【インタビュー】映画『キネマの神様』永野芽郁「最初から最後まで、何て温かい映画なんだろうと思います」

2021年8月3日 / 07:20

-では、そんなゴウの魅力は?

 初めての監督作の撮影で緊張して、駄目駄目になるところとか、年を重ねてもギャンブルばかりしているなど、駄目なところはいっぱいあるけど、ゴウちゃんの持っている、映画作りへの情熱や、自分がやりたいことへの信念に、淑子が引かれるところは、すごくよく分かります。ゴウちゃんの目が常に真っすぐで、この人がやることを信じてみたいと思わせる強さがあるので、そこは淑子としても、私としても、好きになっちゃうなと思いました。

-沢田研二さんが演じた”その後のゴウ”を見てどう思いましたか。

 年を重ねたゴウちゃんってこうなるんだと、自然に頭の中でスライドさせることができました。自分が演じた淑子も自然に宮本さんにスライドしていて、何か自分たちの未来を見ているような気になりました。沢田さんが演じてらっしゃるゴウちゃんも、駄目駄目だけど、見捨てられないと思わせる不思議なパワーがあって、「ゴウちゃんって変わらないんだ」と思って、すごくいとおしい感じがしました。自分たちが成長した姿をお二人が演じているのを見て、「何でこんなにすてきなんだろう」と思いました。宮本さんの笑顔がとてもすてきなので、できる限り、あの優しくて柔らかくて温かい笑顔を、自分もまねできたらいいなあと思っていました。

-映画の見どころも含めて、観客に一言お願いします。

 この映画は、もちろん、ゴウちゃんと淑子の愛の物語もありますが、映画全体を通して、言葉にしなくても伝わる優しさや愛情はたくさんあると教えてくれるし、最初から最後まで何て温かい映画なんだろうと思います。気持ちのいい時間を過ごしていただける作品になっていると思います。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2021「キネマの神様」製作委員会

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十二回「栄一、銀行を作る」生き抜くことの意義を伝える渋沢喜作の生きざま

ドラマ2021年10月27日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。10月24日放送の第三十二回「栄一、銀行を作る」では、大蔵省を辞めた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)が日本初の銀行・第一国立銀行の総監役に就任。設立に関わった三井組と小野組が内輪もめを繰り広げる中、 … 続きを読む

「井上が社会に貢献しているところをぜひ見てほしい」福士誠治(井上馨)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。明治という新たな時代の中、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)は、紆余(うよ)曲折を経ながらも、新しい日本を作るためにまい進していくが、その周囲には才能ある人物が多数集まってくる。その1人が、井上馨だ。 … 続きを読む

【映画コラム】新機軸の新選組映画『燃えよ剣』

映画2021年10月22日

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に何度も映画化やドラマ化をされた司馬遼太郎の原作小説に、新解釈や新たな場面を加えながら、原田眞人監督が映画化した『燃えよ剣』が公開中だ。  江戸時代末期。武州多摩の農家に生まれた土方歳三(岡田准一)は … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」中田圭祐「田中圭さんと安田顕さんのバディぶりが見どころです」

ドラマ2021年10月22日

 田中圭が主演するドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」の放送が、10月15日からテレビ東京系でスタートした。本作は、「DNAはうそをつかない」が口癖の天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女と共に難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ひらいて』山田杏奈「愛という主人公について、修行のようにずっと考えていました」芋生悠「愛自身の迷いと杏奈ちゃんの迷いがリンクしていた」綿矢りさ原作の映画で女子高生役を好演

映画2021年10月21日

 成績優秀で性格は活発、クラスでも人気者の高校生・木村愛は、寡黙な同級生・西村たとえ(作間龍斗)に片思い。だがある日、愛はたとえに秘密の恋人がいることを知る。その相手とは、糖尿病を抱えた目立たない女子生徒・新藤美雪だった。2人の関係に衝撃を … 続きを読む

amazon

page top