【インタビュー】映画『キネマの神様』永野芽郁「最初から最後まで、何て温かい映画なんだろうと思います」

2021年8月3日 / 07:20

-では、そんなゴウの魅力は?

 初めての監督作の撮影で緊張して、駄目駄目になるところとか、年を重ねてもギャンブルばかりしているなど、駄目なところはいっぱいあるけど、ゴウちゃんの持っている、映画作りへの情熱や、自分がやりたいことへの信念に、淑子が引かれるところは、すごくよく分かります。ゴウちゃんの目が常に真っすぐで、この人がやることを信じてみたいと思わせる強さがあるので、そこは淑子としても、私としても、好きになっちゃうなと思いました。

-沢田研二さんが演じた”その後のゴウ”を見てどう思いましたか。

 年を重ねたゴウちゃんってこうなるんだと、自然に頭の中でスライドさせることができました。自分が演じた淑子も自然に宮本さんにスライドしていて、何か自分たちの未来を見ているような気になりました。沢田さんが演じてらっしゃるゴウちゃんも、駄目駄目だけど、見捨てられないと思わせる不思議なパワーがあって、「ゴウちゃんって変わらないんだ」と思って、すごくいとおしい感じがしました。自分たちが成長した姿をお二人が演じているのを見て、「何でこんなにすてきなんだろう」と思いました。宮本さんの笑顔がとてもすてきなので、できる限り、あの優しくて柔らかくて温かい笑顔を、自分もまねできたらいいなあと思っていました。

-映画の見どころも含めて、観客に一言お願いします。

 この映画は、もちろん、ゴウちゃんと淑子の愛の物語もありますが、映画全体を通して、言葉にしなくても伝わる優しさや愛情はたくさんあると教えてくれるし、最初から最後まで何て温かい映画なんだろうと思います。気持ちのいい時間を過ごしていただける作品になっていると思います。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2021「キネマの神様」製作委員会

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top