吉永小百合」に関連する37件の記事

吉永小百合、映画館の営業再開に感無量 「スクリーンからは飛沫は飛びません」

TOPICS2021年6月1日

 映画『いのちの停車場』祝!全国公開記念舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、広瀬すず、田中泯と成島出監督が登壇した。  本作は、在宅医療に携わる医師、患者、その家族の姿を描いた感動のヒューマンドラマ。  この日、緊急事態宣言における・・・続きを読む

西田敏行、吉永小百合の“初々しさ”に驚く 「時というのは人によって公平、不公平がある」

TOPICS2021年4月14日

 映画『いのちの停車場』完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行と成島出監督が登壇した。  本作は、「在宅医療」に携わる医師、患・・・続きを読む

吉永小百合、初の医師役に「志願した」 「命の大切さを、映画を通して伝えていきたい」

TOPICS2021年2月5日

 UICC(国際対がん連合)日本委員会が主催する「ワールドキャンサーデー LIGHT UP THE WORLD 点灯式」が4日、東京都内で開催され、映画『いのちの停車場』(5月21日公開)で主演した女優の吉永小百合がゲストで登壇した。  「ワールドキャン・・・続きを読む

吉永小百合、台風19号の被災地をおもんぱかる 「いつか上映会ができたら」

TOPICS2019年10月25日

 映画『最高の人生の見つけ方』の公開記念舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、天海祐希、満島ひかり、ももいろクローバーZの百田夏菜子と佐々木彩夏が登壇した。  イベントは、当初は今月12日に予定されていたが、台風19号の影響で中止と・・・続きを読む

吉永小百合「もっといろいろなスポーツのことを知りたい」 「空手の形やってみたい」

TOPICS2019年10月9日

 映画『最高の人生の見つけ方』の公開直前イベントが8日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合と天海祐希が出席した。  2人の登壇は事前に知らされていないサプライズだったため、会場からは、ため息と歓声に続いて拍手が沸き起こった。  天海は「皆さん、薄々分か・・・続きを読む

吉永小百合、天海祐希を兄貴と慕う 「本当に頼もしくて格好いい方」

TOPICS2019年9月4日

 映画『最高の人生の見つけ方』ジャパンプレミアが3日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシ、ももいろクローバーZ、前川清と犬童一心監督が登壇した。  本作は、余命宣告を受けた主婦の幸枝(吉永)と女社長・マ子(天海)が“最高の人生の見つ・・・続きを読む

蒼井優「人生初の司会に緊張しています」 西田敏行「ライバルの役所くんが出ているので…」

TOPICS2019年1月15日

 「第42回 日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見」が15日、東京都内で行われ、3月1日に開催される同授賞式で司会を務める、西田敏行と蒼井優が登場した。  会見では、「最優秀作品賞」の選出候補となる「優秀作品賞」を『カメラを止めるな!』『万引き家族』『孤・・・続きを読む

吉永小百合「映画は子ども。今は受験生の母の気持ち」 篠原涼子「吉永さんと堺さんの“親子愛”に憧れます」

TOPICS2018年3月10日

 映画『北の桜守』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、篠原涼子、堺雅人、阿部寛ほかが登場した。  本作は、太平洋戦争末期の激動の時代を懸命に生き抜いた親子の物語。吉永は本作で映画出演本数が120本となった。  桜守として桜を・・・続きを読む

「人々が助け合うこの時代の熱さを伝えたい」竜星涼(綿引正義)【「ひよっこ」インタビュー】

インタビュー2017年5月28日

 高度成長期の日本を舞台に、茨城から集団就職で上京した有村架純演じるヒロイン谷田部みね子の成長物語を描いたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、失踪したみね子の父親捜しを手伝う警察官・綿引正義役を演じている竜星涼。朝ドラ初出演の喜びの胸中と役者としての今・・・続きを読む

16年ぶりのCM共演に渡哲也「相変わらず凛としたお姿」 吉永小百合「(映画共演)当時の渡さんは初々しかった」

TOPICS2016年8月25日

 宝酒造のよろこびの清酒「松竹梅『天』」のイメージキャラクターに渡哲也、吉永小百合が起用され、新CM「天が新しくなった」篇と「純米辛口新登場」篇に出演している。2人は映画『愛と死の記録』で初共演してから今年でちょうど50年目の節目を迎える。 同じく、石原・・・続きを読む

「もしも元気のない芸者がいたらというコントを参考にしたら…」 長野里美(こう)【真田丸 インタビュー】

インタビュー2016年5月20日

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、主人公、真田信繁(堺雅人)の兄、信幸(大泉洋)の妻こうを演じている長野里美。病弱な体にむち打って信幸に尽くし支えるが、過酷な運命に見舞われる。長野がこうの悲哀と覚悟を語る。   -出演が決まった時のお気持ちは?  ・・・続きを読む

『母と暮せば』チームが二宮和也の受賞に大喜び 黒木華「二宮さんはけん玉がすごくお上手で…」

TOPICS2016年3月5日

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『母と暮せば』に出演した二宮和也が最優秀主演男優賞、黒木華が最優秀助演女優賞、吉永小百合が優秀主演女優賞をそれぞれ受賞した。  司会の西田敏行は黒木について「とても柔らかく優しくて、木綿の肌・・・続きを読む

二宮和也、深津絵里が“キネ旬”主演賞を受賞 嵐メンバーの反応は「みんな結構クールでした」

TOPICS2016年2月13日

 「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が13日、東京都内で行われ、受賞者の二宮和也、深津絵里、本木雅弘、広瀬すず、篠原篤、橋口亮輔監督ほかが登壇した。  同賞は、1919年に創刊された映画雑誌『キネマ旬報』が1924年度から発表している映・・・続きを読む

五郎丸選手「吉永さんは日本の母」 二宮和也「いいえ、私の母です」

TOPICS2015年12月21日

 映画『母と暮せば』の大ヒット御礼!大入り袋配布!舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、二宮和也、山田洋次監督が出席した。  吉永は、12日の公開からのこの日までの気持ちを「子どもが受験に成功し、学校に通って1週間という気持ち。初日・・・続きを読む

【映画コラム】甘さと厳しさ、悲劇と喜劇の要素を併せ持った『母と暮せば』

ほぼ週刊映画コラム2015年12月12日

 山田洋次監督の通算83本目となる監督作『母と暮せば』が公開された。1948年、長崎で助産婦をして暮らす伸子(吉永小百合)の前に、3年前に原爆で亡くなった息子の浩二(二宮和也)が亡霊となって現れる…という物語。  本作は、広島で暮らす娘と原爆で命を落とした父の・・・続きを読む

吉永小百合“息子”二宮和也の朗読に感激 二宮「普段の汚い格好や髪形に戻るのは…」

TOPICS2015年12月12日

 映画『母と暮せば』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、山田洋次監督が出席した。  本作は、劇作家故井上ひさしの長崎を舞台にした作品を描きたいという思いを受け、山田監督が終戦70年の今年、映画化。・・・続きを読む

吉永小百合「二宮和也は“フェアリー”」 二宮「フェアリー・カズナリに改名します」

TOPICS2015年11月23日

 映画『母と暮せば』の完成披露試写会が22日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、本田望結、山田洋次監督が出席した。  本作は、井上ひさしさんの「長崎を舞台にした作品を『母と暮せば』というタイトルで製作したい」とい・・・続きを読む

山田洋次監督、吉永小百合には「うそはつけない」 東京国際映画祭「SAMURAI賞」を受賞

TOPICS2015年10月27日

 「第28回東京国際映画祭」の「SAMURAI賞」授賞式が26日、東京都内で行われ、山田洋次監督、ジョン・ウー監督、サプライズゲストとして吉永小百合、大友啓史監督が出席した。  山田監督は「僕の作品は“SAMURAI”という言葉にふさわしいほど勇ましいもの・・・続きを読む

「かずなりさん」と呼ばれてドキドキ 二宮和也、吉永小百合は「初めての人」

TOPICS2015年8月12日

 映画『母と暮せば』のクランクアップ記者会見が12日、都内で行われ、出演者の吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、監督の山田洋次氏が出席した。  この作品は、作家・井上ひさし氏が代表作である「父と暮せば」と対になる映画を作りたかった、という故人の思いに・・・続きを読む

坂本龍一、山田洋次監督最新作で仕事復帰 「僕は本当に幸せ者です」

TOPICS2015年8月3日

 山田洋次監督最新作『母と暮せば』の音楽を坂本龍一が務めることが分かった。昨年7月に中咽頭がんを公表し、療養していた坂本にとっては復帰作となり、山田監督とは初タッグを組むことになる。  本作は、故・井上ひさし氏の遺志を継いで山田監督がメガホンを執り、長崎・・・続きを読む

  • 1
  • 2

amazon

page top