佐藤健、念願の海外監督との初仕事 「まさかこんなことになるとは」

2019年1月22日 / 16:24

主演の佐藤健

 映画『サムライマラソン』の完成披露イベントが21日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜とバーナード・ローズ監督が登壇した。

 本作は『ラストエンペラー』などで知られるジェレミー・トーマス氏がプロデュースし、英国人のローズ監督がメガホンを取った異色時代劇。

 主演の佐藤は「海外の方と仕事をしたいとずっと思っていたので、このチャンスを逃したくないと思った」と明かした。

 ところが、続けて「でもまさか、こんなことになるとは…」と苦笑い。その理由はテストを一切行わないローズ監督の演出法にあり「台本は気にするな。せりふも言いたくなかったら言わなくてもいい、という感じだったので、僕はしゃべらなかった。動きで見せられるようにした。過去に経験した常識が一切通用しない現場だった」と振り返った。

 ヒロイン役のの小松は「殺陣を撮影の1カ月前から練って、見せどころだと思っていたのにバッサリ切られた。『え~っ、あんなに練習したのに』と思ってショックだった」と不満げ。

 染谷は「初日にスタンバイをして立って待っていたら、『もう、撮ったよ』と言われた。何も仕事していませんよ」と照れくさそうに語った。

 そんな中、森山が「監督のパッションに引っ張られ、全員が一丸となってセッションをした。それぞれのアプローチがあり、さまざまな選択があった多様な現場だった」と総括気味に説明。

 竹中に至っては「静かな芝居をすると、『もっと(テンションを)上げてくれ』と言われるので、興奮で毎日ドキドキしていた。バーナード、最高」とご機嫌だった。

 ローズ監督は「最高のキャストに恵まれて、日本で作品を作れたことは自分の映画の歴史において最もインスピレーションを受けた経験だった」と満足げな表情を浮かべた。これを受けて佐藤も「新時代の時代劇は提示できたのかな」と自信をうかがわせた。

 映画は2月22日からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

(左から)木幡竜、小関裕太、青木崇高、森山未來、佐藤健、小松菜奈、染谷将太、竹中直人、バーナード・ローズ監督


芸能ニュースNEWS

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

映画2019年2月15日

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。  この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議 … 続きを読む

page top