【インタビュー】「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」椎名桔平 キャリア史上珍しいダークヒーロー役!

2018年6月8日 / 12:00

 7年間で1500億円の「不適切会計」を発表した大手総合電機メーカー三田電機産業の裏で暗躍するなど、経済界の影の立役者にのし上がっていく男と、彼を取り巻く人々の人間模様を描いた骨太の社会派ヒューマンサスペンス「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」で、主人公の金融コンサルタント・古賀遼を演じる椎名桔平。熱い人間ドラマに心揺さぶられたという椎名が、本作の魅力やキャリア史上珍しいダークヒーローに挑戦する思い、女優・原田知世との初共演の喜びなどを語ってくれた。

金融コンサルタント・古賀遼を演じた椎名桔平

-オファーを受けた際、本作のどこに引かれましたか。

 僕は人間ドラマが好きなので、とても深い人間ドラマに引かれました。どんでん返しや今の経済を見詰めるリアルな目線もあり、企業ドラマとしても一級の面白さがあるから、引かれて当然ですよね(笑)。

-椎名さんにとっては珍しいダークなキャラクターですね。

 エリートな役が多く、恵まれない環境からたたき上げられて成長していく役は今まであまり振られたことがなかったので新鮮です。こういう役を演じるチャンスを頂けてうれしいですね。

-貧しい炭鉱町で育ち、東京の証券会社に入った古賀は、ある出来事を機に欲深い人間たちへの復讐(ふくしゅう)を始め、証券業界、引いては経済界の影の立役者にのし上がりますが、古賀の魅力とは。

 古賀は望んで悪事を働いていたわけではなく、世間の波に巻き込まれてそういう立場にいるわけで、若い頃に妹を救うために町を出るという強い意志から始まった真っすぐな精神性がすてきじゃないですか。お金はたくさん持っているけど、私利私欲のために稼いでいたわけではなく、お世話になった人のために働き、また、稼いだお金で困っている人がいたら救ってあげようと考えています。こういう男がいたら、男として応援してあげたくなります。

-古賀に共感しているようですが、逆に相いれないところはあるのでしょうか。

 共感できないところは何もないです。だから自信を持っています。

-椎名さんは大学では経営学を学ばれていましたが、その点でも役に入り込みやすいですか。

 そこが共感できない部分です(笑)。難しいですよ。経済の仕組みが分からないと芝居にならないから、しつこく調べながら、これも一つの勉強になっているんだな…と思いながらやっています。でないと古賀が経済界でそのポジションにまでいったという説得力にならないですから。

-演じる上で特に意識していることは何ですか。

 3歳の頃にお父さんを事故で亡くしてからお母さんが変わってしまい、幼い妹も守らなければいけないという生い立ちですが、人間は3歳までの記憶がないといわれているから、お父さんの記憶がないんでしょうね。原作にも脚本にも書かれていないけど、ずっと父性に憧れていると思います。だから、東田さん(元三田電機社長/宅麻伸)や中野さん(元上司/奥田瑛二)と信頼関係を保つことができたのは、2人に父の面影を感じていたからじゃないかなと思いながら演じています。

-宅麻さんとは初共演、奥田さんともしっかりと絡むことは初めてのようですが、感想は?

 楽しいです。先輩ですし、役柄的にも胸を借りるような相手なので、30代のぶつかっていく芝居は何の違和感もなくやらせてもらっています。一緒に時代をゆらゆら行ったり来たりしている面白さもあります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「気負わず、僕なりの坂本龍馬を演じていきたい」小栗旬(坂本龍馬)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月19日

 倒幕のために動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)は、幕府と敵対する長州との連携を模索する。やがて薩長同盟となって実を結ぶ両藩の橋渡し役を務めるのが、幕末の風雲児・坂本龍馬だ。幕末の英傑の中でも一際人気の高いこの人物を演じるのは、これが7度目の … 続きを読む

「見ている方に楽しんでもらえることを常に心掛けています」高橋光臣(海江田武次)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月18日

 一橋慶喜(松田翔太)と決別し、いよいよ倒幕に向けて動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)。その幼なじみで、若い頃から行動を共にしてきたのが、薩摩藩士・海江田武次だ。弟たちが桜田門外の変で命を落とし、薩英戦争の引き金となった生麦事件の当事者になる … 続きを読む

【インタビュー】藤田玲&佐藤流司 2.5次元では見せない新たな顔『ダブルドライブ』

映画2018年8月17日

 数々の正統派ミュージカルから2.5次元作品や舞台、「絶狼〈ZERO〉」シリーズなどの映像作品とマルチな才能を見せる藤田玲。ミュージカル『刀剣乱舞』などで知られ、2.5次元ミュージカルで不動の人気を誇る佐藤流司。今、注目を集める2人の俳優が … 続きを読む

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

page top