「Destiny」最終回 “奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也の選択に反響「ラストシーンの2人が美しい」「女心を見せてもらった」

2024年6月5日 / 14:53

「Destiny」(C)テレビ朝日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の最終話が、4日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 野木真樹(亀梨和也)が容疑者となった「野木邸放火事件」の現場で目撃され、撮影された写真に写り込んでいた人物は、元総理・東忠男(伊武雅刀)の秘書の秋葉洋二(川島潤哉)だった。

 「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原)は、20年前の「環境エネルギー汚職事件」の“真相を封じ込めた”父の死、友人・及川カオリ(田中みな実)の事故、真樹の失踪、そして放火事件…全てがつながっていると確信し、真樹の父・野木浩一郎(仲村トオル)に真実を教えてほしいと懇願する。

 全ての事件について「無関係だとは思えない。あなただけが知っていることがあるはず」と切実な思いで問い掛ける奏に、浩一郎は重い口を開く…。

 最終話では、検事として「野木邸放火事件」を解決へと導き、父を死に追いやった「環境エネルギー汚職事件」の真相を明らかにした奏。

 ラストシーンでは、奏が真樹に「絶対に元気になってね。さようなら」と“運命に翻弄(ほんろう)された恋”に別れを告げる。真樹は、そんな奏に「分かった。そうだよな」と、こみ上げる気持ちを飲み込み、「生きようと思わせてくれて、ありがとう」と告げ、2人は別れを選択する。

 しかし、真樹の元を離れ、交差点を渡った奏は「振り返ってはいけない」と自分に言い聞かせながらも、振り返ってしまう…。そこには、ほほ笑む真樹の姿があり、たまらず真樹の元へと駆け出すシーンで本作はエンディングを迎えた。

「Destiny」(C)テレビ朝日

 放送終了後、SNS上には、このエンディングについて「最後のシーンは、真樹がはかなげで消えそうで、すてきだった」「ラストシーンの2人が美しかった。奏と真樹は元サヤに戻ったと思いたい」「振り向いて『真樹ー!』って飛び込んで行ったのがかわいかった。女心を見せてもらった」といった声が集まった。

 一方で、「奏は真樹を好きだから仕方がないけれど、奏の元婚約者が不憫(ふびん)でならない」「過去の問題は解決したのだから、思い出に決別して、貴志さんと共に新たな人生を歩むべきと思った」「貴志の方が幸せになれると思う。奏は危なっかしい男性を放っておけない女性のかな」といった意見も寄せられた。

 このほか、「奏と貴志さんは、検事と医師としてプロ意識が高くてカッコよかった」「すごくいい終わり方。事件を秘書が勝手にやりましたということにならなくて良かった」といった感想も寄せられた。

「Destiny」(C)テレビ朝日


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top