原田知世」に関連する47件の記事

原田知世、新曲「一番に教えたい」配信リリース&小編成バンドでのパフォーマンス映像公開

音楽ニュース2022年3月16日

 原田知世が、新曲「一番に教えたい」を配信リリースし、パフォーマンス映像を公開した。  新曲「一番に教えたい」は、2022年3月23日にリリースとなるデビュー40周年記念のニューアルバム『fruitful days』の収録曲。高橋久美子が作詞を、アルバムのプロデューサーである伊・・・続きを読む

原田知世、デビュー40周年記念アルバム『fruitful days』より「邂逅の迷路で」が先行配信 共作した高野寛と網守将平からコメント到着

音楽ニュース2022年3月2日

 原田知世のデビュー40周年記念アルバム『fruitful days』から「邂逅の迷路で」が2022年3月2日に先行配信された。  1982年のデビュー以来、俳優と歌手の両方で活躍を続ける原田知世。テレビ東京 ドラマ24『スナック キズツキ』や映画『あなたの番です 劇場版』で主演を務め・・・続きを読む

原田知世のニューアルバム『fruitful days』にTHE BEATNIKS、高野寛、高橋久美子ら参加

音楽ニュース2022年2月14日

 原田知世のニューアルバム『fruitful days』が3月23日にリリースされる。  歌手としてのデビュー40周年を記念した同作には、川谷絵音(indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ)のサウンドプロデュースによる先行シングル「ヴァイオレット」に加え、THE BEATNIKS・・・続きを読む

田中圭“壮絶海中アクション”を振り返る 「慣れるまでは怖かった」

TOPICS2021年12月20日

 『あなたの番です 劇場版』大ヒット舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の原田知世、田中圭、西野七瀬と佐久間紀佳監督が登壇した。  本作は、2019年に放送された連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の劇場版。映画では、年の差新婚夫婦の手塚菜奈(・・・続きを読む

田中圭「流星が怒られてテンパってる姿を見たかった」 原田知世&横浜流星に“いたずら”を仕掛けるも失敗

TOPICS2021年12月10日

 『あなたの番です 劇場版』初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田知世、田中圭、西野七瀬、横浜流星、浅香航大、奈緒、竹中直人、木村多江、生瀬勝久と佐久間紀佳監督が登壇した。  本作は、2019年に放送された連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレ・・・続きを読む

原田知世の40周年アニバーサリーツアーが6月に東名阪で開催

音楽ニュース2021年12月9日

 原田知世の【40周年アニバーサリーツアー2022】が6月16日にオリックス劇場、6月18日に名古屋市公会堂、6月20日と21日にBunkamuraオーチャードホールで開催される。  12月15日にニューシングル「ヴァイオレット」をリリースする原田知世。ツアーを行うのは、2019年11月以来・・・続きを読む

「真犯人フラグ」“不倫の証拠”DNA情報鑑定書に衝撃 「“瑞穂”芳根京子を襲ったのは“河村”田中哲司?」

TOPICS2021年12月6日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第8話が、5日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※・・・続きを読む

【コラム】ビッグネームがそろった2022年の正月映画を一挙紹介!

コラム2021年12月3日

 間もなくお正月映画のシーズンが到来。そこで、注目作をまとめてみた。この秋の映画興行はハリウッド映画の完全復活を印象づけたが、お正月のラインアップも負けていない。人気シリーズやテレビドラマの映画化など今冬もブランド名の立った話題作がそろい踏みだ。寒さもコ・・・続きを読む

原田知世、新曲「ヴァイオレット」配信リリース 川谷絵音「ずっと歌い続けて欲しい一曲です」

音楽ニュース2021年12月1日

 原田知世が、2021年12月15日にリリースするニューシングル『ヴァイオレット』より、タイトル曲を先行配信リリースした。  新曲「ヴァイオレット」は、2022年のデビュー40周年に先がけたシングルで、indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイ他多岐に渡る活動で知ら・・・続きを読む

原田知世「新たな人生を生き直せた」 『あなたの番です 劇場版』で田中圭と再び新婚夫婦役

TOPICS2021年11月22日

 『あなたの番です 劇場版』完成報告会見が22日、東京都内で行われ、出演者の原田知世、田中圭、西野七瀬、横浜流星、浅香航大、奈緒、坪倉由幸、袴田吉彦、片桐仁、野間口徹、皆川猿時、木村多江と佐久間紀佳監督が登壇した。  本作は、2019年に放送された連続ドラマ「あ・・・続きを読む

原田知世、ストレス発散法は「おいしいものを食べて…」 主演ドラマ「スナック キズツキ」が8日放送スタート

TOPICS2021年10月8日

 8日からスタートする連続ドラマ「スナック キズツキ」(テレビ東京系、金曜深夜0時12分)に主演する原田知世のインタビューコメントが到着した。  原作は、漫画家・益田ミリ氏による同名コミック。傷ついた人がたどり着くちょっと変わった「スナック キズツキ」の店主・・・続きを読む

中川大志「杏奈ちゃんの作品に対する覚悟を感じた」 石井杏奈、撮影後は「抜け殻のような状態に」

TOPICS2021年3月1日

 映画『砕け散るところを見せてあげる』完成報告舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の中川大志、石井杏奈、井之脇海、松井愛莉、北村匠海、矢田亜希子、原田知世、堤真一とSABU監督が登壇した。  本作は、どこにでもいる高校生の濱田清澄(中川)が、“学年・・・続きを読む

【芸能コラム】角川映画からハイジ、ゴジラまで。今こそ読書でエンタメを深掘り!

コラム2020年4月28日

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛が求められる今、ネット配信やレンタルを利用し、自宅で映画鑑賞する人も多いだろう。見方を変えれば、気になっていた作品を一気見するまたとない機会だ。だが、画面ばかり見ているのも疲れる。そんなときは、読書で気分転換を・・・続きを読む

『I could be free』は原田知世の自信と確かなキャリアの積み重ねを感じる佳作

音楽ニュース2019年11月20日

先月バラードアルバム『Candle Lights』を発表したばかりの原田知世。今週は彼女のオリジナルアルバムの中から、“歌手・原田知世”の代表作と言っていい『I could be free』を取り上げる。アイドルから本格派シンガーへ転身した後の作品として、今聴いても、まさしく自由な精・・・続きを読む

【芸能コラム】芸能界で「銭湯好き」「サウナ好き」が増殖中! “奇跡のアラフィフ”原田知世のほかにも続々と

コラム2019年5月6日

 石田ゆり子が「奇跡のアラフィフ」と呼ばれて久しいが、美しい50代として忘れてならない女優が他にもいる。原田知世だ。  原田は1982年に「角川映画大型新人女優募集本選オーディション」で特別賞を受賞し、芸能界入り。翌年、15歳で出演した映画『時をかける少女・・・続きを読む

原田知世、4年半ぶりアルバムより「銀河絵日記」の初OA決定 作詞を手掛けた高橋久美子のコメントも到着

音楽ニュース2018年10月30日

 原田知世が4年半ぶりにリリースするオリジナル・アルバム『L'Heure Bleue』(読み:ルール・ブルー)より、リード・トラックの「銀河絵日記」が、J-WAVE(81.3FM)の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(6:00-9:00 / ナビゲーター:別所哲也)にて初オンエアされることが決定し・・・続きを読む

原田知世、4年半ぶりALリリース決定 多彩なアーティストが作家陣として参加

音楽ニュース2018年10月19日

 原田知世が、自身の誕生日でもある11月28日にニューアルバム『L'Heure Bleue (ルール・ブルー)』をリリースすることが発表された。  新作は、2014年の『noon moon』以来4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム。2007年来の音楽パートナーであるギタリスト/作曲家の伊藤ゴロ・・・続きを読む

「新しい扉を開けたような気がしました」一番の悩みの種の“物まね”にもおくさず挑戦! 原田知世(萩尾和子)【「半分、青い。」インタビュー】

インタビュー2018年8月10日

 優雅でおっとりとした雰囲気を持ちながら、さばけた性格で人情味にあふれる律(佐藤健)の母親“和子さん”を演じている原田知世。かわいくふんわりとしたキャラクターは原田そのもののようだが、初めての経験でもあり、女優として「新しい扉を開けたような気がした」という・・・続きを読む

劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

インタビュー2018年7月9日

 漫画家の夢破れた鈴愛(永野芽郁)の新たな人生を描く「人生・怒涛 編」で、鈴愛が出会う“魅惑のだめんず”の一人で、いっこうに新作が撮れない芸術家肌の映画監督・元住吉祥平を演じる斎藤工。今年公開された初の長編監督映画『blank13』で映画監督としての才能を世に知ら・・・続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」椎名桔平 キャリア史上珍しいダークヒーロー役!

インタビュー2018年6月8日

 7年間で1500億円の「不適切会計」を発表した大手総合電機メーカー三田電機産業の裏で暗躍するなど、経済界の影の立役者にのし上がっていく男と、彼を取り巻く人々の人間模様を描いた骨太の社会派ヒューマンサスペンス「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男・・・続きを読む

amazon

page top