宮崎あおい「原監督は的確に道を照らしてくれる方」 『かがみの孤城』で物語の鍵を握る教師役

2022年11月25日 / 06:28

(左から)宮崎あおい、當真あみ、北村匠海、吉柳咲良 (C)エンタメOVO

 映画『かがみの孤城』プレミアイベントが24日、東京都内で行われ、声優を務めた當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、梶裕貴、宮崎あおいと原恵一監督が登壇した。

 本作は、辻村深月氏のベストセラー小説を劇場アニメ化。鏡の中にある不思議な城で、ある共通点を持った7人の中学生たちが、「どんな願いでもかなえてくれる秘密の鍵」を探す様子が描かれる。

 千人以上の候補者の中から主人公の少女・こころ役に選ばれた當真は「最初は本当に驚きました。もともと原作が好きで、アニメも好き。そんな作品に声優として関わることができて本当にうれしく思います。決まったときはすぐにお母さんに連絡しました」と笑顔で語った。

 サッカーが得意なリオン役の北村は「日本勝ちましたね! きっとリオンも昨日の勝利を喜んでいたと思います」とワールドカップの話題に触れながらあいさつ。

 原監督から、休憩を取らずに収録に臨んでいたエピソードが紹介されると、「感情の振り幅があるので、この作品は途中で止まってはならないと思いまして。最後までやり切るまで、一度も座らず、そのままマイクとずっと闘いながら収録していました」と理由を明かした。

 原監督が「4時間ぐらいかな。役者魂を感じました。ずっと立っていまして、高倉健さんみたいでした」と語ると、北村は「光栄です」と照れ笑いを浮かべた。

 物語の鍵を握る喜多嶋先生役を演じた宮崎は、原監督と仕事をするのは3回目だという。「監督はすごく迷いのない演出をされる方。いつも的確に道を照らしてくれて、違うと必ず直してくれるし、(合っていれば)『それでいいんだよ』と背中を支えてくださる。今回もその迷いのなさに支えられ、楽しくお仕事させていただきました」と語った。

 原監督は「最初に宮崎さんにアフレコに参加してもらったときも、半日の予定が2時間で終わっちゃった。文句の付けどころがないんです。今回も、理解度がとても高く、微妙な調整もすぐしてくれるので、予定より随分早く終わって、何だか『終わっちゃったよ』という敗北感を感じるぐらいでした」と明かした。

 映画は12月23日から公開。


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top