向井理」に関連する87件の記事

「着飾る恋」最終回 川口春奈と横浜流星に祝福の声 「向井理の『片思いじゃなかったよ』の破壊力がヤバイ」

TOPICS2021年6月22日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の最終話が、22日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)と、一つ屋根の下で暮らすミニマリスト・藤野駿(横浜流星)の恋模様を描く。  SNSが炎上して・・・続きを読む

「着飾る恋」“駿”横浜流星VS“シャチ”向井理 「今週は完全に向井理に持っていかれた」

TOPICS2021年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第9話が、15日に放送された。  くるみ(川口)と駿(横浜流星)は、2人でレストランデートに出掛けるはずだったが、駿が仕事で時間に間に合わず、くるみは“シャチ”こと祥吾(向井理)とレストラ・・・続きを読む

「着飾る恋」横浜流星と向井理の“全力疾走”に反響 「2人が必死になって走っている姿が好き過ぎる」

TOPICS2021年6月9日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第8話が、8日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)と、一つ屋根の下で暮らすマイペースなミニマリスト・藤野駿(横浜流星)の恋愛模様を描く。 ・・・続きを読む

「着飾る恋」向井理が横浜流星に“宣戦布告” 「駿の『真柴は俺のだよ』っていう表情が好き」

TOPICS2021年6月1日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第7話が、1日に放送された。  真柴くるみ(川口)は、「やりたいことは、やれ」という藤野駿(横浜流星)のアドバイス通り、気になっていたランプの買い付けをするため、生まれ育った初島へ向かう・・・続きを読む

「着飾る恋」横浜流星が川口春奈に“バックハグ” 「私も横浜流星と一緒に毛布にくるまりたい」

TOPICS2021年5月25日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第6話が、25日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの藤野駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めながら、自分らしく生・・・続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“車キス” 「横浜流星の耳から首が真っ赤だった」

TOPICS2021年5月18日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第5話が、18日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの藤野駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めながら自分らしく生き・・・続きを読む

「着飾る恋」川口春奈&横浜流星のキスに反響 「冷蔵庫キスというシチュエーションが神」

TOPICS2021年4月27日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第2話が、27日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分らしく生きる姿を描く“うち・・・続きを読む

「着飾る恋には理由があって」が放送スタート 川口春奈&横浜流星の同居生活に「最高過ぎた」

TOPICS2021年4月20日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の初回が、20日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分らしく生きる姿を描く“うちキ・・・続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 華麗なる一族」中井貴一「原作の万俵大介像を大切に」内田有紀「自分が生きてきた全てを高須相子という役にぶつけようと」山崎豊子の傑作に挑戦!

インタビュー2021年4月15日

 数々の名作を残した作家・山崎豊子の傑作が、令和の現代によみがえる。高度経済成長期の日本を舞台に、実業家一族の繁栄と崩壊を描いた小説『華麗なる一族』(新潮文庫刊)を、WOWOW開局30周年記念で連続ドラマ化。これまで繰り返し映像化されてきたが、今回、主人公となる・・・続きを読む

内田有紀「華麗なる一族」でダークサイドを担当 「サディスティックなところが自分にもあるんだな」

TOPICS2021年4月6日

 WOWOW開局30周年記念「連続ドラマW 華麗なる一族」記者発表会が6日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、向井理、内田有紀、藤ヶ谷太輔、麻生祐未、吉岡里帆、松本穂香、要潤、美村里江、笹本玲奈、福本莉子が登壇した。  本作は、山崎豊子原作の同名小説を・・・続きを読む

【特集】大河ドラマ「麒麟がくる」総集編、2月23日に放送! 川口春奈が語りを務め、明智光秀の物語を4章に再構成

コラム2021年2月21日

 2月23日、NHK総合ほかで、大河ドラマ「麒麟がくる」の総集編が放送される。本能寺の変を引き起こした明智光秀を主人公に、これまでにない視点で戦国時代を描いた物語は好評を博し、2月7日に放送された最終回も高視聴率を記録した。また、光秀役の長谷川博己をはじめ・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」最終回「本能寺の変」光秀の最後の言葉が意味するもの

コラム2021年2月8日

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が、2月7日放送の最終回「本能寺の変」を持ってついに完結した。これまで積み上げてきた明智光秀(長谷川博己)と織田信長(染谷将太)の絆と愛憎に導かれた本能寺の変が、クライマックスにふさわしいスケールと高い熱量で描かれ、息つ・・・続きを読む

石原さとみ主演の新春ドラマ「人生最高の贈りもの」 「良質な映画を見ているようで心に染みた」

TOPICS2021年1月4日

 石原さとみ主演の新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」(テレビ東京ほか)が、4日に放送された。  岡田惠和氏が脚本を担当した本作は、余命宣告を受けた主人公の田渕ゆり子(石原)と、彼女を取り巻く家族の絆を描く。  東京・豊島区で暮らす父・笹井亮介(寺・・・続きを読む

石原さとみ、誕生日は「愛を感じられる時間だった」 向井理&勝地涼、家族や友人との「絆」を語る

TOPICS2021年1月3日

 新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」オンライン記者会見が3日に行われ、出演者の石原さとみ、寺尾聰、向井理、勝地涼が出席した。  岡田惠和氏が脚本を担当した本作は、余命宣告を受けた田渕ゆり子(石原)と、彼女を取り巻く家族の絆を描く。  主演の石原は・・・続きを読む

「光秀との決別のシーンでは、長谷川さんの魂の叫びが聞こえてきた」滝藤賢一(足利義昭)【「麒麟がくる」インタビュー】

インタビュー2020年12月13日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。12月13日放送の第三十六回「訣別(けつべつ)」では、室町幕府第15代将軍の足利義昭と、それを支えてきた明智光秀(長谷川博己)に、運命の時が訪れた。従来の「室町幕府を滅亡させた愚かな将軍」というイメージをくつがえ・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十五回「義昭、まよいの中で」主人公・明智光秀の魅力を再確認した将軍・足利義昭への直訴

コラム2020年12月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。12月6日放送の第三十五回「義昭、まよいの中で」は、織田信長(染谷将太)と幕府との溝が深まる中、反信長派の幕臣・摂津晴門(片岡鶴太郎)による明智光秀(長谷川博己)暗殺計画が進行。辛うじてこれを切り抜けた光秀が・・・続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 新章「京~伏魔殿編」の波乱を予感させた第二十八回「新しき幕府」における足利義昭の姿

コラム2020年10月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。10月18日放送の第二十八回「新しき幕府」では、織田信長(染谷将太)と共に上洛を果たした足利義昭(滝藤賢一)が将軍に就任。光秀(長谷川博己)も幕臣に加わり、幕府の新体制が始動するが…という展開だった。  今・・・続きを読む

「十兵衛に母としての言葉を、一つずつ置いていっているような気がしています」石川さゆり(光秀の母・牧)【「麒麟がくる」インタビュー】

インタビュー2020年9月27日

 室町幕府第13代将軍・足利義輝(向井理)が暗殺され、京では後継者争いが繰り広げられる中、久しぶりに母を連れて故郷・美濃へと戻った明智光秀(長谷川博己)。併せて、岐阜城で織田信長(染谷将太)と対面した光秀は、再び激動の時代へと身を投じていくこととなる。そん・・・続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

インタビュー2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれながらも、乱世に運命・・・続きを読む

【インタビュー】舞台「リムジン」向井理&倉持裕が初タッグで送る、笑いにあふれたサスペンス「悩みながら演じることに意味がある」

インタビュー2020年3月19日

   向井理が主演する舞台、M&Oplaysプロデュース「リムジン」が5月23日から上演される。本作は、2011年から続く「鎌塚氏シリーズ」や「ライクドロシー」「虹とマーブル」「磁場」など多彩な作品を生み出してきた倉持裕が作・演出を務めるサスペンス。主人公の男が自己・・・続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top