青木崇高」に関連する28件の記事

「見ている方に楽しんでもらえることを常に心掛けています」高橋光臣(海江田武次)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年8月18日

 一橋慶喜(松田翔太)と決別し、いよいよ倒幕に向けて動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)。その幼なじみで、若い頃から行動を共にしてきたのが、薩摩藩士・海江田武次だ。弟たちが桜田門外の変で命を落とし、薩英戦争の引き金となった生麦事件の当事者になるなど、時代の波・・・続きを読む

「演じる上では、小松帯刀の“気高さ”を大事にしています」町田啓太(小松帯刀)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年7月29日

 幕府軍と長州が京の町で激突した“禁門の変”をきっかけに、戦乱の火ぶたが切って落とされた大河ドラマ「西郷どん」。主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)は、薩摩軍の総司令官として幕末の動乱を戦い抜くこととなる。そんな吉之助を支え、薩摩藩の実務を取り仕切るのが、家老の・・・続きを読む

【芸能コラム】いよいよ幕末の動乱へ!豪華キャスト総出演の第26回から探る“革命編”の見どころ 「西郷どん」

ほぼ週刊芸能コラム2018年7月17日

 二度の島流しを経験した西郷吉之助(鈴木亮平)が薩摩に呼び戻され、通称“革命編”と呼ばれる新章に突入した大河ドラマ「西郷どん」。次回「禁門の変」の予告には、軍装をした吉之助や、これまでなかった大規模な合戦シーンが登場。美しい風景の中で苦境に耐える吉之助の姿・・・続きを読む

「鈴木(亮平)くんと思い切って意見をぶつけ合っていきたい」石橋蓮司(川口雪篷)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年7月1日

 沖永良部島での島流しを終え、薩摩に戻ることとなった西郷吉之助(鈴木亮平)。過酷な日々の中でも、幾つかの幸運な出会いがあった。その1人が、吉之助より前に薩摩藩の罪人として島に送られてきた川口雪篷。吉之助と意気投合した雪篷は後に西郷家に迎えられ、終生、一家・・・続きを読む

「亮平さんの芝居に対する姿勢やお話の全てが勉強になりました」斎藤嘉樹(土持政照)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年6月24日

 国父・島津久光(青木崇高)の命に背いた罪で沖永良部島へ送られた西郷吉之助(鈴木亮平)。そこで出会ったのが、薩摩藩の役人として吉之助の世話をする土持政照だ。島出身ながら薩摩で学問を身に付けた土持は、献身的に吉之助を支え、やがて義兄弟の契りを交わすこととな・・・続きを読む

「嫌われ者・久光の人間味を出して、『憎めない』と感じてもらえるようにしたい」青木崇高(島津久光)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年6月10日

 兄・斉彬(渡辺謙)、父・斉興(鹿賀丈史)の死後、“国父”を名乗って薩摩藩の最高権力者の座に就いた島津久光。今後、斉彬の遺志を継いで幕政改革を目指しながらも、吉之助とは対立を深めていくこととなる。演じる青木崇高が、転機を迎えた久光の人物像、演技に込めた思い・・・続きを読む

「嫌な親父を楽しく演じさせていただきました」鹿賀丈史(島津斉興)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年5月28日

 奄美大島へ流された吉之助(鈴木亮平)を呼び戻そうと大久保正助(瑛太)が奔走する中、長期に渡って薩摩藩の実権を握り続けた島津斉興が、ついに大往生を遂げた。老練な斉興を印象的に演じたのは、「翔ぶが如く」(90)以来の大河ドラマ出演となった鹿賀丈史。大久保を演・・・続きを読む

「由羅は島津家のキーパーです」小柳ルミ子(由羅)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年3月18日

 黒船来航に危機感を覚え、幕政改革を画策する斉彬(渡辺謙)だが、島津家内部では前藩主である父・斉興(鹿賀丈史)との不仲が続く。その中で独特の存在感を発揮しているのが、斉興の側室・由羅だ。“お由羅騒動”としてその名を残すなど、悪女として知られる由羅を演じるの・・・続きを読む

「今までの大久保のイメージが変わるのでは」瑛太(大久保正助/大久保利通)【「西郷どん」インタビュー】

インタビュー2018年1月3日

 西郷吉之助(隆盛)を語る上で忘れてはならないのが、大久保正助(利通)の存在だ。生涯を通じての盟友であり、ライバルでもあったこの人物を演じるのは、かつて「篤姫」(08)の小松帯刀役で好評を得た瑛太。あれから10年、再び鹿児島に縁のある大河ドラマへの出演となっ・・・続きを読む

東京国際映画祭、国内2作品がコンペティション部門に選出 蒼井優、主演作選出に「本当にほっとしています」

TOPICS2016年9月26日

 「第29回東京国際映画祭」ラインアップ発表記者会見が26日、東京都内で行われ、松居大悟監督、蒼井優、青木崇高、細田守監督ほかが出席した。 今回は、コンペティション部門、アジアの未来部門、日本映画スプラッシュ部門、特別招待作品部門、Japan Now部門・・・続きを読む

志村けん「こういう雰囲気になるんだ…」 優香の結婚質問を関係者がシャットアウト

TOPICS2016年7月29日

 明治座8月公演「志村魂」の囲み取材会が29日、東京都内で行われ、出演者の志村けん、ダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵)、磯山さやか、大場久美子、桑野信義ほかが取材に応じた。 2006年の旗揚げ以来、志村のライフワークとして毎年開催されている・・・続きを読む

ぺこ・りゅうちぇる「人の結婚に刺激は受けない」 “ビジネスカップル”否定するも「年内結婚はない」

TOPICS2016年6月14日

 グリコ×映画『ONE PIECE FILM GOLD』によるコラボレーション「GOLDなキズナ!!」PRイベントが14日、東京都内で行われ、タレントのぺこ・りゅうちぇるが出席した。  二人は映画のタイトルに合わせてゴールドの衣装で登場し、絆を確かめ合うべ・・・続きを読む

坂上忍、小林麻耶を気遣う 「お姉ちゃんに専念して」

TOPICS2016年6月13日

 保険の流通のためのデジタルソリューションを提供するフィナンシャル・エージェンシーの新サービス発表および新キャラクター就任発表会が13日、東京都内で行われ、新キャラクターに就任した坂上忍が出席した。  坂上は、フジテレビ系情報番組「バイキング」で共演し、・・・続きを読む

優香と青木崇高が結婚 「ずっと笑っていられる家庭を築けるように」

TOPICS2016年6月13日

 女優の優香と俳優の青木崇高が結婚すると双方の所属事務所が13日、発表した。二人は既に同居しているが、婚姻届を出す日取りは明らかにしていない。  所属事務所によると、昨年10月にNHKの時代劇「ちかえもん」での共演をきっかけに知り合い、今年に入ってから交際が始まったという。  二人は連名で「お互いを支え合い、ずっと笑っていられる家庭を築けるよう、努力していきます」とのコメントを出した。

松本潤、初の弁護士役に充実の日々 榮倉奈々がプロレス技で狙うかも

TOPICS2016年4月15日

 日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系・4月17日スタート)の完成披露試写会&舞台あいさつが14日、都内で行われ、出演者の嵐・松本潤、榮倉奈々、青木崇高、片桐仁、マギー、渡辺真起子、奥田瑛二、岸部一徳が出席した。  このドラマは、個性派ぞろい・・・続きを読む

綾野剛、「向井理は共演者を超えた友人」 「10年後はお互いに隊長になっていたら面白い」

TOPICS2015年8月11日

 映画『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』の完成披露舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の向井理、綾野剛、新垣結衣、吹石一恵、青木崇高、池内博之、大森南朋ほかが出席した。  本作は、2014年に放映された連続ド・・・続きを読む

木村文乃、ドラマで初の刑事役 「感情の揺れを出すのが大変だった」

TOPICS2015年8月5日

 日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 石の繭」の制作発表会見が5日、東京都内で行われ、出演者の木村文乃、青木崇高、内片輝監督が登場した。   作家・麻見和史氏の人気警察小説シリーズ「警視庁殺人分析班」を初めて映像化したこの作品は、猟奇殺人事件の犯人と女性・・・続きを読む

水谷豊主演『王妃の館』公開初日  「同じ“右京”でもこちらは天才小説家です」

TOPICS2015年4月25日

 映画『王妃の館』公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の水谷豊、 田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、石丸幹二、橋本一監督ほかが登壇した。  浅田次郎氏の同名小説を映画化した本作は、パリの一流ホテルを舞台に、“いわくつき”のツアーに参加した天才・・・続きを読む

吹石一恵“息子”からの演技評価に苦笑 首をかしげられ「頑張ります」

TOPICS2014年11月14日

 TBS木曜ドラマ劇場「ママとパパが生きる理由。-実話に基づく“家族の愛”の物語-」の特別試写会&舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の吹石一恵、青木崇高、渡邉このみ、五十嵐陽向が出席した。  ドラマは、夫婦でがんになり余命宣告を受けた家族の実話・・・続きを読む

藤原竜也、佐藤健らに囲まれて「面倒くさっ!」 『るろうに剣心』撮影時の本音を吐露

TOPICS2014年9月13日

 映画『るろうに剣心 伝説の最期編』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、江口洋介、藤原竜也ほかが登場した。  本作は『るろうに剣心』2部作の後編で、シリーズ完結作。  剣心を演じた佐藤は「役者人生の・・・続きを読む

  • 1
  • 2

アクセスランキング RANKING

page top