【インタビュー】『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』広瀬アリス 闇の組織を操る謎の女役で悪に目覚める!「すごく嫌な役をやりたい」

2018年8月1日 / 12:00

 トム・クルーズが伝説的スパイ、イーサン・ハントを演じる人気アクションシリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日全国公開)。本作の日本語吹き替え版で、イーサンを翻弄する闇の組織を操る謎の美女ホワイト・ウィドウ役(ヴァネッサ・カービー)の声優を務める広瀬アリスが、「神の領域」とまでいう“声優”に再挑戦した理由や、本役で目覚めた悪役への憧れなどを語ってくれた。

ホワイト・ウィドウの声優を務めた広瀬アリス

-本シリーズで俳優が声優を務めるのは初めてだそうですが、オファーを受けたときの感想は?

 まさか自分が…と驚きましたし、『ミッション:インポッシブル』に関わる仕事は、人生で二度とないだろうから、うれしく、光栄に思いました。でも、自分でいいのかな?という気持ちの方が強かったです。声の仕事は1日、2日でできるものではないし、ファンもたくさんいる作品なので、プレッシャーを感じてドキドキしました。

-周りの反響はいかがでしたか。

 「違和感なく見られた」と言われると、「やった!」と思います(笑)。「アリスさんがやるなら見ようかな」というファンの方もいらっしゃいます。私も自分が吹き替えをすることで、今までこのシリーズに関心がなかった方にも興味を持っていただけたらな…と考えていたので、そういう声はとてもうれしいです。

-美しく妖しい、闇の組織を操る謎の女という役柄ですが、どのような役作りをされましたか。

 (吹き替えの)監督に言われたこともあり「セクシーな声」を意識しました。後は、ヴァネッサが、20代とは思わせない、大人びて落ち着いた感じがあるので、普段よりも低く、ゆったりしたトーンでしゃべるようにしました。

-確かに、色気を感じさせる声質でしたね。

 本当ですか? 今まで、声の仕事での一番の褒め言葉は「気にせずに見られました」とか「不自然じゃなかったです」で、「声に色気がある」なんて言われたことがなかったので、すごくうれしいです!

-アフレコ時の印象的なエピソードなども教えてください。

 「なぜ?」という一言が全然言えなくて、20テイクもやった上に、違うせりふに変えてもらいました(笑)。何度やっても監督から「もっと強く!」と言われて…。「なぜ?」はかなりトラウマです。

-そうはいっても吹き替えは映画『パワーレンジャー』(17)についで2回目ですよね。成長した部分もあるのでは。

 手が震えなくなりました。それ以外は全然…。改めて、得意分野ではないと思いました。本当に難しくて、強弱、抑揚、喜怒哀楽、全部を声だけで表現することは慣れていないとできないと実感しました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

page top