『母と暮せば』チームが二宮和也の受賞に大喜び 黒木華「二宮さんはけん玉がすごくお上手で…」

2016年3月5日 / 12:42

『母と暮せば』で最優秀助演女優賞を受賞した黒木華

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『母と暮せば』に出演した二宮和也が最優秀主演男優賞、黒木華が最優秀助演女優賞、吉永小百合が優秀主演女優賞をそれぞれ受賞した。

 司会の西田敏行は黒木について「とても柔らかく優しくて、木綿の肌触りのような感じがする。日本の風土が生み出した女優さんだなと思う。大好きです」と絶賛した。

 昨年も『小さいおうち』で同賞を受賞した黒木は「同じ賞で2回もこの場に立てるとは思っていなかった。これからも地道に精進していきたいと思います」と喜びを語った。

 撮影中のエピソードとして黒木が「(二宮は)けん玉がすごくお上手で、一つ技を決めるたびにできたよという顔をしてくれるところが(ほほ笑ましくて)。初めてだったので緊張していたけど打ち解けることができました」と振り返ると、二宮は「現場の隅っこで(山田洋次)監督に隠れてやっていたので、まさかここでばらされるとは」と苦笑した。

 一方、寝返りを打った際にベッドから転落し、頸椎(けいつい)を亜脱臼した西田はいすに座ったままで司会を務めていたが、優秀主演女優賞を受賞した吉永は左手をギプスで固定した着物姿で登場し「西やんが痛んでらっしゃるので私も一緒に痛みを分かち合いたいと思って。滑って転んで手首を骨折したんです」と明かした。

 吉永は、今回は息子役の二宮の幼少時代の写真を5枚借りて役づくりに励んだといい、「撮影中も時々ひゅっと現れてにこっと笑って、男性だけどフェアリーのように感じました」と語り、ほほ笑んだ。

 最優秀主演男優賞で二宮の名前が呼ばれた際、『母と暮せば』チームが集まったテーブルでは「小百合さんには手の痛みが飛んじゃうぐらい喜んでいただきまして、黙って座っていた山田監督も名前を呼ばれた時はすぐに立ち上がって喜んでくれました」と明かした二宮は「この後キャストのみんなで飲みに行くので祝ってもらおうかな。(賞を)頂いたことが奇跡にならないよう、これからも一つ一つ頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top