「鎌倉殿の13人」横田栄司と秋元才加が語る和田義盛の壮絶な最期! 「和田義盛という人物が、僕は日本の中で一番好きな日本人になった」「『何てかわいらしい人と一緒になれたんだろう』と」

2022年10月30日 / 21:00

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。10月30日放送の第41回「義盛、お前に罪はない」では、歴史上有名な“和田合戦”が繰り広げられた末、長年、鎌倉幕府を支えてきた御家人の和田義盛が壮絶な最期を遂げた。これに関連して、義盛役の横田栄司と、義盛の愛妾・巴御前役の秋元才加がコメントを発表した。

巴御前役の秋元才加(左)と和田義盛役の横田栄司 (C)NHK

 横田はまず、義盛の最期を演じたときの気持ちを次のように述懐した。

 「巴さんにも、畠山重忠にも、『おまえは生きろ』だとか、『もうちょっと生きていようぜ、楽しいこともあるぞ』なんて言っていた人が、結局ああいう死に方をしてしまうのが、時代なのか、運命なのか。『和田義盛は何を抜かったんだろう』なんてことを考えながら演じていました」

 続けて、「最期のシーンの、矢がいっぱい刺さったよろいというのは、作るのも大変なよろいでして、本当にスタッフの皆さんに感謝しながら横たわっていました」と撮影を振り返った。

 義盛を討ったのが、北条義時(小栗旬)と三浦義村(山本耕史)だったことについては、「和田義盛はどう思っていたか分からないですけれども、私としては、義時も義村も理由があって生きている、生き延びていくという時代ですから、生き延びていくための最善の手段を彼らも取っているはずで」と分析。

 「そういう意味では、ある部分、気の毒な面もありますし、それで失った心だとか、失った仲間や家族だとか、そういうことも彼らは抱えていると、和田義盛も横田栄司も知っているので、こういう時代だからこそ、これはこれで『しかたあるめぇ』と」と長年共に戦ってきた仲間に理解を示した。

 だが同時に、「義盛は『まぁ、おまえたちもな、よくやってるよ。じゃあ元気で生きていてくれよ。生きてりゃ楽しいこともあるぞ』という、ちょっと『悔しいけどな』とか、『ちくしょー』という気分もありながら、彼らのことを見つめていました」と本音もチラリとのぞかせた。

 そして、ここまで演じてきた義盛については、「本当に、立派な人物ではないのかもしれないですけれども、真っすぐな男で、うそをつかないし、最初のころからあまりキャラクターがブレていない、数少ない一人なんじゃないでしょうか」と振り返り、「(脚本の)三谷幸喜さんのおかげで、和田義盛という人物が、僕は日本の中で一番好きな日本人になったと自負しています」と胸を張った。

 最後に横田は、周囲への感謝を表す次の言葉で話を締めくくった。

 「本当に愛らしいキャラクターで、それをつくってくださったスタッフさん、共演者の皆さんに本当に感謝しています。そして応援してくださった皆さま、和田義盛をかわいがってくださった皆さまに心から感謝しています」

 一方、秋元は、馬で駆けていく巴について、「シーン的には、最終的にどうなったかというのは描かれていないんですけれど、もしかしたら義盛殿の亡きがらを探しに来たのかもしれないし、最後のせりふに、『妻』や『忠臣・和田義盛』という言葉が入っていたので、夫のプライドと妻のプライドを持って戦場に向かったのかなと思っています」と説明。

 さらに、巴がかつて愛した木曽義仲(青木崇高)の名を挙げ、「でも、以前の木曽義仲さまといたときの戦(いくさ)とはまた違った感覚で、夫婦の愛の証しじゃないですけど、操を立てるというか、そういう2人の関係を感じました」と語った。

 続いて、義仲と一緒だった木曽時代の巴にも話が及んだ。「木曽時代の巴は男と肩を並べて『男に絶対負けない』という感覚が結構、先立っていたんです。そうすればそうするほど、『やっぱり女なんだ』と。力も男性に比べたら足りない部分もあるし、声だって高いしとか、すごくジェンダーについて考えさせられることが多くて」

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

Willfriends

page top