仲村トオル」に関連する27件の記事

【インタビュー】新春ドラマスペシャル「優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ~」土屋太鳳「目の前の人がうれしかったら、それだけで生きている価値がある、そういう思いが伝わる作品」

インタビュー2022年1月7日

 土屋太鳳が主演する新春ドラマスペシャル「優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ~」が、7日午後8時からテレビ東京系で放送される。本作は、瀬尾まいこの小説『優しい音楽』を、岡田惠和が脚色してドラマ化。鎌倉を舞台に、偶然出会った男女が、それぞれの・・・続きを読む

土屋太鳳、永山絢斗との“韓国ドラマ風”ラブシーンに照れる 「恥ずかしいと思いながらやりました」

TOPICS2022年1月6日

 新春ドラマスペシャル「優しい音楽~ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ」のオンライン記者会見が6日に行われ、出演者の土屋太鳳、永山絢斗、仲村トオル、若松節朗監督が登場した。  本作は、主人公の女子大生・千波(土屋)とその家族が、それぞれの忘れられない・・・続きを読む

ついに始まった日本沈没に「胸が詰まる思い」 小栗旬&松山ケンイチの友情に「最高の相棒だった」

TOPICS2021年12月12日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の最終話が、12日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバ・・・続きを読む

「日本沈没」“里城”石橋蓮司の人脈が移民交渉の鍵に 「希望の人は里城副総理」の声も

TOPICS2021年12月5日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第8話が、5日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバ・・・続きを読む

「日本沈没」国民を救うために“天海”小栗旬らが駆け回る 移民・難民問題が浮上し「わがこととして考えるきっかけになる」

TOPICS2021年11月21日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没‐希望のひと‐」(TBS系)の第6話が、21日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバレ・・・続きを読む

「日本沈没」関東沈没で甚大な被害「リアル過ぎて怖い」 次週「日本沈没編」スタートで“天海”小栗旬が奔走

TOPICS2021年11月14日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第5話が、14日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバ・・・続きを読む

「日本沈没」ついに関東沈没が始まる「ゾッとした」 “天海”小栗旬が予告に姿なく「どうなっちゃったの?」

TOPICS2021年11月7日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第4話が、7日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバ・・・続きを読む

「日本沈没」小栗旬“天海”が国民への公表のために奔走 「コロナを経験したからこそより考えさせられるテーマ」

TOPICS2021年10月24日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第3話が、24日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバ・・・続きを読む

「日本沈没」第2話「世界観に浸ってしまった」 関東沈没シミュレーションに「怖い」と衝撃

TOPICS2021年10月17日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曽有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。(※以下、ネタバ・・・続きを読む

「日本沈没」初回「地震とリンクしてリアル」 香川照之や松山ケンイチの演技にも注目集まる

TOPICS2021年10月10日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第1話が、10日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曽有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を描く。  2023年の東京・・・続きを読む

【インタビュー】舞台「ケムリ研究室no.2『砂の女』」仲村トオル コロナ禍で感じた芝居への思い「ありがたいことだと思い出させてもらった」

インタビュー2021年7月18日

 劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)と、女優の緒川たまきが結成した演劇ユニット「ケムリ研究室」の第2回公演「砂の女」が8月22日から上演される。本作は、安部公房の小説『砂の女』を原作に、KERAが上演台本と演出を担当する舞台。ある砂丘に・・・続きを読む

「ネメシス」“風真”櫻井翔のラップ再び 20年前の事件の真相をめぐる考察も加速

TOPICS2021年5月16日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の第6話が、16日に放送された。  探偵事務所ネメシスに新たな依頼者が現れた。動画配信用カメラで騒々しく生配信しながらやってきたのは、膨大なフォロワー数を誇る暴露系動画配信職人のタジミンこと多・・・続きを読む

「ネメシス」撮影現場リポート 櫻井翔「バチバチのお芝居が始まるなという予感」

TOPICS2021年5月2日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の第4話が2日に放送される。放送を前に、撮影現場のリポートと出演者のコメントが届いた。  撮影現場では、「探偵事務所ネメシス」メンバーの広瀬、櫻井、江口洋介の3人がそろうと自然と談笑が始まり、・・・続きを読む

「BG」最終回「いつまでも余韻が抜けない」 「3もあると信じてる」

TOPICS2020年7月30日

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の最終回が30日に放送された。  本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織から飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。  最終・・・続きを読む

「BG」木村拓哉と市川実日子の大人の恋が話題に 「キュンシーンにニヤニヤしちゃう」

TOPICS2020年7月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第6話が23日に放送された。  本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織から飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。  第6・・・続きを読む

【芸能コラム】テレビ東京「ドラマBiz」はエンターテインメントの可能性を広げるか? 「ラストチャンス 再生請負人」

ほぼ週刊芸能コラム2018年7月28日

 テレビ東京系で放送中の「ラストチャンス 再生請負人」が面白い。元銀行員の作家、江上剛の同名小説を原作に、元銀行員の主人公がビジネスの現場で奮闘する姿を描いたドラマだ。  大手都市銀行の銀行員として順調な人生を歩んできた樫村徹夫は、突然の財閥系銀行・・・続きを読む

藤原竜也ら、欠席の伊藤英明をイジりまくり 野村周平「素晴らしい謝罪会見」

TOPICS2017年6月10日

 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、仲村トオルと入江悠監督が出席した。 5人の命を奪った連続殺人事件から22年後、犯人を名乗る曾根崎(藤原・・・続きを読む

「今までで一番きつかった」  藤原竜也、伊藤英明らが、過酷な撮影の舞台裏を告白

TOPICS2017年5月17日

 映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』ジャパンプレミアが16日、東京都内で行われ、藤原竜也、伊藤英明、仲村トオルら出演者総勢10名と入江悠監督が舞台挨拶に登壇。過酷だった撮影当時のエピソードを明かした。 時効を迎えた未解決連続殺人事件の犯人が、22年後に記者会・・・続きを読む

佐藤浩市「これだけのメンバーとの十番勝負のようでした」 瑛太の褒め言葉は「飯をおごれという合図」

TOPICS2016年3月7日

 映画『64-ロクヨン-前編/後編』の完成報告会見が7日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和と瀬々敬久監督、原作の横・・・続きを読む

舘ひろし&柴田恭兵、『あぶデカ』初日でファンに感謝 「アンコールの声が聞こえたら…」

TOPICS2016年1月30日

 映画『さらば あぶない刑事』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、菜々緒、木の実ナナ、ベンガル、伊藤洋三郎、長谷部香苗と村川透監督が出席した。  上映後の舞台あいさつとあり、劇場後方から登場した・・・続きを読む

  • 1
  • 2

amazon

page top