高橋一生」に関連する56件の記事

「この1年を振り返ると、そんなにたっていた?という感じです」柴咲コウ(井伊直虎)4【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年11月6日

 波乱の人生を歩む直虎(柴咲コウ)を幼い頃から見守ってきた母・祐椿尼(財前直見)が、井伊谷の人々に見守られながらこの世を去った。若い万千代(菅田将暉)や万福(井之脇海)が徳川家康(阿部サダヲ)の下で活躍する一方、これまで直虎を支えてきた人物が1人また1人・・・続きを読む

【芸能コラム】現地調査!龍潭寺から井伊谷城まで、歩いて何分? 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年10月23日

 「寺にこのような書状が届いてな…」  そう口にしながら、直虎(柴咲コウ)を訪ねてくる龍潭寺の南渓和尚(小林薫)…。「おんな城主 直虎」の中で何度か見られた光景だ。直虎たちが日常を過ごす井伊家居館や菩提寺の龍潭寺、戦に備えるための井伊谷城などは、視聴者にと・・・続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの日、全編の撮影を終・・・続きを読む

高橋一生、優香と夫婦役 平泉成と家族で軽快トーク 自宅“お鍋デート”風WEB動画で斬新な〆レシピ提案

TOPICS2017年10月12日

 ミツカン「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズの新CM「焼あごだし鍋つゆ~夫婦の鍋つゆライフ篇~」、「こなべっち焼あごだし鍋つゆ~夫婦の鍋つゆライフ篇~」に優香、高橋一生が夫婦役で出演し、平泉成を交えて家族の掛け合いを披露する。また、高橋が出演する4本のWE・・・続きを読む

高橋一生「視力は2.0」 メガネは役作りや瞳のケアで愛用

TOPICS2017年10月12日

 いまメガネの最も似合う各界の著名人に贈られる「第30回 日本 メガネ ベスト ドレッサー賞」表彰式が11日、東京都内で行われ、芸能界部門(男性)で受賞した高橋一生がメガネ姿で出席した。  賞状とトロフィーのほか、副賞として数々のメガネを贈られた高橋は「・・・続きを読む

「徳川四天王まではい上がっていく万千代役に、やりがいを感じます」菅田将暉(井伊万千代/井伊直政)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年10月1日

 たくましい若者に成長した虎松が“井伊万千代”と名を改め、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。井伊家再興の第一歩を踏み出したものの、草履番から始まるその道のりは険しい。後に徳川四天王の1人、井伊直政へと出世していく万千代を演じるのは菅田将暉。初めて・・・続きを読む

【インタビュー】「THIS IS US 36歳、これから」高橋一生「家族や恋人、兄弟という題材をストレートにやる熱意に感銘を受けました」

インタビュー2017年10月1日

 誕生日が同じ36歳の男女3人を主人公に、それぞれが人生の壁を乗り越えようとする姿を描いたヒューマンドラマ「THIS IS US 36歳、これから」が、10月1日からNHKで放送開始される。本作は、次々と明らかになる意外な真実や予想をくつがえす展開が話題を呼び、昨年アメ・・・続きを読む

「政次の最期については、高橋一生くんと話して、僕なりにお芝居でお別れをさせてもらいました」橋本じゅん(近藤康用)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年9月15日

 今川から派遣された目付、井伊谷三人衆の1人として、直虎(柴咲コウ)が当主の座に就くと同時に登場した近藤康用。第33回で小野政次(高橋一生)を死に追いやった人物として、その名を脳裏に刻みつけた視聴者も多いに違いない。徳川に加勢して井伊谷を手中に収めながらも・・・続きを読む

【芸能コラム】視聴率だけでは分からないファンの熱量 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年9月9日

 小野政次(高橋一生)が壮絶な最期を遂げた第33回に続き、第34回では龍雲丸(柳楽優弥)率いる龍雲党が壊滅。一時は直虎(柴咲コウ)までもが正気を失うなどここ数回、ハードな展開が続いた「おんな城主 直虎」。  固唾(かたず)を飲んで見守っていた視聴者も、南・・・続きを読む

高橋一生、海外ドラマ吹き替え初挑戦 「国の違いを越えて感動が伝わる作品」

TOPICS2017年9月4日

 海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」の試写会が4日、東京都内で行われ、日本語吹き替えで主人公の1人ケヴィンの声を担当する高橋一生が会見を行った。  本作は、誕生日が同じ36歳の男女3人を主人公に、それぞれが人生の壁を乗り越えようとする姿・・・続きを読む

【芸能コラム】必見!小野政次=高橋一生の魅力が光るベストエピソード5 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年8月25日

 高橋一生演じる小野政次の壮絶な最期に、誰もが言葉を失った第33回「嫌われ政次の一生」。放送終了後、twitter上には「神回」などと称賛する言葉があふれ、追悼CDまで発売されるなど、大きな話題を集めた。  その第33回を見ていないという人には、とにかく「見て!」・・・続きを読む

“政次ロス”大反響のアルバム『鶴のうた』に注文殺到

音楽ニュース2017年8月24日

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で壮絶な最期を遂げた、小野政次(高橋一生)の追悼CD『鶴のうた』が話題を呼んでいる。  2017年8月20日に放送された第33話『嫌われ政次の一生』で、高橋一生が演じる小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)が壮絶な最期を迎えたが・・・続きを読む

高橋一生の生声が電話で聞ける「旅するコール」 最終回レポート地は「ヴェネツィア」篇

TOPICS2017年8月22日

 「高橋一生の旅するコール」の最終回となる「ヴェネツィア」篇が22日からサービスを開始した。  本サービスは、電話をかけると電話口から高橋の生声を聞くことができ、一緒に世界各地を旅しているような気分になれるというもの。第1弾の「香港」から始まり、高橋が「・・・続きを読む

「この現場には、『もう死んでもいい』と思える瞬間が何度もありました」高橋一生(小野政次)3【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年8月20日

 幼なじみの直虎(柴咲コウ)を支えて、時に「裏切り者」の汚名を着せられつつも、必死に井伊谷を守ってきた井伊家家老・小野政次が、戦国の世に散っていった。第33回「嫌われ政次の一生」での最期に、胸いっぱいになった視聴者も少なくないに違いない。放送開始から半年以・・・続きを読む

【芸能コラム】巧みな脚本と俳優陣の好演が生む登場人物の魅力―中野直之と奥山六左衛門の場合― 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年8月11日

 武田との戦(いくさ)に備える今川の陰謀により、井伊家に取り潰しの危機が迫った第31回「虎松の首」。だがそれは、同時に直虎(柴咲コウ)たちが築き上げた井伊家の結束の強さを証明する場ともなった。隠し里に逃れた一族の前で、直虎が小野政次(高橋一生)と通じ合・・・続きを読む

【芸能コラム】直虎だけではない!乱世を生き抜く女たち 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年7月29日

 今川家と武田家の対立が表面化し、もはや戦は避けられない状況となってきた大河ドラマ「おんな城主 直虎」。その中で、直虎(柴咲コウ)は井伊谷を守るために動き始める。  男たちが時代の中心だった戦国の世で、女でありながら当主を務める直虎の存在は異色だが、・・・続きを読む

【芸能コラム】直虎のさらなる成長を促す龍雲丸の存在 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年7月16日

 第27回「気賀を我が手に」(7月9日放送)で、気賀に建設された堀川城の城主となった直虎(柴咲コウ)。誠実な人柄と大胆な発想で領主としての足場を着々と固めている。今後さらなる成長が期待されるが、その鍵を握る人物が、柳楽優弥演じる龍雲丸だ。  盗賊団の頭・・・続きを読む

高橋一生「僕、女々しいので」 武井咲に「おじさんは本当にドキドキしっ放しでした」

TOPICS2017年7月7日

 高橋一生と武井咲が出演する連続ショートドラマ「Laundry Snow」が、7日、資生堂のブランド「スノービューティー」のスペシャルサイト内で公開された。  ドラマは、朝篇「21:25 東京発、プラハ行き」と、夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」の2編。物語の舞・・・続きを読む

「出演が決まった時、実家は宝くじに当たったような大騒ぎになりました」田中美央(奥山六左衛門)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年7月2日

 井伊家重臣・奥山家の当主でありながら、武芸は不得意で性格も気弱。ちょっと頼りないところはあるものの、実直な働きぶりと憎めない人柄で、中野直之(矢本悠馬)と共に直虎(柴咲コウ)を支えるのが奥山六左衛門である。“六左”の愛称で親しまれるこの人物を好演している・・・続きを読む

【芸能コラム】いよいよ折り返し!前半25話の必見エピソード5選 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年6月30日

 6月25日放送の第25回で折り返しを迎えた「おんな城主 直虎」。これまで、当主の座に就いた直虎(柴咲コウ)が、今川家の支配下で領地・井伊谷を豊かにすべく奮闘する姿を軸に物語が展開してきたが、第24回では遂に織田信長(市川海老蔵)が登場。松平健が武田信玄を・・・続きを読む

page top