竹野内豊「黒木さんの声を聞いたら一発で記憶が戻った」 映画『イチケイのカラス』で黒木華との“名バディ”復活

2022年12月21日 / 06:20

(左から)山崎育三郎、向井理、竹野内豊、黒木華、斎藤工 (C)エンタメOVO

 映画『イチケイのカラス』完成報告会が20日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、黒木華、斎藤工、山崎育三郎、向井理、小日向文世と田中亮監督が登壇した。

 本作は、2021年4月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「イチケイのカラス」の劇場版。

 東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、自由奔放で型破りな裁判官・入間みちお(竹野内)と、超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴(黒木)らの活躍を描く。

 竹野内は「1年前の連続ドラマの撮影中は、まさか映画化するなんて、スタッフ、キャストの誰も想像していなかった。こうして今ここに立てているのも、ドラマを見て、応援してくださった皆さまのおかげ。本当に感謝しております」とあいさつした。

 撮影については、「1年空いてしまったので、また役に戻れるかな…という不安はあったけど、私がクランクインしたのは、野球場のシーン。黒木さんの声を聞いたら一発で、記憶が戻った感じがしました」と笑顔でコメントした。

 一方、黒木も、坂間ならではの“早口のせりふ”に当初は不安があったそうだが、「みちおさんとの再会で、だんだんと感覚が戻った感じがしました」と語った。

 本作では、斎藤演じる心優しき人権派弁護士の月本信吾との恋を予感させるシーンも登場する。

 黒木は「あまりキュンとし過ぎないように意識したのですが、斎藤さんなので、多分出ちゃっていたんだと思います」と照れ笑いを浮かべた。

 これについて、斎藤は「黒木さんは日本映画界の宝なので、ただただ光栄でした。多分、正解のない世界だと思うのですが、黒木さんの表現は“正解”なんです。黒木さんのそのたたずまいを見て、日々背筋が伸びる思いがしました」と語った。

 みちおの最大の難敵となる、史上最年少の防衛大臣・鵜城英二役を演じた向井は「僕は、竹野内さんをずっと見て育った世代。憧れもあった」と明かした。

 続けて、「竹野内さんは割と、みちおっぽさがある。いちいち人を笑わせるのでなくて、いずまいというか、視点が人と違っていて面白い」とその印象を語った。

 映画は2023年1月13日から公開。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top