斎藤工“純愛”を演じた原田知世にうっとり 「陽だまりのような、天使のような方」

2016年9月16日 / 17:57

(左から)脚本家の北川悦吏子氏、原田知世、斎藤工

 NHKドラマ10「運命に、似た恋」の試写会が16日、東京都内で行われ、出演者の原田知世と斎藤工、脚本家の北川悦吏子氏が登壇した。

 幼かったある日、1人の少年と“再会の誓い”を立てた思い出を胸に生きる45歳のシングルマザー桜井香澄(原田)。富裕層向け配達クリーニング店で働く彼女は、ある日超一流デザイナーの“ユーリ”こと小沢勇凛と出会い、積極的なアプローチを受ける。全く境遇が違うものの、やがて恋に落ちていく2人。ユーリはあの時の少年なのか…? というミステリー要素も含んだ純愛と宿命の物語。

 北川氏の台本にとても引き込まれたという原田は「演じる喜びを感じながら過ごした3カ月で、とても幸せでした。とにかく夢中で演じました」と撮影を述懐。斎藤も「こういう作品には生涯で何度も出会えるもんじゃない。台本の1ページ目から気迫が漂っていた」と語り、「非常に“攻めた”現場でそれが良い化学反応を引き起こしていると思う」と自信をにじませた。

 これが初共演となった2人。原田の印象について尋ねられた斎藤は「陽だまりのような、天使のような方ですね」とコメント。「僕は人の声というものや雰囲気に、その人のパーソナリティーが詰まっていると感じていて、(原田の)歌声やお芝居の時の声で、自分の中の“原田知世像”を作っていたけど、(実際も)全くその通りの方だった。香澄は知世さんにしか演じることができないものだと思った」と評した。

 また「尋常じゃないほど、虫が苦手なんですよね。知世さんが奇妙な声を上げた時は、ああ、虫が居たんだなと思って。終始かわいらしかったです」と語り、ほほ笑んだ。

 一方、原田は斎藤について「どこかミステリアスなんだけど、不意に見せる表情から人柄や温かさが見えたりして」と振り返り、「普通ではなかなか言えないような、少しキザなせりふをとても自然におっしゃるので、こっちもロマンチックな世界にふっと浸ることができる。それは工さんにしかできないお芝居だと思う」と述べた。

 ドラマは23日午後10時からNHK総合で毎週金曜日に放送。


芸能ニュースNEWS

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

page top