西田敏行、吉永小百合の“初々しさ”に驚く 「時というのは人によって公平、不公平がある」

2021年4月14日 / 19:47

映画『いのちの停車場』完成披露試写会の登壇者たち

 映画『いのちの停車場』完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行と成島出監督が登壇した。

 本作は、「在宅医療」に携わる医師、患者、その家族の姿を描いた感動のヒューマンドラマ。

 「まほろば診療所」の在宅医・白石咲和子を演じた吉永は「みんなの力で作った『いのちの停車場』。今日完成披露をすることができ、本当にうれしゅうございます」とあいさつした。

 初の医師役については、「分からないことばかりでしたが、監督から『映画の中で、咲和子がドクターとして、少しずつ成長していけばいい』と言ってもらいましたので…」と振り返った。

 吉永とは久しぶりの共演となった院長役の西田は「お会いしたときに30数年ぶりの気がしなかった。一瞬にしてまだまだ初々しい吉永さんがそこに立っていらしたので、ちょっとびっくりした。時というのは人によって公平、不公平があるんだなと感じました」と明かした。

 訪問看護師を演じた広瀬は「偉大な大先輩の皆さんと、この作品でご一緒できたことが、自分にとっての宝物となりました」とコメント。

 咲和子と共に働く医大卒業生役の松坂は「僕とすずちゃんは、監督から『吉永さんが月なら、君たち2人は太陽のような存在でいてほしい』と言われたので、そうなれるようしっかりと努めました」と撮影を振り返った。

 そんな2人の印象を尋ねられた吉永は「本当にすずちゃんは涼やかでかわいくて。桃李さんは本当にすてきで、キリンのようにすくすくと成長されてカッコいい。そういうお2人をいつも見ていて楽しかったです」と語った。

 映画は5月21日から公開。


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top