コラム】女優に合わせて色を変える変幻自在な俳優・柄本佑 『素敵なダイナマイトスキャンダル』

ほぼ週刊芸能コラム2018年3月20日

 母親のダイナマイト心中という壮絶な少年時代を経てエロ雑誌の編集者となり、1980年代に一時代を築いた末井昭の自伝的エッセイを映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が全国公開中だ。  故郷・岡山の田舎を飛び出し、紆余(うよ)曲折の末、エロ雑誌の編・・・続きを読む

「今までの大久保のイメージが変わるのでは」瑛太(大久保正助/大久保利通)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年1月3日

 西郷吉之助(隆盛)を語る上で忘れてはならないのが、大久保正助(利通)の存在だ。生涯を通じての盟友であり、ライバルでもあったこの人物を演じるのは、かつて「篤姫」(08)の小松帯刀役で好評を得た瑛太。あれから10年、再び鹿児島に縁のある大河ドラマへの出演となっ・・・続きを読む

宮崎あおい、結婚後初公の場 助演女優賞の尾野真千子を祝福

TOPICS2017年12月28日

 「第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」授賞式が28日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した菅田将暉、主演女優賞を受賞した蒼井優をはじめ、各賞に輝いた役所広司、尾野真千子、浜辺美波ほかが登壇した。  尾野は、映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟(きせき)』・・・続きを読む

二宮和也 紅白単独初司会は「体調管理に気を付けたい」 主演映画を「悪いと言う人はいないと思う」

TOPICS2017年11月13日

 映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の公開記念トークショーが13日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、西島秀俊、宮崎あおいと滝田洋二郎監督が登壇した。  二宮はこの日、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」で白組の司会を務めることが発表された。嵐と・・・続きを読む

二宮和也、嵐メンバーに慰められホロリ 「分かってくれる人は、分かってくれる」

TOPICS2017年11月3日

 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、竹野内豊、滝田洋二郎監督が出席した。  本作は、天才料理人の佐々木充(二宮)が、70年前に天皇の料理番・山形直・・・続きを読む

蒼井優、安藤&満島&宮崎との共演を熱望 全員同学年!存在を「心強いと感じていた」

TOPICS2017年10月26日

 「第30回東京国際映画祭(TIFF)」のオープニングセレモニーが25日、東京・六本木のEX THEATER ROPPONGIで行われ、特別企画「銀幕のミューズたち」に参加する女優の安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいの4人が登壇した。  現代日本映画・・・続きを読む

二宮和也、晩餐会イベントで実演 西島秀俊「食べられると思っていたのに…」

TOPICS2017年10月24日

 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』のプレミアム晩餐会が23日、東京都内の帝国ホテルで行われ、出演者の二宮和也、西島秀俊、宮崎あおい、滝田洋二郎監督ほかが出席した。  本作は、70年前に満州に渡った天皇の料理番の山形直太朗(西島)が考案した幻のフル・・・続きを読む

二宮和也、劇中の“幻のレシピ”と対面 「実際にあったのは驚きです」

TOPICS2017年10月23日

 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の幻のレシピ再現披露会が23日、東京都内の帝国ホテルで行われ、出演者の二宮和也、西島秀俊、宮崎あおい、滝田洋二郎監督が出席した。  本作は、天才料理人・佐々木充(二宮)が、70年前に満州に渡った天皇の料理番の山形・・・続きを読む

二宮和也、主演料理映画で「ミシュラン」狙う? 「せっかくお料理が題材の映画ですから」

TOPICS2017年9月25日

 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の完成報告会見が25日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、滝田洋二郎監督が出席した。  本作は天才料理人・佐々木充(二宮)が、70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島)が・・・続きを読む

宮崎あおい「とても幸せな1カ月でした」 葛飾北斎の娘役で“老けメーク”にも挑戦

TOPICS2017年9月12日

 特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」の試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の宮崎あおい、長塚京三、三宅弘城、脚本の大森美香氏が登壇した。  本作は、天才絵師・葛飾北斎を陰で支えながら、晩年に独自の画風に辿り着いた北斎の娘「お栄」の半生を描いた物語・・・続きを読む

【インタビュー】『怒り』李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ「10年後、20年後にも生き続ける映画」

インタビュー2017年3月14日

 数々の映画賞を受賞した『悪人』(10)の李相日監督の下、豪華キャストが集結したヒューマンミステリー『怒り』。東京、千葉、沖縄を舞台に、未解決の殺人事件の容疑者と目される3人の男と周囲の人々の関係を通して、さまざまな問題をあぶり出していく骨太な作品である。・・・続きを読む

「日本アカデミー賞」『怒り』が11部門で最多受賞 宮崎あおいと広瀬すずは優秀主演&助演女優賞をダブル受賞

TOPICS2017年1月16日

 「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と安藤サクラほかが出席した。 優秀作品賞は『怒り』『家族はつらいよ』『シン・ゴジラ』『湯を沸かすほどの熱い愛』『64-ロクヨン-前編』の5作品で、優秀・・・続きを読む

妻夫木聡、来年も「ひたむきの心で」頑張ります 有村架純は新人賞に「気持ちが引き締まる」

TOPICS2016年12月28日

 「第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式」が28日、東京都内で行われ、受賞者の宮沢りえ、妻夫木聡、宮崎あおい、有村架純、佐藤浩市ほかが登壇した。 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で主演女優賞を受賞した宮沢は、「とても光栄ですし、うれしく思ってい・・・続きを読む

橋本愛が宮崎あおいにサプライズの手紙 「宮崎さんは愛情深い人だと思います」

TOPICS2016年10月22日

 映画『バースデーカード』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の橋本愛、ユースケ・サンタマリア、須賀健太、中村蒼、宮崎あおいほかが登場した。 本作は、毎年届く“バースデーカード”に書かれたメッセージを通して、亡くなった母親と遺された家族との・・・続きを読む

宮崎あおい、カエラとの対面に大喜び 実は大ファン「今日はるんるんです」

TOPICS2016年10月6日

 映画『バースデーカード』完成披露上映会が6日、東京都内で行われ、出演者の橋本愛、ユースケ・サンタマリア、須賀健太、宮崎あおいと主題歌を歌う木村カエラ、吉田康弘監督が出席した。 吉田監督がオリジナル脚本を手がけたこの作品は、毎年届く“バースデーカード”に書・・・続きを読む

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第19回 妻夫木聡&綾野剛 俳優がLGBTを演じることの意義 『怒り』ほか

コラム2016年9月20日

 21世紀に入って世界中で脚光を浴びるようになった“LGBT”と呼ばれる性的マイノリティーの存在。それは今や、映画界にとっても大きな関心事となっている。 世界で初めて性別適合手術を受けた人物とその妻を主人公にした『リリーのすべて』(15)、育児放棄されたダウン症の・・・続きを読む

宮崎あおい“父”渡辺謙に感謝のコメント 「娘役を1回でも演じられたことが幸せ」

TOPICS2016年9月17日

 映画『怒り』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、李相日監督が登壇した。 吉田修一氏の小説を映画化した本作は、1年前の未解決殺人事件を軸に、千葉、東京、沖縄を舞台に・・・続きを読む

page top