トム・クルーズ」に関連する32件の記事

トムから日本だけに特別ミッション発令、7月13日は「イーサン・ハント」の日

音楽ニュース2015年6月26日

 シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション』に先駆け、トム・クルーズから日本のファンに向け、特別ミッションが発令されることが分かった。 ミッションが発令されるのは、第一作目となる『ミッション:インポッシブル』が日本で公開された7月13・・・続きを読む

MIYAVIのテーマ曲とともに、『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作の最新予告映像が解禁

音楽ニュース2015年6月17日

 シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の最新予告映像が解禁となり、トム自身による驚愕の潜水アクションシーンが明らかとなった。  この潜水シーンはイーサン・ハント率いるIMF の最強の敵、謎の無国籍スパイ組織「シンジケート」を潰すため・・・続きを読む

【映画コラム】無名の男が見せる一世一代の晴れ舞台 『太秦ライムライト』

ほぼ週刊映画コラム2014年8月16日

 約半世紀の間、東映で“無名の斬られ役”として活躍してきた福本清三の初主演映画『太秦ライムライト』が、カナダのファンタジア国際映画祭で最優秀作品賞と主演男優賞を受賞した。これを受け、16日から都内のシネマート六本木で上映される。  本作は、チャールズ・チャ・・・続きを読む

【映画コラム】 映画の“撮り直し”を生かした『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

ほぼ週刊映画コラム2014年7月12日

 マット・デイモン主演の『ボーン~』シリーズを製作・監督したダグ・ライマンが、トム・クルーズを主演に迎えて撮ったSF大作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が4日から公開された。  ザ・ビートルズの「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ=愛こそはすべて」と・・・続きを読む

トム・クルーズ「忘れられない旅になった」 「女性から何回も銃で撃たれたのは初めて」

TOPICS2014年6月27日

 映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の来日記者会見が27日、東京都内で行われ、主演のトム・クルーズ、ダグ・ライマン監督、製作のアーウィン・ストフ氏が出席した。  本作は、桜坂洋氏のSF小説をハリウッドが映画化。謎の侵略者からの攻撃で滅亡寸前に追い込・・・続きを読む

【映画コラム】 フィリップ・K・ディックを思わせるSF『オブリビオン』

ほぼ週刊映画コラム2013年6月1日

 トム・クルーズ主演のSF大作『オブリビオン』が5月31日から公開された。  まずは簡単な粗筋からご紹介しよう。2077年、エイリアンの攻撃を受けて地球は壊滅。生き残った人類は他の惑星に移住した。ジャックは同僚の女性と共に、高度千メートルのスカイタワーから荒・・・続きを読む

トム・クルーズ「人生は驚きの連続。だからこそ素晴らしい」 「あと19回日本に来てもいい」

ニュース2013年5月7日

 映画『オブリビオン』の来日記者会見が7日、東京都内で行われ、主演のトム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督が登壇した。 本作は、エイリアンの襲撃で壊滅した2077年の地球を舞台にした壮大なSFラブロマンス。コシンスキー監督は「『・・・続きを読む

トム・クルーズが来日 映画『オブリビオン』の公開を前に

TOPICS2013年5月6日

 米俳優のトム・クルーズが、映画『オブリビオン』のプロモーション活動を行うため6日、プライベートジェット機で都内の羽田空港に到着した。  本作は、エイリアンの攻撃を受けて壊滅した2077年の地球を舞台に繰り広げられる壮大なSFラブロマンス。  前日まで沖・・・続きを読む

【映画コラム】 トム・クルーズからシュワちゃんまで。来日会見アラカルト

ほぼ週刊映画コラム2013年2月23日

   ハリウッドをはじめとする欧米の映画界にとって日本は重要な市場の一つ。ところが、昨年の日本の映画興行収入は邦画が洋画を上回る“邦高洋低”となった。そうした事態に危機感を抱いたのか、今年は例年にも増して海外の映画関係者の来日が相次いでいる。今回は彼らの・・・続きを読む

【映画コラム】 『世界にひとつのプレイブック』で洋画の邦題について考えてみる

ほぼ週刊映画コラム2013年2月16日

 本年度のゴールデン・グローブ賞など各賞を受賞し、25日に発表されるアカデミー賞でも、作品賞他計8部門にノミネートされた『世界にひとつのプレイブック』が、いよいよ22日から公開される。  本作は、それぞれに最愛の人を失い心に深い傷を負った男女が、周囲の人々・・・続きを読む

トム、車を8台“パー”に 『アウトロー』ジャパンプレミア

TOPICS2013年1月10日

 映画『アウトロー』ジャパンプレミアイベントが9日、東京都内で行われ、出演者のトム・クルーズ、ロザムンド・パイク、クリストファー・マッカリー監督が登壇した。  本作は、ハードボイルド小説「ジャック・リーチャー・シリーズ」を映画化したアクション大作。トムは・・・続きを読む

【映画コラム】 今年の洋画界はベテラン・スターたちの“アクション”に注目!

ほぼ週刊映画コラム2013年1月5日

   最近の日本のお父さんたちは元気がなさ過ぎる!? それに比べてハリウッドのベテラン・スターたちの頑張りぶりはすさまじいばかり。40、50代は当たり前、60歳を過ぎても、なお過激なアクションに挑戦し続けているのだ。仕事や生活で疲れたお父さんたちも、彼らの活躍・・・続きを読む

  • 1
  • 2

アクセスランキング RANKING

page top